Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

Archive: 2006年08月

No image

 亀吉じいちゃんとの思い出

さて・・・前に記事を書いた時に思い出した、鶴山亀吉じいちゃん(仮名)との思い出話を書きたいと思います。・・・*・・・*・・・*・・・私が高校2年生の時の話です。私の通っていた高校では、2年生の時に修学旅行があるのですが、私も参加して行ってきたのでした。(ちなみに行き先は、大阪、京都、奈良でした)確か10月頃の修学旅行だったと思います。私は、母の実家にもお土産の箱菓子を買ってきたので、母経由で祖父母...

No image

 64の命

緘黙の体験談ではありませんが、先日急に思い出した出来事がありましたので、思い出として書かせてもらいますね。・・・*・・・*・・・*・・・私が小学5年生ぐらいの時のことです。国語の宿題で、「地元にまつわる昔話を探す」という宿題が出されました。昔話と言うことで、ずっと地元に住んでいる親やおじいちゃん、おばあちゃんに話を聞くというのが宿題の目的でもあったように思います。私も親に聞いて、昔話を書き留めたよ...

No image

 距離を置きたいと思う人はどんな人

おはようございます。連日、暑い日が続いていますね。今日は、またまた緘黙の体験談は少し置いといて・・・以前私のHPでも紹介したことがあるのですが、某HPで見かけた「距離を置きたいと思う人はどんな人」という質問のことを書きたいと思います。その質問に対しての回答がとてもストレートで、人間関係を築くのが苦手な私にとって、とても参考になるものだったので、この場を借りてご紹介したいと思います。・・・*・・・*...

No image

 先輩の命令

さて、久しぶりに緘黙の体験談に戻りたいと思います。・・・*・・・*・・・*・・・私が中学生の頃の話です。お昼の休み時間だったと思います。私が自分の席に戻ろうと、教室の中を歩いていると、教室の出入り口の所にいる人と目が合いました。その人は1学年上の先輩だったのですが、私と目が合うと手招きで”こっちへ来て”というしぐさをしたので、私は(なんだろう?)と思いつつ、先輩のところへ行ったのでした。私が近づくと...

No image

 『二度とない人生だから』

二度とない人生だから 一輪の花にも 無限の愛を そそいでゆこう 一羽の鳥の声にも 無心の耳を かたむけてゆこう 二度とない人生だから 一匹のこおろぎでも ふみころさないように こころしてゆこう どんなにかよろこぶことだろう 二度とない人生だから 一ぺんでも多く 便りをしよう  返事はかならず 書くことにしよう 二度とない人生だから まず一番身近な者たちに できるだけのことをしよう 貧しいけれど こころ豊かに...

No image

 Aちゃんのこと

子供達は夏休み真っ盛りですね。私が子供の頃は、夏休みと言えばラジオ体操。今回は、”ラジオ体操”で思い出したお話を書きたいと思います。(緘黙とは関係ないかも知れないですが)・・・*・・・*・・・*・・・小学生の頃、私には下校後に一緒に遊ぶ年下の近所の友達が数人いました。その中には、私ととても気の合う従妹のAちゃん(女の子)がいました。私より2つ年下だけど、家も近くて下校すると真っ先に会って遊んでいまし...