*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息子の話(幼児クラブ)
なるべく、7~10日に1回ペースで記事を更新しようと思っているのですが、1週間や2週間って、結構あっという間に過ぎちゃいますね(^_^;)私自身の体験談だけでは、記憶も薄れてきているし、リアリティが足りないかなと思いますので、息子のこともブログに書いてみようかなって思います。

うちの息子は園児で、4月から年長さんになります。(以下、息子のことを「ゴン」と呼びますね)私から見るに、人見知り、場所見知りがあり、行動・言動からみると、場面緘黙症ではないか?と疑いたくなる時が多々あります。

幼稚園へ入園する前の1年間は、児童館でやっている幼児クラブへ週に1回のペースで通っていたのですが、子供だけで体操したりという場面では、私から離れず拒否、運動会の練習などでも私から離れただけでパニック気味、1人で走れなかったり、その場で動けなかったり。

玉入れがあったのですが、1個所にみんなが集中して夢中になっている姿に圧倒され大泣き。その場にいること自体に緊張しすぎて、先生の話も聞き取れなくなり、みんなが急に行動し出すと意味が分からない、どうしたらいいかわからないとまたまたパニック。(私と一緒です。)

それでも、親子で一緒にやる体操、競技、そういうのはとても楽しそうにやっていました。後、幼児クラブが終わった後に、ママ友親子と居残って遊んでいたのですが、その時はいつも、大ハッスルしていたゴンなのでした。ママ友さんに、「ゴンくんは、幼児クラブの後が本番だね!」なんて言われてました。

大人数より少人数を好む。これも息子も私と同じだなって思います。でも、1年間通っていると、子供なりにもだんだん慣れるんですよね。1年間、私の側にべったりは結局変わらなかったのですが、毎回、1人ずつ先生に名前を呼ばれながら出席カードを受け取るのですが、名前を呼ばれた時に返事ができるようになったり、練習時は大泣きだったけれど、運動会でしっかり走れたり、最後のお別れ会の時もみんなと一緒にステージへ行ってダンスを踊ったりできていました。どうやら、本番には強いみたいです。(これも私と一緒!)

正直、幼児クラブを始めた当初、児童館へ着くなり「嫌だ、帰る!」と息子に言われることが多々あり、親としては心苦しい思いをしながらも通っていたわけですが、この幼児クラブの経験があったからこそ、息子は、幼稚園入園後に場面緘黙を発症せずに済んだと思っています。

詳しいお話は、次回の記事で書きたいと思います。



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

Secret
(非公開コメント受付不可)

大勢いる場所だと圧倒されて親から離れられない子どもっていますよね。同じ場所で少人数ならリラックスして遊べる、という経験の積み重ねがあったのも良かったかもしれませんね~。大勢いる時でも、以前仲良く遊べた見覚えのある子がチラホラいると、緊張が解けやすくなるような気がしますね。(自分の経験から照らし合わせて・・・)めげずに通い続けたるいさんもすごい!よく頑張られましたね。

↓遅ればせながら、ランキング1位おめでとうございます~♪
●里さんへ

里さん、コメントありがとうございます!

そうですね、見覚えある子がいると心強いですよね。
息子に嫌がられても幼児クラブへ通い続けられたのは、
やはり、私の二の舞になって欲しくない、という気持ちからかな。

嫌がってはいるものの、息子も周りの様子をじっと見て観察しているんですよね。
最初は知らない場所・知らない人でも、場数を踏めば
知ってる場所・知ってる人に変わるわけですから、それまで
ひたすら耐えるのみ!っていう感じでした(笑)

ランキングは、まぐれの1位でしたが(笑)、それでも
少しは関心を持たれたのかなと思うと嬉しいですよね^^
そんなに数字にこだわっている訳ではないのですが、
基本的には楽しくブログを続けられたら良いなと思っています。

里さんのブログにもまた密かに伺いますね!
訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。