FC2ブログ

02月≪ 2018年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2018.03.27 (Tue)

高1、無事に修了。

3月23日、息子は無事に高校1年生を修了することができました。どうやら高2へ進級できるようです。不登校だった中学時代、息子は高校生になれるのだろうかと何度も悩んだことが懐かしく感じられるほど、息子は順調に高校生活を過ごしてくれました。通知表も3学期は一番良い結果を残せました。そしてそれ以上に嬉しかったのは、年間皆勤賞の賞状を頂いてきたこと。修了式の際、皆勤賞の者は、全校生徒の前で1人ずつ名前を呼ばれたのこと。中3の時も1年間欠席ゼロでしたが、今回はそれに加え、遅刻、早退もゼロというパーフェクトな皆勤です。文句なしの皆勤賞でした。あまりにも嬉しくて、家にあった額縁に入れて壁に飾ってしまったほどです(笑)滅多に賞状なんて貰ってこない息子なもんで、飾ってみました ー ̄)ニヤリ

来年度はなにやら専門科目に関連する資格取得の予定があるらしく、先日申し込みをしていましたので、今度は資格の賞状が貰えたら、また額縁に入れて飾ってやろうと思っています。高1では専門分野の基礎的な部分を重点的に学習していましたので、高2以降は必然的に資格取得の機会が増えてくるのではと思います。そうえいえば息子はバイクの免許が取れる年齢ですが、今のところは取るつもりは無さそう。同級生の中にはすでにバイクの免許を取得している子も何人かいるようですが、息子はバイクより車が好きなので、興味無さそうです。

何やら欲しいものもあるみたいで、バイトもしてみたいようなこともちらっと話したりしていますが、自分はバイトと勉強は両立できないからと勉強に集中するほうを選んだようです。実際、高校へ進学する際にも、私や主人から「仕事は社会人になったら嫌でもやらなくちゃいけなくなる。勉強だけに集中できるのは今しかないんだよ。」という話は何度かしていたので、そのことも頭に残っていたのかもしれません。友達の中には、バイトをしていて、テストは赤点なしか、赤点を取っても1、2個の子もいることはいるのですが、自分は必死に勉強してやっと赤点なしの身だから、絶対無理と。中学の勉強をあまりできなかったこともありますし、色々思うところはあるでしょうが、高校では勉強中心に頑張ってもらいたいなと思っています

そういえば息子、心境の変化でしょうか、最近、私がサボっているとお皿を洗ってくれるようになりました。先日も私の留守中にお皿が洗ってあった時は驚きました。言われなければ気が付かないタイプの子だったのだけど、自発的に行動してくれたんだと思ったらとても嬉しい出来事でした。今までもお風呂掃除、洗面台の掃除、汚れてる部分だけピンポイントで掃除機は自発的にやってくれてたんですけどね。この勢いで、夏頃までには洗濯と炊飯器でお米ぐらいは炊けるようになって欲しいなと思っているところです(笑)←笑いながら書いていますが、結構本気でそう思っているんですよ。というのも、ちょっと事情がありまして。そのことについては、後日、はっきりしましたら記事に書きたいと思います。


応援ありがとうございますp(*^-^*)q



テーマ : 不登校 - ジャンル : 学校・教育

16:00  |  息子の高校時代(現在)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.16 (Fri)

学年末テストの結果、出ました。

3月も半ばとなりました。卒業式シーズン真っ只中ですね。私の身内でも、甥っ子1人、姪っ子1人が先日、無事に高校を卒業したらしいです。来月には大学の入学式が控えていて、いろいろとバタバタしているらしい。この時期、そういう話を耳にするだけでも、なんだかソワソワしてしまいます。

さて、我が家のマイペース息子の高1最後の学年末テストの結果が出たようです。結果は、赤点なしで締めくくることができました。前回の記事で「手応えあり!!最低でも80点ぐらいはいってる気がする!」と言っていた2教科に限っては、90点越え。他の教科は大体70点前後、一番低くて50点台と、初めて1人で勉強して挑んだ定期考査にしては上出来な結果が出たんじゃないかと思います。これで「自分ひとりでもやれば出来る」と自信になったかな?

とはいえ、今回見つかった課題もちらほら。漢字のミスで不正解にされているところが3ヶ所もΣ(゚□゚(゚□゚*) 漢字はだいぶ克服したと思っていたのですが、まだまだですね。息子も悔しかったらしく、以前購入した漢検の過去問を出してきて、1人で解いたりしていました。(←こういうところが以前の息子とは違うところ。自分から学ぶ姿勢!!)それから、数学がやっぱり苦手で、分母と分子を逆に書いたとか計算が合ってたのに答えに余計な記号を付けたとかいう凡ミスを含め、勘違いとか諸々・・・今回のテストでも一番低い点を取っていたことから、春休みといわず今からきっちりやり直しをしなくちゃってことになりました(主人が出来る限り教えるそうです)。

過去に勉強した内容、ちょっと間を空けちゃうと忘れてるっていうパターン、未だに結構あるんですよね。短期記憶が長期記憶になるまで繰り返しやればいいのだけど、興味ないことに関してはすぐふわっと蒸発しちゃうみたいで(^_^;)それに引き換え、興味あることに対しての記憶保持能力は半端ない。そのバランス!どうにかなればいいのだけれども。以前よりは記憶力も処理能力も良くなりつつありますが、発達のアンバランスはやっぱり感じます。

そういえば、WISC-IVの結果を受けた時に言われてたこと思い出しました。「学習障害が治ることはありません。良いところを伸ばしていくことで、苦手なところも一緒に引き上げ、底上げしていくのが理想」だと。それを思い出し、なるほどと思い当たる感じです。息子の学習障害の症状が治ってきているように感じるのは多分、全体的に少しずつ底上げしているところなんでしょうね。

風のウワサで聞いたところ、高校では今、進級できるかどうかで在校生はザワザワしているらしい。息子のクラスでも、すでに数名、進級できないことが確定しているとか。赤点を取り過ぎだとか、欠席が多すぎだと完全にアウト。でもそういう子たちって、そもそも工業系に向いてなかったりするみたいですね。「美容師になりたい」とか「とりあえず高卒になりたい」って言っているような子が奥の深い工業系の勉強なぞする気にはなりませんわな(^_^;) うちの息子は遅刻・早退・欠席ゼロだし、赤点も過去1回1教科だけでしたので進級は大丈夫だと思います。息子の友達も今のところ大丈夫みたいなので、そこを息子は一番喜んでいました。友達全員、一緒に卒業するのが目標なんだそうです。息子らしい^^

そういえば、最近は哲学に目覚めたようで、先日、図書館で哲学の本を自分で予約して借りてきていました。国語の授業でたまたま哲学者の書いた文があったようで、それを読んで興味を持ったらしい。かと思えば、クラシック音楽をスマホにダウンロードして聴いてみたり。クラシック音楽に関しては、小さい頃から嫌いではなかったようで、ドラマやCMで使われた曲なんかもよく覚えて口ずさんだりはしていたのですが、最近は自分からすすんで聴くような感じです。私はクラシックは嫌いではないですが、自分からすすんで聴く人ではありません。義母がクラシック大好きな人だったので、遺伝なのかもしれませんね。

そんな感じで、高校生になった今でも目まぐるしく成長している息子。高2になったらどんなことに興味を持ち、どんな風に成長していくんでしょうか?余計な手出しをせず、今後も見守っていきたいと思います。




テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

15:20  |  息子の高校時代(現在)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2018.03.02 (Fri)

もう3月かあ~。

こんにちは。約1ヶ月ぶりの記事になります。昨日は都立一般入試の合格発表の日だったみたいですね。1年前はああだったな、こうだったなと色々思い出します。現在高校1年生の息子。信じられないことに、もうすぐ高2!?でも、この1年間で息子は随分成長したなと思います。

中学、高校って心身ともに成長する時期なんですね。先日主人が、1年前まで使っていたスマホのアルバムを見たらしく、1年前に撮った息子の写真を見て、「え!?1年前ってこんなに今より幼い顔してたんだっけ?」と驚いていました。1年前は今に比べて、顔つきが柔らかい感じ?ほんわかした印象。今はもっとキリッとして見えます。何が違うんだろ。目つきかな。明らかに目が生き生きしてみえます。自転車通学で足も引き締まったし、専門科目の他、体育にも力を入れている学校なので体型も全体的に引き締まり、気が付けば随分逞しくなりました。言動とかもしっかりしてきたので、心も強くなったのかな。いろんなことに自信がついてきたのかも。うん、良い感じじゃない?(^^)

先月は学校の行事でマラソン大会があり、10キロを完走しました。小学生の時のマラソン大会では、せいぜい2キロほどしか走ったことない息子、中学ではマラソン大会自体無かったし、10キロなんて未知の世界。体育の授業で校舎の外周をぐるぐる走る練習を2、3回やったぐらで本番で10キロ走れって、無理じゃないのと思っていたのですが、1時間以上掛かったけど完走したと聞いて、私も主人も「なかなかやるな」と思わされたのでした。後半は結構歩いてしまったらしいですが、最後までゴールしたのはエライ。ちなみに、マラソン大会には制限時間が設けられていて、制限時間内で完走できない人は後日、補習を受けさせられるとかでダラダラも走れないという緊張感が合ったらしいですが、息子はセーフだったようです。

そして昨日からは学年末考査が始まっています。以前の記事で、塾を辞めた代わりに主人が息子の勉強を見ていると書いたのですが、主人にはやっぱり負担だったようで、2学期末のテスト以降は、息子の勉強に付き合うことが不可能となりました(仕事で疲れてて、寝てしまうので)。ということで、今回の学年末考査は、息子が初めて1人で勉強して迎えたテストなんです。案の定、余裕を持って勉強する風でもなく、つい10日ほど前からやっと本腰を入れて勉強する姿を見かけるようになり、どうしたもんかなと。赤点、どっさり取るようなことがあったら大変だなこりゃと心配していましたら、昨日、今日と今のところは「手応えあり!!」なんだそうで、「最低でも80点ぐらいは、いってる気がする!期待してていいよ~!( ̄ー ̄)ニヤリッ」と。これで本当に良い結果が付いてきてくれれば、また自信に繋がってくれるかなと思い、ちょっとだけ期待しています。

今回は、息子が自分1人でテスト勉強に取り組んでくれたのが一番嬉しいかな。学校の宿題や課題、小学生の頃からずっと親が付きっ切りで付き添ってきて、ずっと受身で勉強させられてきた息子。それが1人で勉強できるようになってきたのは、なんか自立への一歩!という気がします。やらされるんじゃなくて、自分からやる。指示されてから動くんじゃなくて、言われなくても動く。そういうのって息子に足りていなかった部分なので、高校生になってそれが徐々にできるようになってきたのは素晴らしい。そういえば、テスト前の自由参加の学校の補習にも自分から進んで参加してました。しかも、誰も参加してなくて息子が補習に参加した第1号だったらしく、先生が大喜びでマンツーマンで教えて下さったとか。「先生に顔と名前も覚えてもらえたし、評価上がったんじゃね?」なんて息子は喜んでました^^

そういえば冬休み中、こんなことがありました。息子は1人で電車に乗って出掛けることが苦手なのですが、趣味で集めているガチャガチャがあって、それが家から行きやすい場所はあちこち探したのだけど置いていなくて、ネットで検索した結果、電車でしか行けない所に設置されている可能性があることがわかって、1人で電車に乗って出掛けることに。学校の行事の集合場所で、仕方なく電車で出かけることはあったけど、完全プライベートで1人で電車に乗って出かけたのはこれが初めて。スマホで大体の場所を把握してから、出掛けて行きました。「1000円札を崩したいけど、両替機がない!」という壁にぶち当たり、私にラインで相談してきた以外は無事にガチャガチャもゲットして用は済ませて帰ってきました。いや~、こんな当たり前のことができるようになるまでが長かったな~息子よ!!きっかけがガチャガチャってところがまた、息子らしい(^_^;)

ちなみに学年末テストが終わったら、探してるコミック本があるので1人で電車に乗ってあちこちのブックオフへ探しに行くらしい(定価で買う気なし)。途中まで買い揃えているのですが、ところどころ抜けている巻があって。きっかけはアレですが、1人で出掛けるのも息子にとっては立派な社会勉強になりますから、テストが無事に終わった暁にはどうぞ、ご自由にお出掛け下さいって感じです。こういう自分から行動するっていうのも自立への一歩かなと。これを今、集めているようです。↓

ジパング コミック 全43巻完結セット [マーケットプレイス コミックセット]
かわぐちかいじ
B002DE6ASM


そういえば、明日は息子の通っている高校の卒業式。3年生ともお別れです。2年後には息子が卒業しているはずと思うと、高校生活って意外とあっという間ですね。来年の今頃は、進路も絞り込んで決めておかなくてはなりません。はたしてどうなることやら。春休みからは、進路に関する情報をいろいろ集めようと思っています。

思いつくままに書いた殴り書きみたいな記事ですが、最後まで読んでいただきありがとうございました^^


テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

16:28  |  息子の高校時代(現在)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |