*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タフな自分でありたい
はあ、はあ、はあ・・・・・・・とは言っても、変態ではありません(笑)私の息切れしてる声です前回の記事「こういう時こそ、自分らしく。」にいろいろ書かせてもらいましたが、現在、少しずつですが、ずっと懸念していた学校の行事やらPTAの委員活動やらが次々と押し寄せてきています。。。

先日の日曜日には、その第一弾(大袈裟ですが)でもある、学校の運動会がありました。曇り空で寒かったのですが、雨に降られることなく、無事に終了しました。義父母も観覧に来るというので、早起きしてみんなのお弁当を作ったのですが、義父母は自分たちの分のおにぎりを持参してきていて、それは事前に聞いていたのでいいのですが、私が作ったおかずには一口も手をつけず、「お腹がいっぱいだから」といってそれだけでお昼を済ませていました。

前からそうなのですが、私の作ったものはいつも一口も食べてもらえないんです。だから、今回のお弁当も私としてはこうなるのがわかっていたのですが、それでももしかしたら食べてもらえるかもと思い、あれこれ考えて作っていったものを、やはり今回も一口も食べてもらえなかったということで、わかっちゃいてもやはり気持ち的に落ち込むのは避けられないわけで。私が息子の運動会を心から待ち遠しく思えなかった理由が何を隠そうコレだったわけですが、とにかく、そのお弁当の時間が過ぎてからは、私はやっと運動会を楽しむことができました。

息子はというと、相変わらずのマイペースぶりで、彼なりに楽しんでいたようです。後で主人が撮った写真をみたら、かけっこで最下位なのに、ニタニタしながら走ってるし(笑)まるっきし、勝敗に興味のないご様子それはそれで息子の長所でもあり、短所でもあるんですけれどね。

後半になり、やっと運動会を楽しむことのできた私ですが、運動会の日だというのに突然、委員の仕事が舞い込む 今度、私が所属する委員主催の活動が学校で行われるのですが、その参加用紙をまだ出していない人がいるとかで、各クラスの分をそれぞれの委員が電話で緊急確認することになったんです。電話・・・・と聞くと、条件反射で体がびくっとする私。でも仕方がありません。やらなくては!

ということで、運動会が終わって帰宅後、普段仕事で働いているお母さん方も、運動会が終わったばかりの今なら家にいるだろうということで、覚悟を決めてすぐに電話を掛けまくる私。題して、「嫌なことは早く済ませてしまえ!作戦」ですね。私の今までの経験上、やらなければいけないことはすぐにやった方が心の負担が少なくて済むんですよね。時間が過ぎれば過ぎるほど、気に掛けてクヨクヨしたり悩む時間が増えるだけ。悩む暇がないぐらい、即行動に移すのが吉。そう心がけています。それで、息子のクラスのママさん9人に1時間ぐらいかかりつつ電話で連絡し、その結果報告を委員の担当の方に電話連絡し、ひと仕事終えたのでした。

名前も顔も一致しない、話したことのない人に電話をするって、私にとってはとても苦痛であり、精神的にもかなり負担でしたが、一気にやり遂げて心底ほっとしたのでした。それ以前に運動会の疲れもあるし、多少残っていた体力で夕飯を作る予定でしたが、委員の仕事の電話で全体力を使ってしまい、ダウン。夕飯は、主人にお願いして出来合いのものを買ってきてもらいました。情けない話ですが

そして今日は、都民の日で学校はお休みでしたが、10月下旬に行われる学校行事の準備のお手伝いで、学校へ。ほんの1時間ぐらいの時間でしたが、これまた名前も顔もわからない方と二人っきりでの仕事ということで、仕事自体は簡単なものでしたが、時折流れる沈黙の空気に気を使い、疲れました。

私が携わる学校行事と委員活動は、あと3回!!それに伴って、事前に学校へ行かなければならない日はあと6回あるのですが、無事に滞りなく過ぎ去ってくれ~~~!!そんな気持ちでいっぱいです。以前の記事にも書きましたが、あれからずっとお腹の調子が悪いんです、本当に
気が付けば私の体調が悪いのと同じように、息子の体調もここのところずっと良くなくて。9月は2回、高熱を出して合計4日も学校を欠席したし、今現在は、運動会の日の寒さで風邪をぶり返したらしく、鼻水を滝のごとく垂らしています。主人いわく、「お前の精神的に病んできてるのが、ゴンに移ってるんじゃないの?気を付けてくれよ~!」と。確かに、それは感じていましたが、主人もそう感じていたとは。息子は、私に似て、人の気持ちが移りやすいんですよね。言い換えれば、感受性が強いとでもいうのかな。良くも悪くも回りの影響を受けやすいタイプなので、結果、私の精神的ストレスの余波を息子が家にいる間中、全身に浴びているに違いありません。お風呂も布団も一緒だし。

精神的にも体力的にも、もっともっとタフになりたい!!それが私の今一番の願いです。そして、私自身が変わることで、息子もまた、タフになってくれればいいのですが。子を変えたいと思うなら、まず親自身が変わらなければならない、みたいなことを、どこかの本で読んだ気がします。子は、親から言われたことは聞かないが、親のすることは真似するんだそうです。口先ではなく、態度で示せ、ということなのでしょうか。

さて、この記事をどうやって収束させたらいいのやら・・・(笑)とにかく、もっと気持ちがタフになるようにモチベーションをあげて、今月を乗り切りたいと思います。そうだ、タフな自分を演じきるつもりでがんばりたいと思います。いろいろ書いたら少し気分が落ち着きました。ここまで読んでくださった方、ありがとうございました




テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

NoTitle
そうそう!そのとおり!!
女優になればよいですよ。
タフな自分を演じているうちに、ホントにタフになってしまうのだから・・・・きっと。

無理はしちゃいけないけど、がんばって~!
応援してますよ~!!

NoTitle
●小林さんへ

小林さんにはいつも元気をもらってる感じです~
ほんと、感謝、感謝ですv-421

昨日、一番私が気に掛けていた予定が無事に終了して、
心底ホッとしているところです。
後ほど記事にしますので、良かったら読んでみてくださいね。
女優にはなれなかったけれど、周りの方に感謝の一日でした。
応援ありがとうございました!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。