こんにちは。
前回は息子が幼稚園で次々と迎えた難関のお話を書きました。いろいろありすぎて、じっくり思い出せばまだまだあるかと思いますが、主な難関は前回の記事の通りになります。

息子は2年保育の幼稚園へ通っていますので、今年4月からは年長さんとして、年少さんたちのお世話や、園で飼っている動物の飼育や花壇の水やりなどの仕事も受け持ち、やりがいもあるらしく、なかなか良いスタートを切ったと思います。

年長さんになることを楽しみにしていた息子は、年長さんになった途端、急に顔つきが変わったのには驚きました。園の先生も、「ゴンくんの顔付きがすごく変わってビックリしています」と仰っていたし、息子なりに1つ(年少さんの時より)お兄ちゃんになったということで、気持ちの変化が生まれたようです。

環境・立場が変われば気持ちも変わるものなんでしょうね。自ずと目つき、顔つき、行動にもそれが表れてきたように感じます。昨年の難関だった半袖・半ズボンも今年は難なくクリアしましたし、去年までは他の子が遊んでいるところを近くで見ているだけの姿が多く見られたのですが、今年は楽しいと感じる遊びをしている子のところに行って、一緒に走り回っていたりしていることもあって、今までには見られなかった光景を見ることも増え、親としてはただただ驚くばかりです。子供の楽しそうな姿を見るのは嬉しいですね。気持ちが変わればこうも行動が変化していくモノなのかと感心している次第です。

でも、そういう姿が見られる反面、自分からお友達を誘ったりということはまだまだ出来ず、相変わらず挨拶もうつむきながらボソボソと言う話し方は直ってないですね。こう言う時こそ、親が見本を見せなくては!と思って、出来るだけ私自身がいろんな人に挨拶をしている姿を息子に見せているのですが、たまにタイミングが合わずに挨拶できなかったり。親なのに情けないですが・・・私自身も未だに挨拶は苦手だったりしますね

そうそう、最近の息子のことでこれは変わった!と思ったことがもう一つあって、先日園内の壁に園児達の描いた絵が飾ってあったのですが、ゴンの作品を見たら、紙一面に所狭しとびっしり絵が描いてあって、すごく驚きました。去年までの息子の絵は、大きい紙の端に小さくポツン、という感じに絵を描くことが多かったんです。絵には心の状態が表れるっていいますもんね。これは息子のココロの変化の表れなんだな、去年よりずっと自分自身に自信がついてきたんだろうなと実感した出来事でした。

まだまだいろんな細かい難関を抱えている息子ですが、その1つひとつを乗り越えるたびにきっと自分自身の中で1つずつ自信に繋がっているのだと思います。繊細な人、敏感な人は、自分自信を必要以上に低く評価しがちだと本で読んだことがあります。きっとその自分自身を低く評価してしまう傾向が自信喪失に繋がっているのだと思います。自分自身を高く評価できるよう、そして少しでも自分に自信が持てるよう、息子同様、私自身も意識を変えていきたいなと思っています。(なんか、記事のタイトルと内容がずれてきたかな?)

そうそう、上記の赤色の文字が書かれていた本ですが、それはHSPの本になります。私自身の緘黙症の症状だけでは説明付かなかった部分の所以がこの本に書かれており、私は自分がHSPであることを確信しています。緘黙傾向のある方のほとんどがおそらくこのHSPに当てはまるのではないかと思われます。(因果関係はわかりません。あくまでも私の想像ですが。)HSPに関しては後日、何らかの形で記事にしたいと思っています。

とりあえず、息子の関する記事はこの記事で一段落とさせていただきますね。息子もそうですが、私自身にもまだまだ緘黙症の後遺症が残っているもんで、次回からはまた自分自身のことを記事にしていきたいと思います。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret