ここ何度か記事にも書かせてもらっていた学校のPTA役員の仕事ですが、先日の土曜日を持って終了しました!! いや、実際のところ、年度内はPTAの役員としての肩書きは残るのですが、実質的な活動はこれにて終了、ということになります。 最後の仕事は、学校の秋祭りみたいな行事の手伝いだったのですが、バザーの担当を手伝うことになり、前日にはバザー会場のセッティングや細かい準備で3時間ぐらい立ちっぱなし、動きっぱなし。当日は、バザーの会計の担当になり、電卓をたたいてお釣りを渡したり、売れた物を袋に入れて渡したり・・・ 

いや~、会計係、緊張しました。たかだか学校のバザーとはいえ、人と接するわけですから。しかも、待たせないように迅速に確実に丁寧にこなさなくてはならないわけですから。そして、お客さんは、私のすることをじっと見てるわけで。でも忙しすぎて、途中からは人の視線を感じるどころではありませんでしたが 一つの会計を2人ずつペアになって担当するのですが、私とペアになった高学年の子のママさんは、とても接客が上手で、大変参考になりました。

私の担当は前半の2時間で、後半2時間は自由時間がもらえたので、後半は息子と主人と合流し、ゲームに参加したり、売店で買ったものを食べたりと過ごしました。お祭り終了後は、今度は会場の片付け。全部終了したのが、当日の午後3時ごろかな。無我夢中って感じでした。

私的にかなり気を張っていたらしく、どっぷり疲れて家に帰って少し横になろうと思うのですが、体のテンションが上がっているらしく、眠りたいのに全然眠れないし、そのくせ、横になった体は起き上がることすら大変になっていて、この日の夕飯は、スーパーで買ってきたお弁当となってしまいました。。。

翌日も疲れがなかなか取れなくて、一日中ごろごろして過ごし、やっと回復したっていう感じですね。なのにまだ「終わった!」という実感がわかないのが不思議です。それだけ気を張っていたということなんでしょうね。早く、「終わった!!」という実感を味わって、重荷から開放されたいです~。またPTAの方から呼び出しがあるんじゃないかという気がしてならないんですよね。年度内は、こんな気持ちで過ごすことになるのかな、もしかして

余談ですが、私がバザーの仕事をしている間、息子の面倒は主人にしてもらいました。前の記事にも書きましたが、息子は「パパ嫌い」の傾向がかなりあります。なので、息子はほとんど無口、主人も息子に嫌われているのをわかっているので、緊張して無口気味という怪しい親子2人組みで歩いていたようです。途中、息子のことを知っている先生(女の先生です)に出会って、「こんにちは」と挨拶されるも、だんまりの息子。主人と一緒にいるのを嫌そうにしている息子の様子をみた先生が、主人のことを不思議そうな顔で見ていたそうです。そういう話を家に帰ってきてから聞いたので、
「パパとゴンは顔も似てないし、(主人が)不審者だと思われたんじゃない?」と言ったところ、家族3人で大爆笑となったのでした。笑えるうちは、まだ主人と息子の関係を修復できる可能性が十分ありだと思うので、PTAの仕事が終わった今、今後は親子関係の修復に努めたいと思っています。

ところで先日、息子に、「なんでそんなにパパが嫌いなの?」と直球で聞いてみたところ、「本当は嫌いじゃないんだけど、そうなっちゃう」という返事が返ってきました。なぜだかわからないけれど、パパに冷たい態度をとってしまう。自分でもわからない。ということらしいです。それって、今まで私の念がそうさせていたのかな、なんて思ったりしました。

それから、新たにわかったパパ嫌いの理由がもう一つ。「パパが太っているから。」でした。入学式や運動会、その他の行事で何度か同じクラスの子のパパを見たけど、うちのパパが一番太ってるのが嫌だ。という理由でした。そういえば、先日行われた参観日の後も、「パパ、わかったでしょ!他の子のパパは太ってないんだよ!!」と言っていたなあ・・・と思い出したのでした。 でも、そればっかりは、主人が自分から「痩せよう!」と思ってくれなくてはどうにもならないし、事実、私がここ10年、機会があるごとにずっと痩せるように言い聞かせているにも関わらず、「別にいいじゃん」で済まされてきたわけで、息子のパパ嫌いが長期戦に突入する気配が感じられ、ゾッとしたのでした。

息子のパパ嫌いが続いたとして一番怖いのは、「家族間のトラブル」ですよね。大人になった息子が、ついカッとなって主人を・・・・なんてことが起きたらなんて考え始めると、ほんと眠れなくなります。時間はかかると思いますが、息子の中の主人の存在価値がぐっとUPするように、私自身が身を持って行動で示して生きたいなと思います。今ならまだ間に合うと思うので。

話しは反れましたが、そんなことを考えている今日この頃です。




Secret