*All archives* |  *Admin*

2009/10
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
インフルエンザのその後~
息子のインフルエンザですが、結局2日間発熱しただけで済み、ちょうど学級閉鎖の期間と重なっていたこともあり、一日だけ学校を休み、先週木曜日からは普通に学校へ通っています。心配していた私や主人への感染ですが、一日中マスク装着、こまめな換気、クレベリンゲルで空間除菌、食事は息子と時間差でとったり、洗面所、トイレの手拭きタオル、シーツ、枕カバーはこまめに取り替える等、かなり気を使った結果、防ぐことが出来ました。

とはいえ息子の通う小学校では、インフルエンザは相変わらずの猛威を振るっていて、現在は、全学年13クラスのうち、6クラスが学級閉鎖となっています。ただでさえ、授業日数が足りないと言われている中、こんなに授業がつぶれると、冬休み返上!とかなりそうですよね。息子のインフルエンザは終わりましたが、小学校でインフルエンザが終息しない以上、不安なので、今でも外出時にはマスクは欠かせません。

そうそう。話は変わります。運動会の時の記事で、私はこんなことを書きました。

とにかく、息子が少しでも自信を持って、悔しい気持ちを持って、上を向いていけるように、親の私がなにかアクションを起こすきっかけを与えなければいけないなと感じたのでした。いつもなにかやろうとすると、息子が風邪で熱だしたりして、出鼻をくじかれて行動が続かないのですが、運動会が終わった今、このタイミングで何か始めていこうと思います。


案の定、運動会の後、インフルエンザに感染してしまい、出鼻をくじかれましたが(笑)、何から始めよう?と考えた結果、息子とウォーキングを始めることにしました。2人でトレーニングウェアを着て、だいたい17時半ごろから小一時間、近所の大きめな公園を歩き始めました。まだ3回しかやってませんが。

とにかく、息子の体力が無さ過ぎる!初日、公園を1周(1キロ弱、たぶん700~800メートルぐらい)を歩くのに、3回も休憩が入る始末 3回目の昨日は、ヒキガエルとの出会いがあったためと思われます、息子のテンションが高めだったおかげで休憩無しで公園1周することができました。そうか、体力云々の前に、本人のモチベーションも大きく結果に左右するんだなとこの時実感したのでした。自分からやっているのか、他人から言われてやらされているのか。気持ちの違いがこうも結果が左右するとは。

ウォーキングは、私からやろうと言いだしたこと。始める前に、息子とは、(今より運動が出来るようになりたい)という気持ちがあるかどうか本人に確認させ、それじゃあウォーキングを始めてみようね、という流れには持っていってあるのですが、どうしても自分から言いだしたことではないですし、”やらされ感”の方が大きいんだろうなと感じています。現に、昨日、ウォーキングに行く時間になっても動こうとせず、「今日はやらなーい♪」と言われてますし。何のためにやるのか。何でやり始めたのか。すでに本人は忘れていると思われます。

継続は力なり。少しずつの積み重ねがやがて大きな成果へと繋がっていくということを息子に実感させたい。半年後、1年後に息子自身が、「なんか出来るようになってきたな」と実感が持てる状況にまで続けさせてやりたいなと思っています。そのためには、子供に「やりなさい。」と命令するだけではなくて、親である私自身がそういう姿を見せるべきだろうと。まあ、私自身の筋トレも兼ねているわけですが。2人でウォーキングを続けていけたらなと思っています。

実は、息子と二人でこの1年間、続けてきたことがあります。それは、就寝前に腹筋をすること。眠る前に、布団の上で2人で腹筋をしています。以前は、これに加えて腕立て伏せも行っていましたが、いつの間にか腹筋だけになっていました。息子は5回、私は10~20回。腹筋のやり方も、以前は上体を起こす形でしたが、数ヶ月前から足を上げるやり方に変えました。寝ころんで膝を伸ばした状態の足を、床に着けないように上下させるやり方です。最初はこれ、歯を食いしばって3回ぐらいが限度でしたが、今では話をしながらでもできるようになりました。息子は、膝を曲げてやっちゃってるので、息子に限っては上体を起こすやり方がいいのかもしれません。ちなみに、息子は上体を起こす腹筋だと、10回なら楽々、やる気を出せば50回ぐらいやっちゃいます。それにしては、ぽっちゃり体型ですがでも、お腹がそんなに出てないのは、腹筋を続けているおかげかもしれません。

そういえば、スイミングもなんとか続けています。かれこれ4ヶ月経ちますが、今のところ辞めたいとは言い出さず、楽しそうにやっています。上達度はイマイチですが、本人が楽しく続けられたらそれはそれでいいかな、なんて思ってます。スイミングを始めてから、アレルギー性鼻炎の症状も目立たなくなってきたようにも思いますし、それなりに体力が付いてきているのかなという感じです。

本当は、放っておいても勝手に外に出ていってお友達と走り回って遊んで来てくれるのが子供の体力作りには一番良いと思うのですが、本人の性格上、趣味の関係上、インドアで落ち着いている方が好きみたいで。音に敏感なので、学校で騒々しい中で過ごした分、放課後は家で静かにしていたいんだと想像はつくんですけどね。少しの時間でも親が意識して外へ連れ出すしかないな~と思っています。

そういえば!!今、ふと気付いたんですが、息子の吃音。ほとんど直ってます!!やっぱり、2年生に進級するにあたり、「そんなんじゃ2年生になれないよ!」と脅してしまったのが、心理的に不安定にさせてしまっていたように思います。どもりを特に指摘せず、ずっと過ごしてきたのですが、自然と解消されたようですね。あまりにも自然にフェイドアウトしていたので、気付きませんでした~。今年の3月頃から吃音が出始めたので、約半年であまり気付かない程度にまで直った、ということになりますね。早いスパンで直ってくれて、ホッとしました。私が小学生の時に経験した吃音の発症~完治までと同じ感じです。精神的なバランスが瞬時に顕著に体に表れるっていうのは、やっぱり繊細な子供ならではではないかなと思います。ちなみに、息子に勉強をやらせると、「背中がかゆくなる」のも、精神面からくる体の反応なんじゃないかと思います。勉強しながら「背中掻いてよ~」って毎回言われるので、背中を掻く、専用のブラシ(シャンプーで使うやつ)を1個、100均で買ってあるぐらいです(笑)

なんか、話が反れてきちゃいましたが。とにかく、我が家のインフルエンザは無事に終わりましたので、ご報告させていただきました(笑)


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

「 我が家にも とうとう来たか 新型が 」
ついつい、タイトルで一句、詠んでしまいましたが。タイトルの通りでございます

先週水曜日、とうとう息子の学校でもインフルエンザA型の集団感染が確認され、6年生の1クラスが学級閉鎖となったようです。(この時点では、学校から連絡がされておらず、知りませんでしたが)

その翌日木曜日は、台風18号が接近するとのことで、臨時休校。この日の夜、就寝しようとしたところ突然、息子がくしゃみ・鼻水・咳を立て続けにし始め、急に鼻炎が悪化した?と思ったのですが、息子曰く、「気管にヨダレが入っちゃっただけ」というので、あまり気にしなかったのですが。(それぐらい突然のくしゃみ・鼻水・咳でした)

金曜日。平熱より少し高いかなレベルの体温(36度台)だったので、登校させました。が、お昼過ぎ頃、学校から緊急メールを受信。

「本日、2年*組と6年*組は、新型インフルエンザの集団発生が確認されました。
10/10~13に学級閉鎖をいたします。つきましては、給食後に下校させます。」


え~!!”2年*組”って、ゴンのいるクラスじゃないですか~!! なんで6年生からいきなり2年生へ飛び火!?(6年生とは、下駄箱も教室もかなり離れているんですが・・・)

とにかく、息子の帰宅を待つ。しばらくして、学校から支給されたマスクをして帰宅した息子。話を聞いたところ、クラスのうち4人が感染したらしい。6年生は8人が感染したとのこと。急いで息子の服を着替えさせ、手洗い・うがいに加えて、洗顔もさせました。うん、どうやら息子は大丈夫そう 

帰宅後、すぐに遊び始めた息子、久しぶりにパズルをやりたいというので、2人で20~30分ぐらいかけて100均で買った「バベルの塔」のパズルを完成させました(笑)

「ずっと下向いて(パズルを)やってたから、首が痛い~」という息子に、「夕べ、咳であまり眠れてなかったみたいだから、お昼寝すれば?」と促したところ、うん、眠いという息子、おやつを食べたらすぐに眠れるようにと布団を敷いてやり、さて、その間にちょっと買い物してくるか・・・・と、おやつを食べている息子に「行って来るね」と、留守番させて出掛けたのですが。

・・・約30分後、帰宅したのですが、お昼寝している息子を見て、「あれ・・・?」と気付きました。そう。汗っかきの息子が、全く汗をかかずに寝ている。これはおかしいぞ? 足の指先を触ってみる。・・・冷たい タオルケットを肩までしっかり掛けて(しかも3枚も!)寝ている息子の足の先が冷たい。これは、発熱のサインですね この時点では37度で、この後夕飯もしっかりと食べてくれたのですが、22時を回った頃にはすでに38度超になっていました

翌日、土曜日の午前中。病院で検査したところ、「インフルエンザA型」と判明しました。ここで、ブログのタイトルの一句「 我が家にも とうとう来たか 新型が 」ですね。またまた、リレンザにお世話になることになりました

昨日はそのまま38度台をキープしてて、夜中に39度8分まで上がりましたが、今朝は38度8分と、ピークは越えたようです。1月にもインフルエンザに感染しましたが、この時は吐き気と激しい頭痛がとても辛かったのですが、今回は頭痛も吐き気も大したことはなく、喉の痛みもないとのことで、1月に比べたら軽い症状のようです。鼻水と咳、熱がメインですね。あと、食欲不振。食べるたびに少し下痢もするようです。これだけ前回より症状が軽いとなると、これが新型??と疑いたくなるような感じです。前回が酷すぎましたからね。

とにかく今回は、子供に移されないようにしないと!ということで、家族全員、一日中マスクを装着、定期的に換気、室内はクレベリンゲルで空間除菌(これは1ヶ月以上続けてますが)を徹底しています。食事も息子とは別にしています。寝る場所も息子は隔離しておこうと別の部屋に布団を敷いたのですが、1人だと寂しいからと這い出してきて、結局は私の横に寝てしまってますが昼間は、隔離しています。どうか移されませんように!!

家でいくら予防しても、学校で移されては諦めるしかありません。早く新型インフルエンザが収束に向かってくれることを祈っています。みなさんも気を付けて下さいね。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon