*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の電話恐怖症体験談
「電話が怖い」そう確信したのは、社会人になり働き始めるようになってからでした。 最初就職した会社では、とても忙しい係に配属され、電話が鳴っていても滅多に受話器を取れるような状況ではなく、同じフロアの別の係の方が電話の対応を引き受けてくれていました。周りからも「あそこの係は忙しいから」と暗黙の了解みたいなものもあったりして。仕事上、お客さんに直接電話することもありましたが、電話するまではとても緊張するものの、恐怖心までには至っていなかったと思います。「電話は苦手」ぐらいの認識でした。

1年後、数人の係替えがあり、私は別の係へ配属されました。その係は別名「雑用係」と言われる係で、それなりに仕事はあるものの、主に電話番といった感じの係でした。お局様と2人だけの係。それだけでも嫌な感じはしていました。他の係の人達は忙しいだろうからと、なるべく電話に出るようになりました。苦手だとはいいつつも、自分なりにずいぶんこなしていたと思います。

ある日、電話が鳴っていたのは気付いたのですが、自分がちょうどある伝票の集計中だったため、手が放せなかったことがありました。隣の席にいたお局様が電話に出てくれるだろうと思いきや、そのお局様は、くるっと私に顔を向けると、「るいさん、電話鳴ってるわよ。」と一言。やむを得ず、私は集計をしている手を止めて電話に出ることになりました。もちろん集計はやり直し。その時は、「お局様も忙しかったのかな」と思っていたのですが、電話がちょっと鳴りっぱなしになっていると、「るいさん、ほら、電話!」「鳴ってるよ!」「ほら、るいさん!」と私が電話に出るようにとせかされるようになりました。

もちろん、お局様や他の係の人達も手が空いている時には電話を取ってくれるのだけれど、それ以上に「私が電話を取らなければならないんだ」という義務感みたいなものが私の心の中に生まれていました。いつしかそれは、私の中で負担となり、数日後、 電話が鳴ると動悸がするようになりました。さらにその数日後には、電話は取るものの、 「もしもし」という言葉がなかなか出てこないという状態にまで発展してしまいました。そういう状態にまでなり、私は焦りました。電話を取らなければならないのに言葉が出ないんじゃ困る。なんとかしなきゃ、なんとかしなきゃ。。。

そして数日後、今度は「少々お待ち下さい」の「少々」の言葉が出てこなくなりました。電話は私にとって「恐怖の代名詞」とも言えるほどこの上なく恐ろしいものとなってしまいました。 電話が原因による動悸、失言・・・おそらく電話恐怖症になったんだろうと思います。

思い起こせば、子供の頃から確かに電話は苦手だったように思います。子供の頃って電話を使う機会もそんなになかったし、しかも友達も少なかったこともあり、電話に接する機会がほとんどなく、電話を頻繁に使うようになったのは社会人になってからだったように思います。 思えば、そんな私が電話番になろうなどというのがそもそも無理なことだった のかも知れません。

後日談ですが、電話が恐怖に感じるようになって以降、出てこない言葉に関しては、言い回しを変えて応対し、なんとか業務はこなしていました。「言葉が出ない」という事実に関しては、誰かに気付かれやしないかといつもびくびくしている状態でした。周りの人達に「変な人だ」と思われたくない、という気持ちがとても強かったように思います。 だから、上司にも相談しなかったんでしょう。誰かに相談する、なんてことも当時は思い浮かびませんでした。
このことを知ってか知らずか・・・運良く異例の早さ(3ヶ月)でその係からまた他の係へと私は異動することとなり、電話番から遠ざかったことでこの状況はちょっとずつ治っていきました。お局様のせかす言葉が、強迫観念を生み出していたようにも思います。

それにしても、この場合は「電話を受ける」ということでの出来事だったわけですが、 自分から「電話をかける」という行為に於いては、今も昔も変わらず異常なまでに緊張してしまいます。自分の知っている人が電話に出るとわかっている時(携帯電話)などは大丈夫なのですが。

例えば、 嫁いだ姉に電話する場合、旦那さんが電話に出るかも知れないとか思うと、緊張してなかなか電話できないなんてこともあります。恥ずかしい話ですが。。。
考えてみたら、電話って声でしか状況を伝えられないんですよね。いわば、ごまかしの利かない連絡手段。自分の受け答えで良くも悪くもなるような・・・そんな緊張感をいつも抱えているような気がします。そんな考えを持っている限り、私の電話に対する恐怖心はいつまでも付きまとうに違いありません。

実は、この電話恐怖症の体験後、私は転職先でも新たに電話恐怖症を発症することとなります。つくづく私は電話が苦手なようです。。




テーマ : 視線恐怖症(自己・他者・脇見、対人恐怖)
ジャンル : 心と身体

Secret
(非公開コメント受付不可)

>nanaさんへ

コメントに気付かず、お返事が大変遅れてしまい、失礼しましたm(__)m (非公開のコメントを頂いたのが初めてだったので・・・スミマセン)

結論から言うと、私なりの電話恐怖に対する対処法っていうのは特にありません。唯一、職場から離れたことが一番自分にとって良かったのかな。。

私も最近知ったのですが、決まった言葉が出てこなくなるというのは、典型的な吃音症状なのだそうです。なので、私もそうでしたが、nanaさんの場合も、電話恐怖プラス吃音症状が出ているのかもしれませんね。

コメントを頂いてから1ヶ月以上たってしまいましたが、その後はどうでしょうか?「逃げるが勝ち」という言葉がありますが、あまりにも辛ければ、そういう対処法もアリかなと私は思います。けど、nanaさんの場合、普段は普通にお話しできて、職場も楽しいんですよね?でしたら、思い切って同僚の方にこのことについてカミングアウトしてみて、少しは気持ちが楽になればまた違った形で対処方法が見つかるかもしれません。もしくは、心療内科でなにかしらの対処をしてもらうか。。。(私は医者に頼るのはあまり好きじゃないですけど)

あまりいいアドバイスは出来ませんでしたが、電話恐怖の辛さ、言葉が出てこない辛さは私も体験していますのでよくわかるつもりです。気晴らしにまた来ていただけると嬉しいです。

【追記】
コメントにメールアドレスがなかったので、こちらにコメントしてしまったこと、お許し下さいねm(__)m
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。