前回の記事から随分と間が空いてしまいました。気持ちに余裕が無く、ブログを更新できずにいました。今現在も決して気持ちに余裕があるわけではないのですが、気が向いたので書いております。

とはいえ・・・何から書いたらよいのやら。
前回の記事、読み返してみました。息子が突然左足の痛みを訴え、松葉杖生活を開始、原因究明のために検査しまくっているところまで書いていたようですね。この後から今日までのことを個人的なメモ的要素も兼ねて私なりに簡潔に書かせてもらいますね。

~整形外科、異常なし。そしてカウンセリング開始~

整形外科でいろいろ検査を受けましたが、結局、異常は見つかりませんでした。整形外科的には、異常がない以上、治療のしようが無いとのこと。息子のような年頃の場合、精神的な部分から体調不良を引き起こすことも多々あるので、小児科の見解を聞いてみましょう、という流れで小児科へ回されました。それが6月初めごろのこと。(それ以降、現在も小児科へ定期的に通院しています。)

小児科へ通い始めてすぐには気付かなかったのですが、普通の診察とは違うなと思っていたら、どうやら小児科は小児科でも、精神保健のカウンセリングだったようです。小児科へ通うようになってからも息子の体調不良は続きました。
(ここまでの体調不良)左足の痛み・頭痛・吐き気・横腹の痛み・息苦しい・不眠・足の痺れ・下痢・指の関節の痛み・口の中が痛い・背痛・腰痛・腹痛・左足の痙攣・目のかゆみ・手の震え・腕の痙攣
はっきり言って、体調の良い日はほとんどなし。背痛と頭痛に至っては、異常な痛がり方の時が多々あり、救急車を呼ぶかどうか旦那と何度も悩みました(呼ぶに至りませんでしたが)。

そんな中、小児科の担当医から下された診断は、「身体化障害」。昔で言う、心身症のことだと説明されました。担当医からは、「学校へ行かせないで下さい」と言われました。「足が治ったら登校しなければいけない」という気持ちがあると足が治りにくいという判断でした。それが6月下旬ごろのことです。病院の診断結果を学校側にも伝え、長期欠席を宣言しました。
... 続きを読む