FC2ブログ

03月≪ 2021年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2006.01.10 (Tue)

私の電話恐怖症体験談 その2

これは、最初に就職した会社を辞め、転職先で発症した電話恐怖症の体験談です。私にとっては2回目の電話恐怖症体験になります。

------------

私は最初に就職した会社を約3年で辞めることになりました。電話恐怖症はかなり緩和していて、仕事も自分に向いていると感じていたのですが、女性が大半を占める職場だったこともあってか、どろどろした人間関係に疲れ、退職に至ったのでした。(このことは、機会があれば後日書きたいと思います)

テーマ : 視線恐怖症(自己・他者・脇見、対人恐怖) - ジャンル : 心と身体

20:55  |  恐怖症  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.10 (Tue)

私の電話恐怖症体験談

「電話が怖い」そう確信したのは、社会人になり働き始めるようになってからでした。 最初就職した会社では、とても忙しい係に配属され、電話が鳴っていても滅多に受話器を取れるような状況ではなく、同じフロアの別の係の方が電話の対応を引き受けてくれていました。周りからも「あそこの係は忙しいから」と暗黙の了解みたいなものもあったりして。仕事上、お客さんに直接電話することもありましたが、電話するまではとても緊張するものの、恐怖心までには至っていなかったと思います。「電話は苦手」ぐらいの認識でした。

テーマ : 視線恐怖症(自己・他者・脇見、対人恐怖) - ジャンル : 心と身体

20:46  |  恐怖症  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.10 (Tue)

私の視線恐怖症体験談

これは数年前に自分で気付いたのですが、外を歩いていて誰かと道ですれ違う時、 どこを見たらいいのかわからなくなるんですね。相手の方と目が合ったら変な人だと思われるのではないかという思いが強く、前方を見ることができなくなってしまいます。遙か遠くの方から誰かが歩いてくるのがわかると、 だいたいの距離を計算して、下を向き始めます。で、景色を見る演技(笑)などをしながら相手とのすれ違うタイミングをはかり、下を向いた状態ですれ違う。。そんな感じでしょうか。こういう場合、人混みが多ければほとんど気にならないのですが、空いている道だととても気になってしまいます。

テーマ : 視線恐怖症(自己・他者・脇見、対人恐怖) - ジャンル : 心と身体

20:41  |  恐怖症  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2006.01.10 (Tue)

恐怖症とは

恐怖症とは、特定の行為や状況に対して異常に恐怖を抱く神経症の症状のひとつです。 恐怖症ではない人にとっては些細な日常的なことであっても、恐怖症の人にとっては 日常生活に支障をきたすほどの出来事であったりします。あらゆることが恐怖の対象と なりうるため、数え上げればキリがありません。私が見掛けた症例を列記してみます。

テーマ : 視線恐怖症(自己・他者・脇見、対人恐怖) - ジャンル : 心と身体

20:38  |  恐怖症  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |