*All archives* |  *Admin*

2012/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
いじめに負けるな!
またまたブログ更新が遅れてしまい、すみません。毎日のように記事に拍手をポチッとしてくださる方がいらっしゃるようで、感謝いたします。

今回も、息子の学校でのお話を書かせてもらいます。
前回の記事で、息子がついに反撃!これでいじめや嫌がらせは無くなるか?と思ったのも束の間、反撃から約1週間後の11月13日のこと。またちょっとした嫌がらせが。

次の時間が体育の授業だということで、休み時間中に体操着に着替えてから友達と遊んでいた息子。校庭を友達と歩いていたところ、突然、後ろから同じクラスの男の子(以前にも息子とトラブルあり)が息子の背中に勢い良く飛び乗ってきたそうです。

不意を突かれた息子は、バランスを崩し、両膝を強く校庭の地面に打ち付けてしまい、打撲と擦り傷の負傷。痛すぎてちゃんと歩けず、友達に支えられながら保健室へ行き、手当てを受けたそうです。傷口には、校庭の細かい砂利が入り込んでいて、おそらく、膝を地面に付いた状態で少し後ろから押されたんだろうと思われます。思ったより傷がひどく、その週の習い事のスイミングは欠席せざるを得ないほどの怪我でした。

同じ日の、今度は給食前。息子が廊下にある手洗い場で手を洗っていたところ、突然、太ももの後ろ辺りを蹴られ、激痛が走ったとの事。「痛っ!」と思って、後ろを振り返ると、問題児の男の子が立っていて、「(給食当番の)白衣、3番を着てただろ!!」と言われたらしい。

確かに息子は給食当番だったのですが、前の給食当番の子が白衣を持ち帰ったまま学校へ持ってきていなかったらしく、息子たちのクラスでは、ここ数週間は白衣無しの給食当番が続いていたので、白衣は誰も着ていないのです。

息子が、「着てないし!」と言い返すと、「3番は俺の番号だ、勝手に着てんじゃねえよ!」と捨て台詞を吐いて行ったとのこと。つまり、問題児の子は少年野球に所属しているのですが、その自分の背番号が3番なので、3番は俺のものだという主張みたいですね。給食当番が白衣を着ていないのを知っていながら、ただ息子のことを蹴りたいがための言いがかりです。

あまりの痛さに息子が教室へ戻ってからも泣いていたところ、先生が気付き、問題児の子を別室へ連れて行き注意をしてくれたようですが、この問題児、かなり暴れていたとのこと。先生が連れて行った別室というのが教材室という部屋だったらしいのですが、あらゆるものを蹴飛ばしたか割ったかしたらしく、ガシャーン!!とかドターン!!とか、大きな音がしていたそうです。

この日の出来事については、先生から電話での報告すらありませんでした。あまりにもトラブルが頻繁すぎて、面倒になったのか?主人が凄い剣幕で話すもんだから、電話を掛けるのが怖くなったのか?これだけ連続でトラブルがあると、先生もかなり電話をかけにくくなっているだろうなとは思います。電話での先生の声、話しているうちにだんだん小さくなってきて、途中からは言葉に詰まって、無言になったりするんですよ。逆に、先生頑張って~という感じです。

さて。上記のトラブルを最後に、今のところ、息子への嫌がらせは起きていません。小さなトラブルはあるかもしれませんが、私の耳に届いていないということは、怪我をするようなトラブルは起きていないようです。

実は、この間、いろいろと息子の学年のことで、新しい情報が入りました。
11月下旬には、息子の学年だけの臨時保護者会がありました。「もしかして、いじめの件?問題児の件?」と期待して出かけたのですが、内容は、「放課後の遊びについて」でした。これがまた、びっくりするような内容。子どもだけで、カラオケ、ゲーセン、ファミレス。ディスカウントショップにて、高額な商品を友達に買ってあげたり、買ってもらったり(1~2万円)。カラオケ、ゲーセン、ファミレスでは、飲食した分をおごってもらったり、割り勘にしたり。お金が足りないと、友達からお金をもらったり、出してもらったり(要は、カツアゲですね)。

驚いたことに、息子と同じ学年の約半数の子が関わってました。あ、もちろん息子は含まれていませんが。その他、子どもたちだけで隣の区にあるショッピングモールっていうんですかね、いわゆる複合商業施設へ自転車で出掛けていたり(自転車で30分以上はかかるような場所)、中には、帰り道に迷ってしまい、遭難しかかったりとかしたケースもあったりしたようです。

今の子どもたちは、駄菓子屋で10円、20円の買い物、っていうレベルじゃないんだなって驚かされました。うちの息子は、ケチ・・・いや、倹約家なので、100円、200円のガチャガチャでさえ、頭を悩ませているというのに、いやいや驚きました。子どもたちが使っているお金は、一体どこから出ているんでしょうね?お小遣いからとは思えない額ですよね。もしかして、親の財布からこっそりと・・・という事態も考えられるわけで、それで臨時保護者会だったのかと思いますが。

その他では、11月末ごろ、息子のお友達のママからメールが入りまして。「うちのクラスが学級崩壊している噂を聞いたんだけど、知ってる?」という内容。そういう噂は知らないんだけれども、うちの息子がかなりクラスでいじめられているという話をさらっとして、「個人的には、かなり前から学級崩壊してると思うよ」と返事してあげました。そのママさんは、小さい赤ちゃんがいるので、保護者会とかあまり出られなかったりするので、全く知らなかったそうで、びっくりしてました。

そして、先週行われた保護者会。これは臨時じゃなくて、毎年この時期にある定例の保護者会なのですが。臨時保護者会や、学級崩壊が噂された後の保護者会だったので、どんな感じになるんだろうと思って参加してきました。これがまた、子どもの様子に無関心なのか、毎回、参加する保護者の少ないこと。

内容としては、臨時保護者会の時の話題を考慮してか、放課後の遊びの後の帰宅時間についてだとか、子どもたちの遊び場所の話だとか。後はやはり、クラスが落ち着かない状態にあるということに関しての話題も出て。やはり、学級崩壊は間違いないなという確信を持ちました。

今現在、複数の保護者が、平日の参観日でもない日に、クラスの様子をチェックしに来ているという話があり、クラス全体が騒々しく、授業中も私語だらけ、授業を抜け出してどこかへ行ってしまう子もいたり、席にきちんと座っていられない子、先生の注意も全く効果がなく、酷い状態なんだそうです。保護者が参観してると思うと、多少は改善されるらしく、時間のある方は是非、平日にクラスの様子を見にいらしてください、という話もありました。

保護者会は1時間ほどで終わり、その後も話をしたい方はどうぞ、ということで、場所がそのまま提供されたのですが、私の近くに座っていた方が、すごく積極的にお話をされる方で、残って話をしていたので、私も情報収集をかねて少し居残って話を聞いていました。話を聞いていたところ、「学校のことをお子さんは話してくれますか?」と話を振られたので、それを機に、私も話に参加することに。

ついでに、これは良いチャンスだと思って、息子がクラスの子に嫌がらせやいじめを受けて困っているという話をしました。私の話を聞いてくださったのは保護者3名だったのですが、「そういえば、事件(息子の反撃のことだと思います)がありましたよね?」と。やはり、お子さんを通して皆さんいろいろ聞いていたようです。「今は大丈夫なの?」と聞かれたので、「とりあえず、今月は今のところ大丈夫なんだけど」と話すと、すごく驚かれました。話をしていた中で、女の子のママさんも、「うちもやられてくるよ~。この前も、「久々にやられた~」って、帰ってくるなり玄関で号泣っていうのがあったよ」と。その子もやっぱり少しおとなしい子なのですが、やっぱり大人しい子はターゲットにされやすいんだなと実感しました。

話が終わって、帰り際、私の話を聞いてくださった保護者の方一人が、「何かあったら言ってくださいね」と声を掛けてくださり、すごく心強かったです。学級崩壊しているクラスの中で、うちの子はこんなに困っている、苦しんでいるというアピールが出来たことは、少しですが改善に向かって前進しているような、そんな気がしました。

保護者会に参加された方々は、やはり今のクラスの現状のまま、6年生まで引きずってはならない、どこかでリセットしなければと真剣に考えている方々がメインで、余計にも心強かったように思います。でも、その中には、息子を何度かいじめてきた子の親も来ていて、本当にわかってんのかよ?と言ってやりたかったですね。一度も謝ってきてないんですよね。この時も謝る気がまるで無い様子で、一言も話すことも無く、保護者会は終わりました。活発な子の親って、トラブル慣れしているからか、大したことないと思っているんでしょうね。いろんな子からターゲットにされている息子にしてみれば、いじめる子達の数倍、傷ついているって言うのに。

今回も長文ですみません。少しでもやられる側の子と親の気持ちを察していただけたら嬉しいです。ここのところ、息子が風邪で体調を崩し、学校を立て続けに休んだりしています。私自身も、あちこちガタがきてまして、病院通いばかりです。

2学期が終わるまであと数日。頑張れ、息子よ!頑張れ、自分!


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon