*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
『奇跡』
記事にしようと思っていて、ずっと書き忘れていました。

去年のことですが、私の両親が旅行に行ったお土産だといって、
額に入れられた色紙をくれました。色紙には、素敵な言葉が
書いてありました。この場を借りて紹介します。

『奇跡』

自分を信じ
自分と闘えば
奇跡は きっと きっと
起きるよ


由布地蔵



この言葉を見た時、なぜか両親からの言葉のように感じたんですね。
離れて暮らしているけれど、いつも応援しているからね!
そう言われているような気がして、やけに涙が出てきたりしました。

結果はなかなか出てないけれど、自分を信じて努力し続ければ、
何もしないでいる今とは違う結果が確実に待っているはず。
なんだか勇気をくれた言葉でした。



ところで。由布地蔵って誰?
ネットで調べてみたところ、すぐにこんなページにたどり着きました。

「菜食創房 大地」


色紙を書かれているのは、森安健吾さんという方なんですね。
相田みつをさんにも負けず劣らずの、素敵な言葉だなと思います。
由布地蔵と名乗っているところも、良いですよね。

この色紙は、私のPCデスクの近くに飾ってあります。
見るたびにこの色紙をくれた両親を思い出し、電話しなきゃ!って思います。
なかなか実家に電話しない、親不孝な私です

yuhu.jpg


☆ブログランキングに参加しています。
記事に共感してくださる方は、ポチッとお願いします。




テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

るいさんへ
御両親の深い愛情と想いを感じますね。自分が親となり子供を大切に想う気持ちを、自分も親から受けてたんだと、改めて思いますよね。私の両親はもう天国に‥。でも、子供の中に父や母の命が伝わってて、子供の中の父や母を大事にする思いも含めて、子育てして行きたいなぁと思ってます。
NoTitle
●さくらさんへ

自分が親になってみて解かる事ってたくさんありますよね。そして、自分が親を失ってみた時、また解かることがあるのかもしれませんね。さくらさんのコメントを読んで、いろいろ思うところがありました。

今は私の両親は健在ですが、両親のいない世界っていうのはまだまだ想像出来なくて、結婚して自立したつもりでいても心のどこかにはしっかりと両親への強い思いがあって、自分自身が今安心して生きていける心の拠り所になっているような気がします。そしてまた、自分自身も子供にとっての拠り所となれるといいなと思います。そのためにも、日頃の接し方がとても大事だなと思うのですが、最近、息子に怒ってばかりだなと今反省しています。子供の良い面を見逃さぬよう、気持ちを引き締めたいと思います。
ありがとう
ありがとうございます。由布地蔵です!
もうひとつ由布地蔵の詩 挑戦者
失敗しても笑われても
何もしない人より
挑戦しつづける
あなたがいい

NoTitle
●由布地蔵さんへ

ご本人からコメントがいただけるなんて、びっくりです!
「挑戦者」も、素敵な詩ですね。
前向きな言葉からは、前向きなパワーがもらえますよね。
由布地蔵さんの詩を読むたびに、元気をもらっているような気がします。
こちらこそ、素敵な詩をありがとうございました^^
はじめまして
突然失礼します。

私は5歳~18歳まで緘黙でした。色々検索してこのブログにたどり着きました。ちなみにアーロン博士の本も読んだことがあり、HSPの自覚もあります。

これからもちょくちょくお邪魔させていただきたいです。改めてよろしくお願いします。
NoTitle
●憂愛さんへ

ブログへの訪問、ありがとうございます^^
緘黙とHSPの自覚があるということは、私と共通する部分も
多々あるかもしれませんね。こちらこそよろしくお願いします。

それと、憂愛さんはブログをお持ちですか?
リンク先にアクセスしてみたのですが、閲覧できないみたいなので、
ちょっと気になりました。次回にでもお知らせくださいね。
●上田様
 
ご連絡とれたみたいで、安心しました^^
No title
たまたまみつけたブログでここに迷い込んできました。
私も由布地蔵さんの詩を持っています。
私のは、「苦労は幸せの種まきだよ」
という詩です。
娘へのプレゼントに買いました。
素敵ですよね
Re: No title
mariaさんへ

お返事が遅れてしまいスミマセン。
ブログへの訪問そしてコメント、ありがとうございます^^

由布地蔵さんの詩、ほんとうにステキですよね。
心が洗われるような気がします。

当たり前のようだけど、言われるまで気付かないでいることを
気付かせてくれるのが、とてもいいなって感じます。

娘さんへのプレゼントですか、それもまたステキですねi-228
また気が向きましたら、遊びにいらして下さいね♪
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 04/14:るい

  • 04/10:るい

  • 04/09:小林 一弘

  • 04/09:るい

  • 04/07:小林 一弘

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon