先日、朋花さんのブログの記事を読んでいて気付いたのですが、そういえば、ゴンも時間の呪縛に囚われているところがあるなと、気付かされました。

それは主に忙しい朝のことなんですが、幼稚園へ出かける準備をしなくちゃいけないというのに、なかなか行動してくれないんですよね。私自身も息子を幼稚園まで送迎しなくてはならない関係上、息子と同時進行で出かける準備をしているのですが、とにかくこちらが急かさなければ次の行動に移らない状態。

「歯磨きは?」「トイレは?」「着替えは?」とあちこちで叫びつつ、息子の行動を促しています。息子の気配が消えた!?と思ったら、隠れて本を読んでいたり。また息子が消えた!?と思ったら、また布団にもぐりこんでいたり。

「そんな時間がどこにあるのーーーーーー!」

と半ば呆れるのですが、出かける時間まであと10分ぐらいというところになると、息子の態度が豹変。

「ママ!遅刻してる?ねえ、遅刻してる??」を連呼。

「このままじゃ完全に遅刻だね」なんて言うと、「ええ~!?やだやだやだ!!」と言うならまだいいのですが、「もう、幼稚園行かない!」と言う時もあるから困りもの。少しずつ時計の見方の勉強もしているのですが、さっぱり理解していないらしくて、私の「時計を見れば、遅刻してるかどうかわかるでしょ!」の言葉に、「わかんないよお~!」と顔をな感じにして騒ぎます。

自分で時間の感覚がわからないということもあるのでしょうが、のんびりしている時と慌しくしている時のギャップが激しくて、見ていて呆れてしまいます。いよいよ出かける時間だという時になって慌てて支度を始めても間に合わないのは明らかなんだし、だったら少しずつでもゆっくりでも継続的に行動していればいいのに。というのは、大人になった今だから言えることなんでしょうね。

時計が読めるようになったら、少しは時間を上手に使えるようになるのかな。なんて思っていますが、どうなんでしょうね。時計を読めない息子は、「ママが怒ってないからまだ遅刻してないよね」と、私の顔色で時間を判断しています。時計を見るようになるのは、いつのことやら(笑)

4月からは小学1年生になる息子。幼稚園児とは生活のリズムが違います。
今より1時間早く起きなければなりません。
今より1時間早く家を出なければなりません。
決まった時間に授業があり、休み時間のうちにトイレに行っておくとか、給食の時間も決まっていたり、今まで以上に時間を意識する必要があるんですよね。大丈夫かなあ、息子よ

一度、本当に遅刻してみればいいいじゃないか、というご意見もあるかと思いますが、そういうショック療法的なやり方で「よし、今度こそ遅刻しないぞ!」と思える子ならいいのですが、「もう学校(幼稚園)なんてやだ。二度と行かない」と思う子もいるわけで、息子の場合、明らかに後者なんですよね。繊細な息子なので、ストレートに叱らずに、なんとか行動を促してやる方向で対策を検討中です。

小学校入学にあたり、親も子も不安はいっぱい。時間に関する心配もありますが、親なしで登校・下校をしなければならないし(下校は集団下校のようですが)、給食も始まります。偏食大王の息子にとっては、授業より一大事かもしれません。同じ幼稚園から同じ小学校へ入学する子が10名ほどいるので、全く知らない子に囲まれるわけではないので、それだけが多少の救いではあるのですが。

新しい環境のスタートを目前にして、期待より不安が大きいのは、やはり親子でネガティブ思考なのだということを実感させられますね。なんだか、話がずれてしまいましたが・・・とにかく、朋花 さんのブログ記事でいろいろと考えさせられました。

ちなみに今読んでる本があるんですが、息子の改善にとても役に立ちそうな感じで、皆さんにもおすすめしたいので、この場でご紹介しておきますね。

「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本
「叱らない」しつけ 子どもがグングン成長する親になる本親野 智可等

PHP研究所 2006-05-11
売り上げランキング : 14966


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


親野 智可等さんの本は数冊しか読んでないのですが、いろいろ刺激を受けてる感じです。息子への改善対策、実行に移しましたら、中間・結果報告とかしていきますね。



☆ブログランキングに参加しています。
 1クリックしていただけると、大変励みになり、更新が早まるかも?





Secret