*All archives* |  *Admin*

2006/12
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
良いお年を!!
朋花さん、野ウサギ。さん、のひめさん、小林さん、ゆきんこさん、ニミリさん、
それから、以前の記事にコメントを頂いた105さん、
優しい&嬉しいコメントをありがとうございました。

お一人ずつにコメントを返せず、申し訳ありませんm(__)m

現在、副鼻腔炎による頭痛や顔面痛、歯痛、目の奥の痛みは無くなり、
昨日辺りからはやっと鼻詰まりも解消されてきて、動けるようになってきました。
まだ膿っぽい鼻水はたまに出ますけど。。。

息子は見た目はとても元気なのですが、鼻詰まりが取れず、
どちらかというと、息子の方が私より今辛いのかもしれません。
けれど、最悪の状態から少し回復した状態で年末年始が迎えられそうで、
親子共々、ほっとしております。


思い返せば、今年はブログを始めたことで、いろんな方との出会いがありました。
また、個人的には、息子が幼稚園へ入園したことで、生活習慣ががらりと変わり、
新たな人間関係が一気に増え、精神的にも肉体的にも四苦八苦した感がありました。
これほどまでに人間関係が一気に広がった年は、今までにないかもしれません。
ママ友間のトラブルも経験しましたし・・・

私にとっては、出会いの一年でもあり、人間関係の修行の一年でもありました。
少しは鍛えられたかな??

こうしてブログを訪れて下さったみなさまには、心から感謝申し上げます。
頂いたコメントには、何度も元気づけられ、考えさせられました。

来年もまたマイペースにブログを続けていきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年をお迎え下さいね



☆ブログランキングに参加しています。
 何か感じましたら、ポチッとお願いします。 いつもありがとう!




お知らせ
私事ではございますが、現在、風邪をこじらせ副鼻腔炎になってしまい、
なかなかPCの前に座れない状態になっています。
(っていうか、家事すらおぼつかない感じです)

ちなみに、息子も1週間前に突然、中耳炎になってしまい、
以来、親子で耳鼻科へ通っています。
昨日も大雨の中、自転車で耳鼻科へ行って来ましたが、
親子共々、あまり具合は改善されていないようです(^_^;)

今日もこれから耳鼻科へ行って来ます。今年最後の診察です。
年末年始、大人しく過ごしたいと思いますので、
ブログへのコメントへのお返事は、遅れる可能性大です。
調子の良い時に少しずつお返事させていただきますね。

頂いたコメントは、布団に横になりながら
携帯電話からブログにアクセスしてチェックしておりますので、ご安心を(笑)

ということで、よろしくお願いします。
「孤独」


「1人でいること」には慣れたけど

「集団の中の1人でいること」には

何年経っても慣れなかった。



人間という生き物は

人間という生き物と関わって

共存しながら生きていくようにできているらしい。

漠然とそんなことを感じた。

数年後に結婚し、そのことを実感した。



誰にも会いたくなくて

誰にも会えなくて

1日の内に 一度も言葉を発しない日が続いた時

いっそのこと無人島へでも行ってしまおうか、とか

真剣に思った。

ベッドの上が 唯一の居場所だった。





・・・日記を読んで、そのころの気持ちがふと蘇った。





歩き方を忘れない内に

笑い方を忘れない内に

1人焦る。

続きを読む

テーマ : 詩&想い
ジャンル : 心と身体

「自分へ」
 

どんなに悩み事がなさそうな人でも悩みはある。

人は見掛けによらない。

ましてや悩みの度合いなど、比べようがない。

カタチがはっきり目に見えないから不安になる。

誰にでも不安はある。



悩みは聞いてやれるが、力にはなれない。

その答えは悩んでる本人にしか見えてこない。

医者にかかったとしても与えられるのは

一時しのぎの”クスリ”と”きっかけ”だけ。



癒してはならない。悩み抜かなければならない。

苦しいけど、悲しいけど、辛いけど、寂しいけれど、

自分で自分を見なくちゃ何も始まらない。



自分で自分をいじめろ。

自分がかわいいから逃げてしまうのだ。

苦痛から自分を逃がしてしまうのだ。

いい加減自分を知れ。



そして自分を知った時・・・

なにかが始まるような気がする。

まだなにも始まってはいない。。。

続きを読む

テーマ : 詩&想い
ジャンル : 心と身体

「意味不明」

「なんでそれぐらいのことができないの?」


・・・何度言われたことだろう。

ほんとに些細なことなのにそれができないってことの歯がゆさ、悔しさ。

他人からみたらほんとにくだらないこと。しかし、それができない自分。

自分でもわけがわからない。自分のことなのに自由が利かない。

だから、不自然な行動に出たりする。人目も気になる。



「何考えてるかわかんない」



・・・これも何度も言われた言葉。

当然だろう。自分も自分の意志に反した行動をしているのだから。

そういう行動にならざるを得ない。悲しいことに。

何も知らない人が私のことなどわかるはずがないのだ。

私自身、わからないのだから。



・・・・意味不明。

続きを読む

テーマ : 言葉
ジャンル : 心と身体

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 07/13:るい

  • 07/12:小林 一弘

  • 06/29:るい

  • 06/28:ケロ子

  • 06/28:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon