こんにちは。今回は久しぶりに近況を書きたいと思います。
8月いっぱいで子供の夏休みも終わり、9月から2学期が始まりました。ところが・・・2学期が始まって早々、息子が発熱微熱だと思っていたら、あれよあれよという間に38度を超え、39度を超え、体温40度を記録しましたが、2日学校を休んだだけで回復、ホッとしました。

ところが・・・、ホッとしたのも束の間。2、3日前から軽い頭痛がしていた私。
その日は日曜日だったのですが、いつもにも増して朝から頭痛がひどいなあ・・・と思っていて動く気になれず布団の上でごろごろしていたところ、突然、寒気が。今度は私が発熱でダウンしてしまいました
検温した時点で38度を超えていて、最高で39度5分まで上がりましたが、2日休んだら回復しました。息子と全く同じ症状ですね。どうやら移されたようですね

やっと熱が下がったと思った翌日、学校で委員の集まりがあるために出席。
委員の活動で、クラスの保護者さんにお願いして参加していただく仕事があるのですが、その日に参加できないという保護者の方がいてその方の対応を電話でしなくてはならなくて、2、3日、気分がブルーになったり。(緘黙症の後遺症のためか、私は電話は大の苦手です。。。)

その保護者の方は仕事をしているのか何度電話をしても留守で、なかなか用が済ませられずヤキモキさせられましたが、先日やっと連絡がついて落ち着きました。

一般的には(それぐらいのこと)と思われるようなことでも、私にとってはかなりの負担になります。学校の委員の集まりにしても、数日前から気になっているわけで、来月行なう委員の活動の打合せだったのですが、なんの担当にさせられるのかとドキドキしたりするわけです。
というのも、1学期の委員の活動の時に至っては、ある担当に勇気を出して立候補したのに、当日はなぜか別の担当にされていて、少し嫌な思いをした経緯もあって、ただでさえ嫌々ながら委員になっているのに、ますます委員の仕事がしんどくなってきているわけです。

来月は、委員としての活動が3回もあります。それに向けての事前の活動も含めると、約8回、学校へ行っていろいろやらなければならないわけで、最近、お腹がゆるいのが治らないなと思っていたのですが、どうやら自分でも気付かないうちに神経性の体調不良を引き起こし始めたようです。情けない話ですが

来月の活動さえ終われば、もう委員の活動は終わったようなものなのですが、当分は体調不良は続きそうです。今月は学校の運動会もあります。じいじ、ばあばも見に来るようであれば、その分のお弁当も私が作らなければなりません。料理が苦手な私としては、ストレス以外の何者でもないわけで。(それ以前に、義父母に会うこと自体がストレスでもあります) そんなことで、一般的には楽しみで待ち遠しいであろう行事も、私にとってはネガティブな対象になってしまいます。それは、子供の頃からあまり変わっていませんね。楽しい気持ちより不安な気持ちが優先してしまう。そういう自分に気付いたら、なるべく気持ちを切り替えるようにしていますが、なかなか難しいですね。もっと気持ちをラクに持っていけるようになりたいなと思います。

でも、こんな私のブルーな気分を一瞬でも弾き飛ばしてくれる出来事が一つありました。
それは、息子が夏休み中に作った自由研究の作品が、学年の代表として選ばれ、区で行なわれている「理科工作展」とやらに出品されたんです。これは嬉しかったですヨ 先日、展示会場まで自転車を飛ばして見に行ってきました。区内の学校からいろんな作品が集まっていましたが、1年生の出品は少なかったですね。なかなか自分に自信をもてない息子ですが、今回の出来事は自信に繋がったようです。いっぱい誉めてやりました。

今回は基本的に愚痴を書いただけの内容になってしまいまいましたが、自分の中のもやもやを文章で書いているうちになんだかすっきりしてきました。こんな自分もあんな自分も全部自分自身なんですものね、「緘黙らしく」そして「自分らしく」、今月、来月を乗り越えたいと思います。ゆるい下痢は続くと思いますが(笑)



Secret