ちょっと間が空いてしまいまいましたが・・・前回は、息子が幼稚園へ入園した当初の話を書きました。今回はその後のことを書いていきたいと思います。

緊張で園ではカチコチの息子でしたが、ママ友さんのお子さんと同じ幼稚園だったおかげで、なんとか場面緘黙、緘動の状態は免れることができました。けれど、誰かに誘われなければそこから動けない状況は数日続いていたようです。そのため、誘われない時はその場で立ちすくんで動かないので、他のお友達に叩かれたり押されたりということになっているようです。

入園してからの約1ヶ月半は、私にとっても息子にとっても試練の日々でした。

遊んでいたら、突然頭を殴られる。立っていたら、カバンで顔を叩かれ、お腹にパンチされる。階段の近くにいたら、突き落とされそうになる。並んでいたら、足を手でつままれる。などなど。

そういうことがほぼ毎日あり、その他に息子は緊張のあまり周りの状況が飲み込めないことが多く、どうしたらいいのかわからなくなって泣いたり・・・と、ほぼ毎日息子は泣いていたようです。そういう現場は私自身も見たり、家に帰ってから息子から報告があったり、ママ友さんちの子が、家に帰ってママ友さんに教えたのを又聞きしたり。担任の先生からも毎日のように息子の園での様子を聞いていたので、園での状況はおおよそ把握できていました。

息子が辛い思いをしながら幼稚園へ通っているのは、私にもよく解っていたので、家では息子から言い出さない限り幼稚園の話は御法度、家にいる時は息子が楽しく過ごせるように意識していました。

そんなある日、事件(?)は起きてしまいました。

その日も、息子に「***君に叩かれた」と半べそかきながらの報告を受けた後だったのですが、姑から突然、 「おかずを多めに作ったからお裾分けしに行くね~」と電話があり、 急きょ、姑が我が家にやってきたのでした。

実は幼稚園に通いだしてから姑と会うのはこの日が初めてだったのですが、 ゴンがまだ幼稚園の空気に慣れず、「行きたくない」と言っている都合上、 旦那を経由して義父母に「ゴンに幼稚園の話をしないように」と 忠告していたのですが、そんなことはどこへやら。 姑はゴンの顔を見るなり、 「幼稚園はどう?楽しい?楽しいでしょう??」 と幼稚園ネタを連発。

幼稚園の話をするなと言っておいたのに!!と内心私は怒りつつ、もう姑が言ってしまったものはしょうがないからと、 あえて制せずにいたのですが、ゴンは会うなり一番聞かれたくなかったことを さんざん聞かれて嫌になったらしく、姑から自分が見えないように私の後ろにずっと最後まで隠れていたのでした。 自分がしでかした失態にも気付かず、姑は、「あら?どうしたの?珍しいね~隠れちゃって。」 などと言っていましたが、そういうことに鈍感な姑は、最後まで何も感じずに帰宅していったのでした。

旦那が帰宅後、今日の姑の話を旦那に報告したところ、 旦那は姑に対してものすごく激怒していました。 「あの人は昔からそうなんだよ!幼稚園の話は言うなってあれほど言っておいたのに!!」 こういう姑が母親だったので、旦那は子供の頃からかなり嫌な思いをしたらしいです。詳しくは書きませんけどね(^_^;)

話が反れましたが、そんなことがあった翌日の朝、ゴンはいつもに増して登園を拒否気味だったのですが、 なんとか誤魔化して幼稚園まで連れて行ったのでした。こんな日がいつまで続くんだろうと思いながら。

補足ですが、ゴンの場合、登園は渋りがちでしたが、お迎えに行くとそれなりに楽しそうにしている様子が伺えたのと、担任の先生から園での様子を聞いて、なんとか参加できているということを知っていたので、登園を渋っても休ませずに連れていきました。お子さんによっては、本当に辛くて、お休みが必要な場合もあるかもしれませんよね。その判断は、あくまでも親御さんにしか理解できないと思いますが。。。時には思い切ってお休みさせることも必要なのかもしれません。

次回は、さらにその後の園生活の様子を書きたいと思います。気長にお待ち下さい。(って、読んでる人いるのかな?(笑))


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


Secret