先月書いた記事「こんなトラブルがありました。」のその後のことを書きたいと思います。(しつこいですか?(笑))同じマンションに住む女の子のローラーブレードが無くなり、うちの息子ゴンが犯人扱いされたトラブルのその後の話になります。

当時、あまりにもムカムカしたので、女の子の親に出くわしたら何か言ってやろうかと思っていたのですが、その後、なかなか女の子の親とは出くわすことが無く、1ヶ月以上が過ぎてしまいました。その間に少しずつですが、私の怒りも徐々に収まりつつありました。そのまま、何も言えない日々が続くと思っていたのですが。

昨年の大晦日の夜。その時はやって来ました(笑)

ちょっと足りないものがあって、主人が1人で買い物に行ってきてくれたのですが、その帰り、マンションのエレベーターで偶然、例の女の子とその父親とエレベーターで乗り合わせたらしいんですね。

ふと、ローラーブレードのことが脳裏に浮かんだ主人。女の子に、「ローラーブレード、見つかったの?」と聞いたそうです。「見つからない」との返事。すぐさま主人は、「なんか、ローラーブレードが無くなったっていうので、うちにわざわざ来たみたいだけど、うちには無いからね。うちの子は盗んでないからね!」と言ってやったらしい。女の子は、このことは親には話していなかったらしく、かなり青ざめた様子。女の子の父親は、「(ローラーブレードは)もういいです!」と捨てぜりふのように言っていたとか。

トラブルの後、私は女の子の親とは出会ってなかったのですが、この女の子とは何度かマンション前ですれ違ったことがあって、でもその女の子からは、「先日はすみませんでした」などとの謝罪は一切無く(トラブル当日も、この子は謝ってません)、逆に、完全に顔を見ないでシカト、もしくはエレベーターで乗り合いわせないようにダッシュされる始末で、女の子の態度には本当にむかついていたんですよね。

主人は私と違って、物事をズバズバ言えるタイプなので、今回、私の代わりに言ってくれたらしく、その話を聞いたら気持ちがスッキリして、嫌な気持ちのまま年越しにならなくって本当に良かった!と思いました。思いがけず、私の願いが叶った感じです。

主人曰く、お父さんと一緒にエレベーターに乗りながら楽しそうにしている女の子を見たら、言ってやりたい気持ちになった、と。主人が先にエレベーターから降りたのですが、降りる頃には、女の子の表情には笑顔はなく、引きつった顔をしていたそうです。まあ、それはそれは、その年に自分がしたことを振り返る、理想的な忘れがたい年越しになったことでしょう(笑)

主人の活躍により、このトラブルに関しては、個人的には一件落着、という事になりました。年内にスッキリして本当に良かったです。主人に心より感謝!ゴンも、主人のように物事をはっきり言える子になってもらいたいものです。今年は、息子のグレードアップを目指します!!(笑)


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。(遅っっ!!)

今年一発目の記事は、ブログのタイトル変更のお知らせです。

前回の記事にも書きましたが、この頃は、どうしても自分のことよりも子どものことを優先するあまり、どうしても子どもの話題ばかり書いてしまう傾向にあります。なので、ブログのタイトルに期待して訪問して下さった方に大変失礼だと常々感じておりましたので、新年というちょうど良いタイミングで、ブログタイトルを変更しました。

とはいえ、基本的に「自分らしく生きていきたい」という気持ちは変わりませんので、タイトルは「RA・SHI・KU」とさせていただきました。リンクしていただいている方には、こちらの都合で申し訳ないのですが、気が向いた時で構いませんので、変更していただけたらと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

☆ブログランキングに参加しています。
記事に共感してくださる方は、ポチッとお願いします。