2017年6月22日、小林麻央さんが乳がんで亡くなられました。麻央さんは、昨年6月よりブログも始められていたので、時々訪問しておりましたし、そもそも海老蔵さんのブログはそれ以前からちょこちょこ見ておりましたので、麻央さんが乳がんだと知った際にも大変驚いたものです。けれども、テレビからもブログからも気丈な様子が伺えたので、(きっと回復するだろう)って心のどこかで思っていたのですが、、、麻央さんの訃報には、本当に驚きました。ただただ、驚きました。

ご主人がああいう職業の方ということもありますし、ご自身もアナウンサーという職業柄、健康には人一倍気を使っていたに違いありません。それがどうした?と言わんばかりに麻央さんの体を蝕んでいった癌。癌って怖いんだなと心底感じました。まだ若いのに・・・可愛い幼い子供達を残して・・・と世間は思うでしょうが、麻央さんは人生を精一杯生き抜いたのですから、辛い闘病生活からやっと解放されたのですから、この旅立ちは辛いことばかりではなかったのだと思い、今はただ彼女のご冥福をお祈りする気持ちです。
... 続きを読む
「三者面談ウィーク」という言葉があるかどうかは別にして。たまたま先週、高校の三者面談と塾の三者面談があり、面談してきました。

まずは、高校の三者面談。私が体調を崩すことが予想されたため、主人に会社を早退して面談へ行ってもらうつもりでいたのですが、思ったより体調が良かったため私も行くことになり・・・ちょっと大げさですが四者面談となりました(^_^;)息子には、「は?パパだけの予定じゃなかったの?」と後から言われましたが、親としては入学式の日にチラ見しただけの担任がどんなヤツか知りたいじゃないですか。

で、どんな先生だったのかというと、30代男性、体育教師、この高校では初のクラス担任を任され、まだ初々しさが残っている感じ。話の流れでつい自分の高校時代の駄目っぷり(赤点を取りまくったとか)をベラベラと話し、保護者によっては(この担任で大丈夫かしら)と思われることもあるだろうに、そんなことは考えずに話してしまうあたりはとてもバカ正直な印象も受けましたが、そこはやっぱり体育教師、言葉の端々や態度から熱血で真っ直ぐな気持ち、真面目に生徒と向き合っている様子が感じられました。トータルで「なかなか癖があって面白そうな担任」(主人曰く)。
... 続きを読む
今年の父の日は、6月18日(日)なんですね。今週末だと思い込んでいた私。午前中、慌てて実父宛てにプレゼントを発送しちゃったんですけどΣ(゚Θ゚) 旦那の休みの都合上、今週末に義父へプレゼントを届けにいくつもりでいたので、途中で記憶が混乱した模様。自分、歳とったなあ・・・。まあ、遅れて渡すよりは良しとするかな(笑)

最後に、先月お散歩中に撮った写真を1枚。


IMG_2262-1.jpg




松居直美さんのブログに、10年前、息子さんが不登校だったということが書かれていました。3冊あった当時の日記、あまりにも辛すぎて2冊は処分してしまったそうです。6月6日付けのブログです。

松居直美さんのブログはこちら

うちにも日記ではないけれど、不登校の期間中、息子がどんな状態で毎日を過ごしていたかということを事細かに記録したメモ帳が3冊あります。何時に起きたとか、何をしたとか、体調はどうとか、息子の気になる発言、病院や学校の先生に言われたこととか・・・1年ちょっと書き続けていたと思う。処分はしていないけど、どこかに片付けてしまいました。辛かったからできれば思い出したくない記憶ではあるけれど、必死にその時を過ごした記録でもあるから忘れたくないという思いもあります。

・・・・処分はしていないけど、どこかにやっちゃったぐらいがちょうど良いのかもヽ( ´_`)丿



今日は、息子の近況を書いてみようかと思います。今になって思うのですが、息子にとってラインはとっても重要なツールだったようです。ラインをやり始めて2週間ほどは、親友の2人としか繋がっていなかった息子ですが、前回の記事をUPした直後ぐらいに、同じ中学出身の同じクラスの子とライン交換しまして、それをキッカケにクラスのグループに招待されたりと少しずつ進展が。以前よりは話すようになったとはいえ、自分から積極的に話しかけるタイプではない息子なので、高校で新たな友達はどうなのよ?と密かに思っていたんですが、ある日、同じクラスの子(Yくんとします)に話しかけられてちょっと会話する機会があったらしく、また別の日になりますが、今度は息子の方からYくんに話しかけて話をしたことがキッカケで、Yくんとはちょこちょこ会話するようになったらしい。その後「ついにYくんとライン交換した!」と息子から嬉しそうに報告がありました。Yくんと息子がライン交換しているところに通りかかった同じクラスの子にも、「オレとも交換してよ」と言われたりして、ちょっとしたきっかけでライン上の友達は短期間で結構増えたようです。
... 続きを読む