*All archives* |  *Admin*

2017/10
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
おもらし
「おもらし」・・・これはあまり思い出したくなかったのですが、思い出してしまったので書きます(笑)保育園時代のことです。

子供の頃のおもらしといえば、トイレに行くという考えが浮かばないとか、稚拙な要因で起こりうると思うのですが、私の場合は少し違いました。どう違うのかというと、トイレに行きたいという感覚も気持ちもあるのだけど、それを口に出して言うことが出来ないのでした。

私の場合、保育園の帰りの挨拶(HRみたいなやつ)の時間と私がトイレに行きたい時間が重なってしまうことが多く、その時間をクリアできたり、先生に気付いてもらえれば助かるのですが、先生にも気付いてもらえず、自分からも口に出せずとなると、意を決して・・・っていう感じでした。それはもう、子供心ながらとても屈辱的なことでした。自分でなにをしたのかわかってるわけですから。

保育園ではそういう事態もちゃんと想定していて、それぞれ予備の着替えは常備させてあり、それに着替えてから帰宅するわけですが、朝家を出た時と帰りの服装が違うわけですよね。家に帰ってから、姉ちゃんに「服違うんだよ~」と見せびらかして、「もらしたんでしょ!」と突っ込まれた経験があります。その日以来、着替えて帰宅しても黙ってることにしたのは言うまでもありません(笑)

おもらしは・・・記憶しているのは3回ぐらい。もしかしたらもっとしていたかもしれないし、それだけで済んだのかもしれません。いずれにしても、小学生になってからはそういうことはなかったので、保育園時代ならではの出来事だったのだとは思います。

思っていることを口に出せない・・・現在もあまり変わっていないのですが、保育園内では話が出来ないという状況だったことを考えると、私が緘黙を発症したきっかけは、やはり保育園への入園だったように思います。

保育園時代・・・自分の中で葛藤しながらの二面的生活がスタートした時期でした。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 体験談
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

言いたくても言い出せない、そんな気持ちは毎日あったような気がする。誰か気がついて・・・って祈るような気持ちになったりさ。
不思議と私はお漏らしの記憶がないんだよね。してたのかしてなかったのか。でも家ではおねしょをしてた覚えが(苦笑)。。。
保育園児なんて無邪気に生活できる年なのに、緘黙児は心の中で戦ってるんだよね。小さいのに一人だけで辛い思い抱えないといけないなんて・・・。
去年の春、紙オシメを卒業してパンツにトイレで
おしっこできるようになった担当のY君のことを
思い出しました。私は、トイレットトレーニングの時間って、結構楽しんでましたね。私も母の証言では、
パンツのなかにウンコして洗ってもらっていました。
N先生、お世話になりました。お返しはできませんが、昨夏は、1日8時間30枚を30日分くらいは、
オシメ交換してましたので、ご容赦ください。

言っても大丈夫と思える人がいないことが、辛いんだと思います。
野ウサギ。さん、こんにちは~。

そうそう、まさに「言いたくても言い出せない」という状況の連続ですよね、緘黙児って。
心の中ではあーだこーだと言っているのに、それが言葉にはならなくて。。。

家では、おもらしした経験がないんですよ。
どちらかというと、2つ上の兄よりませていた感じだったし。
子供の時から余計な気苦労が耐えなかったなって感じてます。



ゆきんこさん、こんにちは~。

>言っても大丈夫と思える人がいないことが、辛いんだと思います。

ほんと、その通りだと思います。
裏を返せば、自分が心を開いていないということなんでしょうね。
緘黙児は、常に緊張して心を閉ざしているっていうことなんでしょうか。。

ゆきんこさん、子供のトイレトレの経験もあるんですね。
トレーニングを楽しめたっていうのは、偉いな~、すごいな~って思います。
トレーニングって、結構面倒なんですよね。
うちでも只今、息子のトイレトレーニング真っ最中なんですが、
私自身が楽しめていないからなんでしょうか、長引いてます(^_^;)
でも、今日たまたまずっと怖がっていたウンチを便座に座ってできて、
大げさに褒めまくったたところです。

息子はまだ緘黙児かどうか微妙なところですが、子供にとっては
たとえ些細なことでも褒めてもらって、1つひとつ自信を付けていくことが
大事なんだろうなって育児をしていて感じます。

「自分に自信を持つ」って、緘黙児には特に必要なことなのかもしれませんよね。
思い出すなぁ~
トイレトレーニング!
私の子供はもう大きいから、トレーニングしてたのもだいぶ昔の話になってます(笑)。
トレーニングの年頃になると、焦るんだよね。まだオムツしてるの?って思われるのも、母親のせいだって言われてるみたいで、出来れば昼間のオムツは1日でも早く取りたいみたいな!
でも、母親が焦れば焦るほど、子供にも伝わるのか思うようにオムツが取れないんだよね。放っておいても早く取れる子は取れるし(笑)。
野ウサギ。さん、こんにちは~。

そうそう、トイレトレって焦るんですよね。
どうしても周りの子と比べてしまうところもあるし。

うちの子は一応、昼間は布パンツでOKなのですが、
寝る時とウンチの時はオムツが必需品。
おむつ代もバカにならないんですよね・・・(親の本音)

トイレトレが完了したら、本気で泣くと思います、私(笑)
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

  • 10/03:小林 一弘

  • 07/13:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon