*All archives* |  *Admin*

2010/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
息子の近況
1ヶ月もブログをほったらかしにしてしまい、スミマセン。
こんなブログでも、毎日、誰かしら訪問してくれてるようで、嬉しいです。

今日は、息子の近況を書きたいと思います。

4月。春休みも終わり、新学期スタート。息子もとりあえず、小3へと進級できました。

1年、2年と同じクラスだったのですが、3年生になると、クラス替えがあります。
気になるクラス替えは、息子にとっては、大喜びの結果となりました。

仲良しのお友達2人と同じクラス! 
近所の、登下校をいつも一緒にしている男の子とも同じクラス!
そして、息子の天敵だった子と別のクラスに!

「息子の天敵だった子」というのは、以前ブログに書いたような気がしたのですが、書いてなかったかな?ちょっと確認できなかったのでここで説明しますと、息子が小2に進級して数ヶ月後、席の近い女の子2人に、息子が足を蹴られていたことが判明したんです。どうして判明したかというと、息子が朝、着替える時に、濃い色のズボンを私が用意したら、「このズボンは上履きの跡がつくから嫌だ」と言ったことから、「もしかして蹴られてるの?」という話しになって、判明。2年生に進級してからずっと、先生の目を盗んでは「あっちいけ」と蹴られていたようです。

すぐさま連絡帳で事実を先生へ伝えたところ、先生の計らいで、息子に対して2人に謝らせ、これはいじめなんだよということを言い聞かせたようで、とりあえず解決という形にはなり、私も安心していたのですが、実はその後も、不定期ではありますが蹴られていたようです。(クラス替えの名簿を見ていた時に、息子がぼそっと告白しました

そしてクラス替えをきっかけに、さらに新たに、1人の男の子にも蹴られていたことが発覚。まあ、その子ともクラスは別れたので、息子にとっては、奇跡のクラス替えとなったようです。

実は、私的にも、苦手としていた男の子のママさんがいたのですが、その男の子とクラスが別れたので、必然的に、苦手なママさんとも別れることが出来てホッとしました。

あと、クラス替えがあったことで、新たな事実を発見。
私が新しいクラス名簿を見ながら、「●●くん、(別のクラスへ)行っちゃったんだ」とか息子と話していた時のこと。息子が、「○○ちゃんも、行っちゃったか~」とぽつりと言ったんです。○○ちゃんとは、女の子の名前です。息子の口から女の子の名前が出るなんて、とても珍しいことなので、すごくビックリしたのですが、平然を装って、「なに?○○ちゃんとお話とかしたことあるの?」と聞いてみたところ、「当たり前じゃん。話が合うんだよね~。」と息子。へえ~。ゴンにも、お気に入りの女の子がいたんだ~。クラス替えによって新事実発見となったのでした。

息子の「○○ちゃん発言」の後、私としては(ゴンは、女の子ともお話してたんだね)程度の認識で済ませていたのですが、その数日後。息子からこんなことを言われました。

「あのね、○○ちゃんとは(クラスが)別れちゃったけど、これ(折り紙で作ったボールみたいなやつ)があるから大丈夫だよ。これさえあれば○○ちゃんといつも一緒だよ。」

どうやら、折り紙のボールみたいなやつは、○○ちゃんからもらったものだったようです。クラスの女の子からもらったとは聞いていたのですが、それが○○ちゃんだったとは、私は知らなかったのですが。「いつも一緒だよ」だなんて、なんてかわいいのでしょう(笑) 恋愛感情にはほど遠いのかもしれないけれど、息子にもそんな風に女の子を思う気持ちが芽生えているんだなと思ったら、微笑ましく思うのと同時に、少しずつ成長しているんだな・・・と感じた瞬間でした。

そうそう、話は戻って。
クラス替えになり、担任の先生も新しくなりました。2年生の時、隣のクラスの担任だった女の先生です。実は1年生の頃、隣のクラスは問題児がいて、ほとんど学級崩壊していたのですが、2年生になり、この先生が担任になった途端、問題児が落ち着きを取り戻し、平穏な日々を持ち直したという経緯があります。なので、この先生が担任になることは、ウエルカム!という感じでした。

実際、新しい先生が担任になってから2週間ほど経ちますが、すでに、前の担任とは全然違うところをいろんな場面で見せつけられています。実はクラス替えで、問題児だった子も同じクラスになってしまったのですが、この先生が担任なら大丈夫、という安心感があったりします。実際の所はどうなるのかわからないけれど・・・とりあえず、今のところは大丈夫そうです。

3年生になった息子は、6時間授業の日が週2と増え、教科も新たに理科・社会が加わり、そして全体的に教科書が分厚くなったこともあって、勉強量も増え、今までにまして、勉強嫌いが悪化しているのが、今一番の悩みですね。

とにかく、宿題を自分からやろうとしない。私が毎日、数十回言ってやっとやり始め、私がそばを離れると、隙あらば読書(漫画に限らず、読書好き)。私がいる時だけちょっとやっては、私がいなくなると読書(もしくは、おもちゃで遊ぶ)。なので、宿題をやり始めてから1時間以上経っても一向に終わらず。集中すれば、15分もあれば終わるような内容なのに。

そんな日々が、かれこれ2年以上続いていたわけで、昨日は、さすがに私の堪忍袋の緒がブチッと、音を立ててキレまして、息子に激しいカミナリを落としたのでした。宿題のプリントが置いてあるテーブルの上にあったおもちゃは全部ゴミ箱へぶち込み、おもちゃを取り返そうとする息子を制止し、

 「そんなに嫌なら、もう勉強しなくていい!勉強しないんだったら、学校へも行かなくてもいいよ!」

と言ってやりました。おもちゃを捨てられたことが悔しかったんでしょう。宿題のプリントやら鉛筆やら、教科書やら、床に投げつけた息子でしたが、怒りをあらわにしながらも、プリントは拾い、やり始めました。


夕飯の時間になったので、テーブルを片付けるように言うと、「夕飯、食べない」と息子。おもちゃを捨てられた腹いせに、精一杯の抵抗って感じね。(私の目を盗んで、おもちゃは拾ってました)あっそう。と、私だけ食べ始めたところに、主人が帰宅。

事の次第を聞いて、「とうとう雷が落ちたか」と主人。主人も少し強い口調で息子に事実確認の尋問をして、後は本人任せということになりました。主人が聞いても「夕飯、いらない」という返事だったのですが、その10分後ぐらいに私が「少しだけ食べる?」と聞くと、「みそ汁だけ食べる」という返事。だけど、ご飯もみそ汁もおかずも全部出してやると、何事もなかったかのようにたくさん食べ始めました。さっき怒られたことはもう忘れているかのようでした。なんで怒られたのか、本人はわかっていないようです


はあ・・・・。しかし、ここまでしないと宿題すらやらないのか。。。。
全く自主性のない息子に、こちらはイライラするばかり。

ということで、今までは、私が言うまで動かない息子にあれやれこれやれと指示ばかりして怒っていた私ですが、これを機に、何も言わないことにしました。きっと、宿題もやらないだろうし、お風呂に入る時間になっても寝る時間になっても気付かないかもしれません。でも、全部自己責任、自分で時計を見ながら予定を立てて行動する力をどうしても付けて欲しいと思うので、私からは言わないことにしました。

今日はその1日目です。「学校へ行かなくてもいい!」と言っておいたのに、息子は当然のように学校へ行きました。勝負は、帰宅後ですね。何も言わない、何も言わない、何も言わない・・・・私が一番のネックかもしれません。私からの支持を受けずに、息子がどれだけ自主的に行動できるのか、とりあえずやってみたいと思います。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 小学生の子育て♪
ジャンル : 育児

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/27:るい

  • 10/26:小林 一弘

  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon