*All archives* |  *Admin*

2016/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
Merry Christmas♪
前回の記事のタイトル・・・よく考えずに書いてしまったのだけれど、後から読み返してみたら「もう高校に合格した!?」と勘違いされてもおかしくないタイトルでしたね、すみません。正確には、「やっと志望校が決定した!」ということでした。最終の三者面談が直前の、結構ギリギリまで悩んで決定しましたので、「やっと決まった!!」という気持ちが前面に出てしまったようです。

お蔭様で、息子は前回の記事の後も体調を崩すことなく過ごし、無事に欠席ゼロで2学期を終了することができました。恐怖の通知表も持ち帰ってきました。内申は、1学期より「1」上げることができました。たった「1」ですが、学習障害を抱えている息子にとっては、それでも嬉しい結果となりました。

続きを読む

テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

ついに!息子の進路、決定
前回の記事を更新した日、息子の進路の最終決定の三者面談があり、学校へ行ってきました。先だって、学校へは都立の第一志望だったB高校の「推薦入試受験希望申請書」をダメ元で提出していたのですが、担任から、「OKでました」という報告がありました。職員会議で先生方が揃って審議した際、息子の番になって、異議を唱えた先生は1人も居らず、「全員一致で、あっというまに決まりました」と聞き、ホッとしました。担任曰く、「教師全員が、ゴンのことを1年生の大変だった頃からずーっと知ってるから、全員応援してるんだよ。推薦受ける?どうぞ、受けてもらいましょう!B高行ってもらいましょう!っていう感じでしたよ。」と言われ、涙が出そうでした。

私立の志望校は、予定通り、通学時間のちょっと長いC高校に最終決定。これに関しても、「とても良い選択だったと思います!他の先生方も良い学校を選びましたね、と納得でした。」と言われ、C高校で良かったのかどうか不安だった気持ちも吹き飛びました。C高校の説明会で感じた通り、C高校もB高校と同様に、とても面倒見の良い学校なんだそうです。先生が最初から教えてくださればこんなにギリギリまで悩まなくて済んだのに~!とも思いましたが、自分達だけで辿り着いて納得して選んだ高校ってところに意味があるのかもしれません。先生方も納得の私立高校を見つけられて、こちらも取りあえずホッとしました。

続きを読む

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

インフルエンザが忍び寄る恐怖に怯えるこの頃
前回の記事で、家族全員でインフルエンザの予防接種を受けたという話を書きました。今年度はインフルエンザに感染したくない!!という強い意志を持って受けました。それなのに。確実に息子に忍び寄ろうとしている、インフルエンザの猛威。

先週、息子の学校のクラスで、ついにインフルエンザA型の感染者が1名発生。前日、教室で激しい咳をしていて、先生に「インフルエンザの可能性があるから早退しろ!」と言われ、早退していた子でした。それを皮切りに、連日、感染者が増え、体調不良で早退する人も増え、土日を挟んで迎えた昨日、月曜日。新たに感染者が増えたのですが、息子の友達もついにインフルエンザに感染!!Σ(゚д゚|||) 休み時間、いつもおしゃべりしていた相手だっただけに、息子は昨日、帰宅するなり「やべーよ~!Sくんもインフルだよ~!次は自分かも!怖いな~」と。

ちなみに、あと1人欠席者が出たら、学級閉鎖なんだそうです。学校全体で、なぜだか息子のクラスだけでインフルエンザが蔓延しているらしく。よりによって、なぜ息子のクラスなの~!!と憤りを感じる今日、午後から息子の三者面談があり、学校へ行ってきます。インフルの巣窟みたいな教室に足を踏み入れたくないですが、こればっかりは仕方ないですね。

例年であれば、誰よりも早く真っ先に感染していた息子が今回、まだ感染していないという事が奇跡です。今年の息子、去年と何が違うんだろう?と考えてみたら、思い当たることがありました。まず、学校へ毎日通うようになり、去年よりは体力がついたということ。それから、今年の2月ごろから朝食をパンからご飯へと完全に切り替えたこと。それに加え、ついこの間からですが、バス通学から徒歩通学に切り替えたのが良かったのではないかと。昨年インフルエンザに感染した時も、思い返せば発症する数日前にバスの車内ですごく咳き込んでいる人がいたんですよね。密室だと感染しやすいですから。

そんなこんなで、今日も息子は徒歩で登校していきました。今のところ、鼻炎なのか風邪なのかわからない鼻水が大量に出ていますが、熱は出ていないのでとりあえず無事のようです。大事なこの時期、明日から学級閉鎖にならないことを祈っています。

みなさんも体調を崩されないよう、気を付けてくださいね(^-^)/



テーマ : 日記
ジャンル : 心と身体

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に登校中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon