*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
新学期、そして新たな悩み
春休みもあっという間に過ぎ去り、今週から新学期がスタートしましたね。息子の学校では、6日が始業式・入学式、昨日から給食も始まり、いきなり6時間授業(とはいえ、授業はしていないみたいですが)、今日からは本格的に授業開始となっているようです。今年度から学習指導要領も代わり、授業日数が増え、どうなるんでしょうね。とはいえ、私が小学生の頃は、土曜日も普通に登校して授業を受けていましたから、それに比べたらまだまだ授業数も少ないんでしょうけれど。

2年生に進級した息子は、教室が1階から2階へ移り、気分も一新、はりきりモードです。昨日は、時間が掛かりつつも給食を完食したらしく、先生に褒められたと嬉しそうに教えてくれました。(担任は、1年からの持ち上がりです。) そのテンションで、前向きに今年度も過ごしていって欲しいなと思っています。一番心配なのは、マイペースなので、学校の授業についていけてないことかな。

実は最近、気になっていることがあって、息子に吃音症状が出ているんですよね。私が気付いて気になりだしたのは1ヶ月ぐらい前、おそらく、さらに1ヶ月ぐらい前には兆候が出ていたのだろうと思われます。「だ、だ、だからね、」「あ、あのね、」などのように、話し始めで吃音症状がよく見られます。こういうのって、心のストレスやプレッシャーなどによって出るんですよね。前年度の3学期、病気で休みがちで、授業を受けられなかったため、授業内容に今まで以上にちんぷんかんぷんになっている息子に、ちょっときつめに発破をかけたのが影響しちゃったのかな・・・と猛反省しております。1年生も後半になると、自分自身が他の子に比べて勉強が出来る、出来ないというのも感じてくるようで、焦りや不安、プレッシャーが吃音という形で現れたのかなと思います。

息子の吃音のこと、主人に聞いてみたらやっぱり気付いていました。なので、吃音は指摘されて本人が意識すればするほど悪化するので、気になっても指摘しないで接するようにと忠告して、息子に対しても、できるだけ褒める回数を増やすように意識しているところです。ここ2週間で、一時期よりはどもりも減ったように感じます。ただ、親が吃音を指摘しないように気を付けていても、お友達に指摘されて意識しちゃうとやばいなと今は心配しています。実際、春休み中にお友達と一緒に何度か遊んだのですが、その時に「『だ、だ、だ』って、なんだよ~!」とお友達に言われているのを目撃してますから、学校でどうなるかな、っていう感じです。

実は、私自身も吃音の経験があります。それは、息子と同じ年頃の頃。自分で(おかしいな)と気付いたのが、小学2年生の頃でしょうか。緘黙児だった私ですが、授業中の必要な発言はできましたので、授業中に先生に指されて話すことがあったのですが、そう言う時に吃音が出ていました。今でも記憶に残っているのは、国語の授業で、答えを3択の中から選ぶ問題があったのですが、私が先生に指され、発言する時に「『う』です。」と答えるつもりが、「う、う、う、『う』です。」となったんですよね。私が席に着いたとたん、すかさず隣の席の男の子に、「う、う、う、うです、ってなんだよ!」と言われたのを憶えています。何度かそう言うことがあって、でも緘黙児ですから普段は黙っていることがほとんどだったので、あまり気にしなかったんですよね。小学3年生の後半ごろ、(そういえば、どもらなくなったな)と気付いた頃には、治っていました。

私の場合は緘黙児だったことが幸い(?)して、学校で指摘されることが少なかったのですが、息子の場合は、騒ぐタイプではないにしろ、それなりに学校でおしゃべりは出来ているようなので、少し心配なのです。今の勢いで、気力で跳ね返してくれると良いのですが。

そんなこんなで始まった新学期。私自身も小学2年生の母として、心機一転、張り切っていきたいなと思います。ポジティブ・シンキングで!!勝手に盛り上げていきます!!(笑)


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

私なんて子供の頃ももちろん、未だにどもってますから・・・・(笑)

大丈夫!心配要らないですよ。
●小林さんへ

コメントありがとうございます~。
小林さんに「大丈夫!」って言ってもらえて安心してきました~ありがたいですv-421

> 私なんて子供の頃ももちろん、未だにどもってますから・・・・(笑)

小林さんも吃音経験者なんですね、なんだか前より親近感が沸いてきました(笑)
「どもってますけど、それが何か??」って、開き直るぐらいの心の強さがあれば
いいのですが、私自身、気にするタイプですし、あまり気にし過ぎると、息子にも
感づかれるんじゃないかと思って、いつもと変わらぬ態度で接しています。

よく考えてみれば、私も未だにどもることってありますし、子供に対して
完璧を求めすぎていたのかもしれません。小林さんのコメントで目が覚めた気がします、
ありがとうございました^^
いえいえそんな! ありのままを書いてしまっただけなので感謝されるほどの事ではないですよ!(笑)

人間だれでも、慌てたり焦ったり、不意を突かれたり、自分がまじめで優しくて他人を思いやれる事が出来る人ほどそんな事が多いような気がします。

愛すべき人ほど皆どもってますよ!(笑)
気にしない気にしない!!

あと、るいさんに親近感を持っていただいてすごい嬉しいです。(笑)


●小林さんへ

> 愛すべき人ほど皆どもってますよ!(笑)
> 気にしない気にしない!!

こういうコメントがまた、嬉しかったりするんですよね~。
やっぱり感謝しちゃう私です(笑)

こういう悩みって、あまり表だって相談しにくかったりしますし
(相談すると周りの人に逆に意識されちゃったりする)、
ネットの存在は私にとって本当に欠かせないものになっている気がします。

息子のどもりを聞いていたせいか、最近自分自身もまた吃音が少し出始めました。
良くも悪くも周囲に影響されやすいんですよね、私i-201
でも、焦らず慌てず、子供と一緒に気にせずに過ごしていこうと思っています。

> あと、るいさんに親近感を持っていただいてすごい嬉しいです。(笑)

そうですか?そう言っていただけると私も嬉しいです(笑)
小林さんとはお会いしたことは無いですが、ブログの写真なんかを
拝見しているせいか、以前から親近感はありましたよ~。
ということで(?)、今後もどうぞよろしくお願いします^^
るいさんへ

初めてコメいたします。
実は、役員のことで検索していたら偶然にもこちらにたどり着きました。共感できるところが多く、大変癒されました。

私は対人関係が苦手なのに下の子の幼稚園の本部役員を先生に押し付けられてしまって・・・。かなり無理やりでした。何度も断ったのに・・・。で、これ以上断るのも大人気ないかなと思い引き受けたのですが、先生とはそれ以降、あいさつ程度・・・。
役員の話のときだけ積極的でしたが、それ以降は、ほとんど会話がありません。
なんか貧乏くじ引いちゃったみたいで・・・。
上の子の小学校の役員もやりました。そのときは、胃炎になり、
かなり辛かったです。
幼稚園では、一子一役でいいのに、一子二役やってます。
子ども会も強制的に役員にならなくてはならず、本当に辛いです。
あまり社交的ではないのでなおさら苦痛です・・・。

他のママたちとは親密にならないよう、距離を置きながらつきあっています。ずっと仲良くしたいからが理由ですが・・・。

るいさんは、強くなられましたね。
もしよければ、またここにきてもいいですか?
Re: タイトルなし
●ようこさんへ

はじめまして!ブログへの訪問、コメント、ありがとうございます^^

PTA役員を引き受けさせられたのですね。辛いお気持ち、お察しします。
私が同じ立場だったらと考えただけで胃痛や下痢、発熱しそうですi-240
私の場合、子供会というものがないので、ようこさんよりは辛くないのかもしれません。
対人関係が苦手で社交的じゃない人にとって、PTAの仕事はとても辛いですよね。
ようこさんも書いておられますが、私と共感できる部分が多いかもしれませんね。

> 他のママたちとは親密にならないよう、距離を置きながらつきあっています。ずっと仲良くしたいからが理由ですが・・・。

私の場合、他のママさん達と親密になりたいという気持ちは結構あるのですが、
何を話したらいいのかわからないので、自然に距離を置いちゃってるという感じです。
子供のお友達のママさんとなら時々一緒に遊んだりするので結構話せるのですが、
それ以外のママさんとは、会う機会がまずないので顔を覚えられないし、
道ですれ違っても気付かないレベルですね。親密に成りようがないです。
とはいえ、親密になりすぎるのもどうかと思いますけど・・・・・
ようこさんのように、距離を置きながら付き合うっていうのが大人の対応だなって思いますよ。

> るいさんは、強くなられましたね。

いえいえ!そんなに目に見えるほどは強くなっていないと思います。
ただ、いろいろ経験した分、少し図々しくなれたかな?という気はします(笑)

こんなところで良かったら、また気軽に遊びに入らして下さいね。
いろいろお話しできたら嬉しいです。今後もよろしくお願いします^^
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon