*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
終わりました!!
ここ何度か記事にも書かせてもらっていた学校のPTA役員の仕事ですが、先日の土曜日を持って終了しました!! いや、実際のところ、年度内はPTAの役員としての肩書きは残るのですが、実質的な活動はこれにて終了、ということになります。 最後の仕事は、学校の秋祭りみたいな行事の手伝いだったのですが、バザーの担当を手伝うことになり、前日にはバザー会場のセッティングや細かい準備で3時間ぐらい立ちっぱなし、動きっぱなし。当日は、バザーの会計の担当になり、電卓をたたいてお釣りを渡したり、売れた物を袋に入れて渡したり・・・ 

いや~、会計係、緊張しました。たかだか学校のバザーとはいえ、人と接するわけですから。しかも、待たせないように迅速に確実に丁寧にこなさなくてはならないわけですから。そして、お客さんは、私のすることをじっと見てるわけで。でも忙しすぎて、途中からは人の視線を感じるどころではありませんでしたが 一つの会計を2人ずつペアになって担当するのですが、私とペアになった高学年の子のママさんは、とても接客が上手で、大変参考になりました。

私の担当は前半の2時間で、後半2時間は自由時間がもらえたので、後半は息子と主人と合流し、ゲームに参加したり、売店で買ったものを食べたりと過ごしました。お祭り終了後は、今度は会場の片付け。全部終了したのが、当日の午後3時ごろかな。無我夢中って感じでした。

私的にかなり気を張っていたらしく、どっぷり疲れて家に帰って少し横になろうと思うのですが、体のテンションが上がっているらしく、眠りたいのに全然眠れないし、そのくせ、横になった体は起き上がることすら大変になっていて、この日の夕飯は、スーパーで買ってきたお弁当となってしまいました。。。

翌日も疲れがなかなか取れなくて、一日中ごろごろして過ごし、やっと回復したっていう感じですね。なのにまだ「終わった!」という実感がわかないのが不思議です。それだけ気を張っていたということなんでしょうね。早く、「終わった!!」という実感を味わって、重荷から開放されたいです~。またPTAの方から呼び出しがあるんじゃないかという気がしてならないんですよね。年度内は、こんな気持ちで過ごすことになるのかな、もしかして

余談ですが、私がバザーの仕事をしている間、息子の面倒は主人にしてもらいました。前の記事にも書きましたが、息子は「パパ嫌い」の傾向がかなりあります。なので、息子はほとんど無口、主人も息子に嫌われているのをわかっているので、緊張して無口気味という怪しい親子2人組みで歩いていたようです。途中、息子のことを知っている先生(女の先生です)に出会って、「こんにちは」と挨拶されるも、だんまりの息子。主人と一緒にいるのを嫌そうにしている息子の様子をみた先生が、主人のことを不思議そうな顔で見ていたそうです。そういう話を家に帰ってきてから聞いたので、
「パパとゴンは顔も似てないし、(主人が)不審者だと思われたんじゃない?」と言ったところ、家族3人で大爆笑となったのでした。笑えるうちは、まだ主人と息子の関係を修復できる可能性が十分ありだと思うので、PTAの仕事が終わった今、今後は親子関係の修復に努めたいと思っています。

ところで先日、息子に、「なんでそんなにパパが嫌いなの?」と直球で聞いてみたところ、「本当は嫌いじゃないんだけど、そうなっちゃう」という返事が返ってきました。なぜだかわからないけれど、パパに冷たい態度をとってしまう。自分でもわからない。ということらしいです。それって、今まで私の念がそうさせていたのかな、なんて思ったりしました。

それから、新たにわかったパパ嫌いの理由がもう一つ。「パパが太っているから。」でした。入学式や運動会、その他の行事で何度か同じクラスの子のパパを見たけど、うちのパパが一番太ってるのが嫌だ。という理由でした。そういえば、先日行われた参観日の後も、「パパ、わかったでしょ!他の子のパパは太ってないんだよ!!」と言っていたなあ・・・と思い出したのでした。 でも、そればっかりは、主人が自分から「痩せよう!」と思ってくれなくてはどうにもならないし、事実、私がここ10年、機会があるごとにずっと痩せるように言い聞かせているにも関わらず、「別にいいじゃん」で済まされてきたわけで、息子のパパ嫌いが長期戦に突入する気配が感じられ、ゾッとしたのでした。

息子のパパ嫌いが続いたとして一番怖いのは、「家族間のトラブル」ですよね。大人になった息子が、ついカッとなって主人を・・・・なんてことが起きたらなんて考え始めると、ほんと眠れなくなります。時間はかかると思いますが、息子の中の主人の存在価値がぐっとUPするように、私自身が身を持って行動で示して生きたいなと思います。今ならまだ間に合うと思うので。

話しは反れましたが、そんなことを考えている今日この頃です。




テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

お久しぶりです。
るいさんのブログにも久しぶりにお邪魔しました。
ご主人、大変なご病気されてたんですね。
その後、お体の具合はいかがですか?
突然倒れられると参りますよね。。。

実は私も離婚について最近考えます(苦笑)。
でもふと、やっぱこの人いないとダメかな、とか思ったり、
いざ別れてやっていけるのか、とか考えたら、
正式に離婚する勇気もありません。。。
結婚して1★年そんな時期なのかもしれないですね。

役員のお仕事ご苦労様でした。
大きな山を越えたらずいぶん気持もらくになりますよね~♪
経験して得ることもたくさんあるし、
役員ってやりがいあると思います。
●野ウサギ。さんへ

こちらこそ、ご無沙汰しています!
コメント、とてもうれしいです^^

主人の病気は順調に回復し、今では車も運転できるようになりました。
後は、最終検査を1回受けて通院終了となる予定です。
普段は意識すらしていない耳の存在ですが、今回のことで
どれだけ重要な機能を担っているのかを思い知らされた気がします。
耳に異常をきたしただけで、音が聞こえなかったり、まっすぐ歩けなくなるわけですから。
健康でいられることに感謝しなくてはいけませんね。

話は変わりますが、野ウサギ。さんも、離婚を考えたりするんですね。
結婚した以上、誰でも考えるものなんでしょうね、きっと。
経済的にも精神的にも自立する、ということは、ものすごく
忍耐・体力など必要とすることなんだと思います。
野ウサギ。さんが働いているっていう記事をブログで拝見して、
実はちょっと焦ってしまった私ですi-201
もし離婚したら、自分が家庭を支えなくてはいけないわけですもんね。
私も離婚する勇気はないです。。。

話がそれましたが・・・(苦笑)
役員の仕事、いろいろ経験されている野ウサギ。さんから言われると、
なんだか心底ホッとします(笑)かなり今は開放されている気分です。
気に病んでいた役員の仕事も、今となっては学校のことを知る良い機会だったと思うし、
残り約5年半の子供の小学校生活を有意義に過ごせそうな気がしています。
ちょっと大げさかもしれませんがね(笑)
家族
るいさん、野ウサギ。さん、お久しぶりです。
実は、私もタイミングよく「男と女の離婚格差」という書物を読んで
自分のブログに書いていました。

お二人とも「離婚する勇気」が要るということですが、
たとえ、精神的にも経済的にもパートナーが磐石であっても
結婚生活を重ねていくと次第にそのように変化するのでしょうか。

社会的場面ではそれぞれ緊張したり、苦手なこと、大変なことがありますね。
まずは心身ともに健康が一番で、時に喧嘩しても何でも話し合える仲良し家族であって欲しいです。
でも、かんもくであろうとなかろうとどこの家族でもやっぱり理想なんでしょうか?



●ゆきんこさんへ

お久しぶりです!コメントありがとうございます^^
人によって様々な結婚のスタイルがあると思うのでなんともいえませんが、
人の気持ちは生きていく間にいろいろ変化し続けるものだと思いますので、
離婚するに至らないまでも、嫌いになったり、また好きになったりと
繰り返すものなのかなと思います。

私の理想は、家族に隠し事がないことかな。
いろんな不満はありつつも、会話が途切れない家族がいいですね。
喧嘩で言い合えるのも、裏を返せば何でもいえる間柄という証拠。
最後に許しあえるのは家族しかいないと思いますし。
許せなくなったら、即、離婚、かな。うちはもう少し、結婚生活を続けられそうですi-229
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon