Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

 恐怖症とは

恐怖症とは、特定の行為や状況に対して異常に恐怖を抱く神経症の症状のひとつです。 恐怖症ではない人にとっては些細な日常的なことであっても、恐怖症の人にとっては 日常生活に支障をきたすほどの出来事であったりします。あらゆることが恐怖の対象と なりうるため、数え上げればキリがありません。私が見掛けた症例を列記してみます。

昆虫恐怖(症)、寄生虫恐怖症、ダニ恐怖症、酸味恐怖症、暗黒恐怖(症)、音響恐怖(症)、 高所恐怖(症)、ネコ恐怖症、飛行機恐怖症、広場恐怖症、広所恐怖(症)、臨場恐怖、 尖鋭恐怖(症)、エイズ恐怖、猫恐怖(症)、アルコール恐怖(症)、吉報恐怖、横断恐怖(症)、 じん埃恐怖(症)、乗物恐怖(症)、掻傷恐怖、男性恐怖症、隙風恐怖(症)、疼痛症恐怖(症)、 対人恐怖症、花恐怖(症)、人間恐怖症、社交嫌忌症、洪水恐怖(症)、狭心恐怖症、棒恐怖、 ハチ恐怖(症)、水恐怖(症)、クモ恐怖症、雷電恐怖(症)、無限恐怖(症)、天体恐怖(症)、 運動失調恐怖、破滅恐怖(症)、笛声恐怖、夜明け恐怖症、自己悪臭、雷光恐怖恐怖(症)、 孤独恐怖(症)、航空機恐怖、バクテリア恐怖症、書籍恐怖(症)、橋恐怖症、雷鳴恐怖(症)、 癌恐怖症、心臓病恐怖症、時間恐怖、閉所恐怖症、恐水症、コンピュータ恐怖症、接触恐怖、 決断恐怖、鬼神恐怖、赤色恐怖症、赤面恐怖、密室恐怖(症)、帰宅拒否症、女性恐怖症、 異性恐怖症、帰宅拒否症、出勤恐怖、言語恐怖、狂気恐怖、狂犬病恐怖、不潔恐怖、 死亡恐怖症、疾病恐怖、原子力恐怖、暗闇恐怖(症)、罪悪恐怖症、恐食症、音声恐怖症、 輝所恐怖症、火恐怖症、打撲恐怖、学校恐怖(症)、食物恐怖症、事態恐怖、埋葬恐怖、 シンボル恐怖、梅毒感染恐怖、テクノロジー恐怖症、電話恐怖症、神恐怖、毒物恐怖症、 13恐怖症、外来者恐怖症、動物恐怖(症)など

ここに列記したものがほんの一部であることは言うまでもありません。多かれ少なかれ、誰も が日常的に怖さや緊張感を感じているものです。またそういった感覚を持ち合わせていなければ、自分の身を常に危険にさらすことにもなってしまいますよね。

「日常的に感じる怖さ・恐怖心」・・・それ自体は病気とは直接関係ありません。しかし、こうした怖さが常に自分をおびやかしていて、自分の日常生活に於いて邪魔をしていたり、過大な負担をかけてくるようになると、問題になってきます。そうなってくると、日常の中で私たちが感じる怖さというものと、本人の感じる怖さのレベルというものは、相当に違うものだと考えて欲しいと思います。 『ある特定の事柄について非常に強い恐怖感を感じ、それに関わる場面になると混乱して うまく対処できなくなる』それが”恐怖症”というものなのです。

-----------

以上、上記の恐怖症に関する情報は、本やインターネットを中心に収集し自分なりにまとめました。私自身には専門的な知識は全くないため、間違った情報も含まれているかも知れません。あくまでも、参考程度に読んでいただけたらと思います。m(__)m



0 Comments

Add your comment