*All archives* |  *Admin*

2012/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
息子のその後
前回の記事から1ヶ月以上も経ってしまいました。

息子のその後ですが・・・3月5日に頭痛で学校を欠席して以降は、だるそうでしたが、しばらく落ち着いた状態で過ごしました。お友達に誘われて遊びに行ったりしていましたので、頭痛さえなければほぼ普段通りなんですよね。とにかく疲れやすいらしく、昼寝の回数はものすごく増えましたが。

私自身は(また息子が頭痛を訴えるのではないか)という不安から、毎朝、動悸がするようになってしまいました。もちろん、息子の前では普段通りに振る舞っていますが。。。心臓の鼓動が、意識していなくてもドックンドックンと激しく波打っているのがわかるんです。そこら辺をもうダッシュしてきた直後のような鼓動。私も精神的に弱いですから。息子のいじめで、かなりのダメージを受けているのが自分でもわかりました。それから、急に下痢してみたり。

とりあえず、3学期が無事に終了してくれさえすればいいと思っていたのですが、その3学期最後の終了式の日。息子の頭痛はやって来ました。外は土砂降りのような激しい雨。多少、低気圧の影響もあったのかも知れませんが・・・ほんと、偏頭痛は急にやって来るんですよ。登校時刻になって、息子がランドセルを背負ったりして準備している間に、私が急いでトイレへ行き、部屋へ戻ってきたら、息子が頭を抱えて突っ伏していました。「頭が痛い・・・」と。

いつもなら欠席させたいところですが、4年生最後の学校は、節目としてなんとか休まずに出席させたい、持ち帰る物もまだたくさんあるし・・・と、時間的に連絡帳を学校へ届ける時間がなかったため、イレギュラーで、学校へ直電。担任と話をして、「また偏頭痛を訴えているが、今日はなるべく休ませたくないので、治り次第、登校させるつもりでいます」と連絡しました。

10時過ぎ、担任から電話が。「まだ登校しないんですか?」と聞かれたので、「まだ目が開けられない状態なので」と回答。「では、いつでもいいので待ってますので」と言われました。この担任の先生、偏頭痛に対して全く理解がないのには驚きです。小一時間でケロッと治るとでも思っているのでしょうか?この電話の後、やっと薬を飲める状態にまで回復してきたので、頭痛薬を飲ませ、再び眠らせました。

結局、この日、学校へ登校できたのが12時でした。下校予定時刻、12時20分なのに(笑)教室の前まで付き添って息子を送っていったのですが、クラスメイトに、「あ!ゴンだ!遅っ!もう終わりだよ!」と言われる始末まあ、休まずに出席したことに意味がありますから。。。4年生の最終日は、20分だけの出席となりました。私はそのまま学校の正門で息子が出てくるのを待ち、一緒に帰宅。いろいろと持ち帰る物もあったので、頑張って登校した甲斐があったし、辛い状況を頑張り抜いた息子も褒めてやりました。

で、帰宅して30分後。担任の先生から電話が。「今日は登校できて良かったです~」というので、そういう気遣いの出来る先生だったっけ?と思いつつ応対していたら、案の定、別の用事が。息子が登校する前に配り終えていたプリントを、息子にだけ渡し忘れたとのこと。通知表だけ渡したらしい。だ~か~ら~!!そういう大事なプリントとかあるだろうと思って、無理して息子を登校させたのに

結局、先生が夕方にプリントを届けてくれるということになりました。全く、面倒くさい。。。実のところ、先生の顔もあまり見たくなかったので、「もしかしたら病院へ行っていて留守かもしれませんので、その時は郵便受けへ入れて置いて下さい(本当は出掛ける予定ナシ)」とは言っておいたものの、最後の最後、先生はどんな風に終わらせるつもりなんだろうと興味が沸いてしまったので、いざ、先生が訪問した際には、つい応答してしまいました。

やって来た先生は、「公園が近くにあって、良い環境ですね~」と愛想笑いをしただけで、息子の体調については、一言も気遣いがありませんでした。まあ、ある意味、予想を裏切らない対応だったわけですが。来年度は絶対縁を切りたいと思っていました。


そして4月、新学期。5年生へと進級した息子。心配していた始業式は、頭痛を起こすこともなく、無事に登校。クラス替えの発表があり、いじめっ子のうち、2人は別クラス。けれど、主犯だった子とは同じ前担任の嫌がらせか?しかも、名前順に席が並んでいたにも関わらず、偶然とはいえ、息子と席が隣だったそうな でもまあ、担任が替わり、初めて男の先生になったようなので、以前とは違う気持ちでスタートが切れた感じです。(前担任は、別の区の学校へ異動)

新学期が始まって、約2週間経ちますが、今のところ、頭痛はありません。春休み中、学校のお友達と遊ぶ機会が無く、学校を意識しない生活を送れたのが良かったのかなとと思っています。ただ、頭痛はなくなったのですが、今度はお腹が緩い・・・。「どうやらストレスに弱いようですね」と、掛かり付けのお医者さんの処方で、胃炎の薬と整腸剤を飲んでいます。下痢気味なのも、朝だけなんですよね。そこだけが少し心配。

今までと違うと言えば、新学期が始まってから平日はほぼ毎日、お友達と遊ぶようになりました。誘ったり誘われたり・・・今までは遊ぶといっても週に0~2回だったのが、最近は、週3~4回遊んでますね。しかも、以前は2~3人で遊ぶのが主流だったのに、4~5人で遊んでる!?なにをやって遊んでるのかと思ったら、公園のヤブみたいなところを歩き回って探検ごっこみたいなのとか、公園で逃走中(番組の真似をした鬼ごっこ)をやっているんだそうな(笑)

そうそう、そういえば、春休み中に、息子とじじの2人だけでお出掛けという企画(?)も決行しました。そもそも、「孫と2人で出掛けてみたい」とじじが言いだしたのがきっかけで、息子にもいろいろ刺激になればと思って決行したのですが、初めてだったのと、息子とじじがお互い似たもの同士でおしゃべりではないものですから、お互い緊張したらしく、会話も少な目で多少ぎこちなかったようですが、息子にとっては生まれて初めての銀座デビューとなり、いろいろ刺激になったようです。じじの話だと、帰り際に息子の希望で寄り道したビッグカメラで、息子が急にお目当ての物をめがけて走ったのが、唯一、息子が積極的に動いた場面だったようで、それを聞いた時は主人と大笑いしました。(しかも買ってもらうことを前提に、ポイントカードまで持参してるし(笑)) 

親と離れて行動することに不安を覚えやすい息子なので(分離不安というらしいですが)、じじがいろいろ連れ歩いてくれたら、良い刺激になるのではと思っています。じじとお出掛け企画第2弾も計画中です。 

まだ新学期が始まって2週間ぐらいなので、さすがにまだイジメはないと思うのですが、やっぱり心配ですね。先日、先生が席替えの席を考えてきたので、席替えをしたらしいですが、息子の席の斜め前がイジメの主犯の子だったらしく、「ちゃんといろいろ考えて配慮したのか?」って感じです。前担任から、イジメの件の申し送りされてないのかも??なんて疑惑が浮上・・・。担任は男の先生なのですが、まだ25歳と若いらしいので、経験不足が不安なところ。

何はともあれ、息子が強く、明るく変わりますように・・・ただそれだけを強く願っている私でした。
それを見守る私自身も、母は強し!でありたいですね。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

  • 10/03:小林 一弘

  • 07/13:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon