FC2ブログ

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018.07.25 (Wed)

MRI撮影、貯血終了(子宮筋腫の話)

連日、危険な暑さが続いておりますが、皆さま大丈夫でしょうか?

先週になりますが、病院へ行って参りました。まずは、予約していたMRI撮影。食事制限無しだったし、たまたまその日の服装が金属類を身に付けてなかったので、検査着に着替える手間もなく楽チン。

その後、診察。撮影した写真を見たところ、大きな子宮筋腫3個のうちの1個が、直径10センチから7センチとかなり小さくなっていたことがはっきりしました。「他の2個は思ったより小さくはなってなかったですが、1つでも小さくなっていれば手術はしやすくなりますのでリュープリンの効果はあったということで良かったと思います」みたいなことを言われました。急に大きく育ったやつだけが、リュープリンで急激に小さくなっただけだったみたいですね。全体的に小さくなったわけではなかったので腹腔鏡手術が開腹手術になるのかとビビりましたが、どうやら腹腔鏡でやるみたいなので一安心。

手術の際に多量に出血する可能性があるということで、翌日、自己血を貯血することになりました。それから、入院の申込みをするように言われたので、診察後、入退院受付へ。その後リュープリンを接種してから帰宅。

翌日、貯血のためだけに再来院。血圧を測定した後、診察室へ呼ばれるまで異常に緊張しました。実は私、血管が細いのでよく注射の針を刺し直しされるんですよね。

診察室へ通されると、看護師さん3人ほどで、「どっちの腕から採れるかな?」と。腕の外側まで見始めたので、「いや、そこからはさすがに採血したことないんですけど❗」と言うと、貯血の時の注射針は普通の時より明らかに太いので、出来るだけ真っ直ぐで太い血管が欲しいんですよね、と。明らかに太い針って、ビビる。

数分後、先生がやって来て「どう?良い感じで採れそう?」と聞かれた看護師さん、「良い感じで無いです❗」先生「え?良い感じで無いの?」ここで診察室内に爆笑が(笑)看護師さん、私の緊張をほぐそうとしてくれたのかな?先生、私の腕を見るとすぐに「こっちの腕だね❗」と判断して開始。さすがに針を刺した時は痛かったですが、その後は痛みもなく完璧❗注射の跡が内出血しなかったのは久しぶりで、この先生、できるな!信頼して手術をお願いできそうだなと感じさせてくれました。

貯血は、機械を使ってやってましたね。私はベッドに横になっていたので見えなかったのですが、機械の音が聞こえてました。針を刺している右手には柔らかいボールみたいなのを握らされ、採血中はずっと握ったり緩めたりと繰り返してました。気を紛らわすために看護師さんがずっと話しかけてくれ、ありがたかったです。看護師さんとの会話の中で初めてこの日、400CCを採ることを知りました。採り終わったらぶっ倒れるんじゃないかなと思ったのですが、全然平気でした。30分ほどで終了❗すごく順調だったようです。

この日、麻酔についてのパンフレットと、手術前後に必要なものを書いた紙を渡されて終了となりました。

次回来院する時は、入院する時。いよいよ、手術が目の前に近付いてきました。今は入院準備を少しずつ進めています。今が調子良いので、このまま手術しなくてもいいんじゃない?なんて思ってしまう自分と闘いながら。でもMRI画像を見るとドカン、と居座っている子宮筋腫があるんだよなぁ。手術前の複雑な心境に襲われつつ、現実逃避しているのでなかなか入院準備が進まないという😅

あー早く終わらせてスッキリしたい‼️


応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

16:49  |  私の子宮筋腫のこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.12 (Thu)

いざ、鎌倉へ!

先月末、姉に誘われて鎌倉へ行って参りました。姉は当初、1人で出掛ける予定だったようですが、突然寂しくなり私を誘ってみたとのこと。しかも、前日の夜ですよ?急でしたけど、術後はしばらくあちこち出掛けられないかもと思い、いざ、鎌倉へ。

実は姉も私も初の鎌倉。行きの電車の中で姉が持ってきた鎌倉のガイドブックをさらっと見て、後は行き当たりばったり。七夕が近いからか、七夕の飾りに彩られた鶴岡八幡宮を見たり、長谷寺ではシーズンのギリギリ?で紫陽花の花も楽しみ、高徳院で大仏さまと対面できました。大仏さまの中にも入れましたよ。

姉と共通の趣味でもある御朱印もあちこちで頂きました。そうそう、鶴岡八幡宮の境内にある源氏池休憩所の外のベンチで休んだ時には、リスに遭遇!姉と話をしていたら小学生が数名近寄ってきたのでどうしたのかと思ったら、口々に「リス!リス!」と。後ろを振り返ると姉の真後ろにリスが!と気付いた時にはさらにチョロチョロっと動いて、私のところまできて肩に前足を乗せてきて、至近距離のリスにビビりましたけど、被害もなく思いがけない思い出となりました。後で調べましたら、鎌倉では野生化したタイワンリスの被害が深刻なんですね。

途中、道に迷った時には、警備の方に道を聞いたり、小学生の集団の後を付いていったり。(校外学習で来ている子供達は有名どころを見学しに来てるので、間違いないです😆)

江ノ電にも乗れたし、主なところはさらっと見られたかな?銭洗弁財天だけは行きたくても時間がなくて行けず。姉と「次回、リベンジだね!また鎌倉へ行こうね!」と話ながら帰宅しました。姉に誘われなかったら、鎌倉へ行くことはなかったかもしれなかったので、ほんと姉には感謝です。

手術が終わって、体調が落ち着いて元気になったら、鎌倉だけでなくあちこち出掛けたいな~!という気持ちをモチベーションに、手術を乗り切ろうと思います。もちろん、家族とも出掛けたいですしね。手術前に良い気分転換になりました♪


応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

14:53  |  現在  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.07.04 (Wed)

術前検査を受けました(子宮筋腫の話)

先月半ば、術前検査を受けてきました。経験者のブログを読んで大体の検査内容は把握していましたので、比較的ドキドキせずに受けることができました。

まずは問診があり、念のためということで、子宮体がんの検査をすることに。「人によっては筋腫が邪魔で検査できない場合がありますので、その時は無理せずに止めますね」と先生。私の場合、多発性の子宮筋腫ですから、無理じゃないかなと思いつつ支度をし、検査器具をカチャカチャやっていた先生、「うん、やっぱり無理だね」と。筋腫のサイズ測定だけで終了しました。筋腫の大きさは、リュープリン注射の甲斐があって、各1センチほどずつ小さくなっているとのことでした。ということは、去年の9月ごろの大きさになったということですね。

この後、エイズウイルス感染症の検査承諾書を書き、次回、腰部のMRI検査を受けるのでその予約を取り、そこから採血(五センチ程の試験管みたいなやつに5本)、採尿、胸部レントゲン、心電図(5分もかからず)、呼吸機能検査(鼻をつまんで、口だけで思いっきり息を吸ったり吐いたり)を行いました。最後は今回が3回目となるリュープリン接種をし、この日は終了。

リュープリン注射でお腹がペッタンコになったと喜んでいたのだけど、実際は9か月前の状態に戻っただけだったのが、意外とショックでした。先生にお願いして、この日撮影した超音波検査の写真を頂きました。大きいやつ3個が写っていました。104.2×68.5mm、
72.8×54.4mm、49.9×35.5mm。小さくなってこれですからね。この他に小さい筋腫も数個あるんだよね。やっぱり手術は免れないなと確信。とはいえ、悪性ではないのだから本来はやらなくても良い手術。なんだかなぁ。損してるような気分。

健康保険限度額適用認定証の交付も受けました。これは入院手続きの際に提示することで、高額な医療費を一時的に立て替えることなく自己負担限度額で支払えるように出来るもの。利用しない手はないですよね。健康保険組合のホームページからダウンロードした申請書を担当の課へ郵送し、1週間ほどで交付して頂けました。

この認定証を今後利用される方へアドバイスを。この認定証は1年間有効なので、早めに申請しても大丈夫です。申請書に「療養を開始する日または入院日」という欄がありますが、ここを真に受けて入院予定日にしてしまうと、ギリギリ過ぎて入院手続きの際に病院側がバタバタしてしまうらしいです。私の場合、8月に入院予定ですが、6月の日付で交付してもらいました。これは健康保険組合の方に教えて頂いたことなので参考になれば幸いです。

暑い日が続きますが、皆さん体にはお気を付けて❗

応援ありがとうございますp(*^-^*)q



テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

10:15  |  私の子宮筋腫のこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |