Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

Archive: 2007年02月

No image

 近所の遊び仲間のこと

保育園入園を機に、場面緘黙症を発症してしまった私。それは、小学校へ入学しても変わることはありませんでした。学校へ行けば、授業中の必要な発言以外は言葉を発しない私でしたが、下校して学校から離れるにつれ、私は別の自分へと変わっていくのでした。私には、子供の頃から2つの世界がありました。それは学校などの集団の場をメインとした「静」の世界。もう一つは、自宅をメインとした「動」の世界。「静」の世界では、自分...

No image

 謎の腹痛

去年の11月頃、中学時代のお話を書いていたと思うのですが、ここのところ、小学校時代の話を立て続けに思い出してしまい、またまた小学校時代のお話になりますが、お許し下さいね。--*--*--*--*--*--あまりにも日常的なことになっていたので忘れていましたが、私が小学低学年だった頃、謎の腹痛がよくありました。それは決まって朝、学校へ行く準備をしていると起こり、学校を休んでテレビを見ていると、午前中...

No image

 K先生の思い出(4)

今までも何度か小学4年生の時に担任だったK先生のことをブログに書かせてもらいましたが、ここに来てまたK先生絡みの出来事を幾つか思い出しましたので、書かせてもらいますね。K先生とは、私が小学4年生の時の担任の先生です。女の先生で、教師になって初めての職場が私の通っていた小学校で、クラスを受け持つのももちろん初めてだったらしいです。(そんな様子は微塵も感じられなかったのですが。。。)では、はじまり、は...

No image

 「自分」が「出る」のは恥ずかしい

今回は、前回の記事に頂いたニミリさんからのコメントで思い出した、私自身の体験談(っていうか、思い出?)を書いてみたいと思います。--*--*--*--*--私が小学4年生だった頃の出来事です。冬休みの宿題で、なんでも良いので1人1作品、何かを作って提出すること、という宿題があったんですね。夏休み、冬休みともなると恒例の宿題なので、今回は何を作ろうかなあ・・・と考えていたのですが、たまたま家に空き箱...