*All archives* |  *Admin*

2017/10
<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
やっとこの日が終わりました!
前回、前々回の記事でさんざん書いてきましたが、PTAの委員の仕事の中で、私が一番気に病んでいた予定が昨日、無事に(というか、なんとか終わりました!昨日の緊張の余波が今も結構残っていて、個人的に相当プレッシャーになっていたんだなってことを今になって実感しています。

前回の記事を書かせてもらった日の夜ぐらいからでしょうか、ストレスからか口内炎までできてしまい、ここ数日、口の中をヒリヒリさせながら生活していたのですが、おかげさまで今朝はあまり痛まなくなりました。緊張が解かれたからでしょうか、単純明快な私です

私が最も気に病んでいた委員の仕事、それは日曜日の学校校庭開放日の担当責任者の仕事だったのですが、息子は一年生ですし、私自身、それがどういうものなのか、どういう仕事なのかというのもよくわからない状態で、いきなり学校のセキュリティの鍵を預けられ、「責任者」としての役割を任されるというのは、ものすごくプレッシャーでした。しかもこの日、来月行われるPTA主催のスポーツ行事の練習日として4、5日前に決まってしまい、当日の校庭はいろんな人が入り乱れてすごい状態。私が事前に聞いていた校庭開放日の様子は、ほとんど人が来なくて閑散としているから、ボーっとしているだけで大丈夫だよみたいな話だったのですが、(なんで私が担当の日に限って、イレギュラーなことになるわけ~!?)と動揺を隠せない私。

どうしようかと思いつつ周りを見渡すと、息子と幼稚園から同じクラスで顔見知りだった先輩ママさんがいたので、話しかけ、いつもどんな感じで校庭開放が行われているのか聞いてみたり。やっぱり、わからないことは正直に聞いてみるのが一番ですね。偶然にもそのママさんは去年、私と同じ委員の仕事をやっていたとかで、「去年はこんな感じだったよ~」と教えてくれたのでした。ほんとにもう感謝!

そして、校庭開放の実施要綱みたいな紙を見ながらひとりで(これでいいのかな?)と思いつつ準備(看板やテーブルを出したりとか)をしていると、スポーツ行事の練習に参加しに来た息子の友達のママさんが2人やって来て、すごく積極的に手伝ってくれて・・・・すごく心強くて、ほんとにひれ伏して感謝したい気持ちでした。

そして、わからないながらも、校庭開放の当番で来てくださったママさんに、受付の仕方とか実施報告書を書いてもらうとか、もろもろ説明して、なんとか校庭開放実施にこぎつけたのでした。それが午前中の話。その後は、私自身も息子と2人、スポーツ行事の練習に参加することになっていたので、そのまま学校に残りつつ・・・午前中は終了。

一旦、帰宅して昼食。昼食が終わってすぐ、家のインターホンが鳴り響く。。。息子がさっき、友達と遊ぶ約束をしていたことを思い出し、すぐに公園へ。さっき校庭開放を手伝ってくれたママさん親子2組と共に合流して公園で遊んでる途中で、私は息子を公園へ残して学校へ。校庭開放の終了の時間で、戸締りをするためなんです。

学校へ到着すると、校庭開放の最終の当番のママさん達が私を見るなり、「片付けを手伝ってあげるから、言って、言って!」と優しい言葉を掛けてくださり、数人で片付けを手伝ってくれたので、あっという間に片付いてしまいました。私が「助かりました~!ありがとうございました!」というと、皆さんは、「お疲れ様でした~!!」と爽やかに解散して、終了となりました。

そのまま私も爽やかに帰宅するはずだったんですが、ここでまたイレギュラーなことが。校庭に落し物があったとかで、この日の責任者の私がそれを預かって、学校側に届けることになったのですが、今日に限って学校側の人間がその時間、誰もいないことが発覚。困ってしまい、委員のリーダーの方に相談しようと電話するも通じず、とりあえず、校庭の倉庫の中にぶち込む 帰る時には、倉庫と校庭にあるトイレに施錠、そして体育館の入り口にセキュリティの施錠をすることになっていたのですが、その時間、体育館を利用している一般のスポーツ団体の方がいて施錠できないし 

むむ、困ったことになったと思って考えてみたら、校庭開放を実施するにあたり、私がトイレや倉庫、体育館の扉を開錠する予定になっていたのですが、私が学校に到着した時点ですでにすべての開錠が済んでいたんですよね。ということは、私以外にも同じ鍵を持っている人間が学校のどこかにいるわけで、体育館は私が施錠しなくても、きっと誰かが施錠してくれるよね!と勝手に納得して、とりあえず、息子と息子のお友達親子が待つ公園へと戻ったのでした。

その時はそれで「私の仕事は終わった~!!」と思ったのですが、やっぱり後になって気になるんですよね。体育館のセキュリティの施錠が、私の帰宅後にきちんとされたのかどうかが。どうしても気になるので、夕方6時過ぎごろ、周りはもう真っ暗に近い状態でしたが、もう一度学校へ行ってみる事に。校門の門扉が閉まっていれば、体育館へは近寄れないので、それであきらめて納得しようと思っていたのですが、行ってみると、もう誰もいないはずなのに、なんと校門の門扉の鍵が開いてる え?マジですか?? これでもし体育館にセキュリティ施錠されていなくて、今夜に限って、もし不審者が侵入したとしたらそれって私の責任になってしまいますよね?これはやばい!と思って、ちょっと戸惑いましたが、門扉をそっと開けて学校の構内へ侵入!絶対防犯カメラに映ってるよ、私、と思いながらも急いで体育館の入り口へダッシュ!!暗がりの中、近づいてみると、しっかりセキュリティのランプが点灯していました~!!心底ホッとしながらも、急いで校門までダッシュ(笑)何事も無かったように、帰宅しました。

これでやっと私の責任は全うされて良かった~!!と思ったのですが、夜、布団に入ってからまた思い出す。やばい。倉庫の中の道具の在庫チェックしてなかった中途半端に責任感の強い私は、もうしばらく不定期な胃痛や腹痛が続きそうです

そんな感じで、私の昨日は過ぎ去って行ったのでした。私が相当不安そうな顔をしていたのかもしれませんが、周りの方が積極的に手伝ってくれて、本当に皆さんに感謝、感謝の一日でした。 最終的に遣り残した仕事が一つあって心残りですが、委員のリーダーの方は、息子が幼稚園の時に同じクラスだった女の子のママさんで顔見知りなので、後日、相談してみようかと思います。今月、また委員主催の行事があるので、1週間後にはまた顔をあわせる予定なので。。。

とりあえず、昨日という日が過ぎ去ってくれたのは、私の中でかなり肩の荷が下りた感じになっているのは確かです。いろんな人たちに助けられ、自分はまだまだ恵まれているなとすごく感じました。困ったとき、自分からも声を掛けて助けてもらったりと、現役の緘黙児だった小学・中学生の頃の私が見たら、きっと「すごい!自分!頑張ってるじゃない!」って言ってくれるんじゃないかな、っていう気もしています。

委員としての残りの行事は、あと二つ。学校へ行く仕事は、残り4回。今月さえ過ぎてしまえば、委員の仕事は終わったも同然なんです。(←以前の記事にも書いたような気がするフレーズですが)今週は、久しぶりに予定の無い1週間。気力・体力を復活させて、来たる残りの仕事に備えたいと思います。

ここまで長々と読んでくださった方、ありがとうございました




テーマ : 緘黙症
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

  • 10/03:小林 一弘

  • 07/13:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon