*All archives* |  *Admin*

2017/11
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
2学期中間テスト、文化祭、息子の笑顔
こんにちは。もうすぐ10月も終わりますね。息子が高校生になってもう半年が過ぎました。気を張っていたせいでしょうか、それとも充実していたせい?月日の流れがとっても早く感じます。ここ1ヶ月ほどの出来事を息子の様子を中心に書いていきますね。

9月から2学期が始まりましたが、今日現在まで無遅刻無欠席で頑張っております。10月に入ってからは久しぶりに風邪を引きまして(私も移されました(^_^;))、10日ほど酷いくしゃみ鼻水だったのですが、熱も出さずに完治。最近また少し鼻がぐずぐずしているようですが、薬を飲むほどでもなく元気にしております。小中学生の頃に比べてストレスが軽減したせいでしょうか、鼻炎も軽減し、体調不良が格段に減ってくれたのにはホッとしています。

そういえば9月には、義母の7回忌の法要も執り行いました。義父、主人、私、息子のたった4人だけの出席ですが。あれから6年が経ったんだな~としみじみ思いながら過ごしました。当時息子は9歳。お焼香の仕方も知らなくて、レクチャーしている時間も無かったものですから、葬儀の時には私と一緒に並び私の真似をするようにと言って二人並んでお焼香をしました。あれから6年。当然ながら1人でお焼香もできます。義母が亡くなってからのこの6年、息子は背も伸びて声変わりもし、中学生になって、高校生になって。受験も経験したし、いじめや不登校も乗り越えて。今の成長した姿を義母はどんなふうに見ているのかなと。喜んでくれていればいいのですが。

10月は、まず定期考査がありました。2学期の中間テストですね。これまた家で勉強している姿を殆ど見かけなかったものですから、今回は1学期より難しくなっているはずなのにどうなるんだろうと親の方がかなり心配していました。結果。やっぱりというか、全体的に1学期より低い点数を取ってきました。そしてそのうち1つが赤点。1学期は免れていた赤点をついに取ってしまいました。息子によると、学年全体の平均点が1学期より低く、息子が赤点を取った教科に限っては、クラスの平均点自体がすでに赤点だったとか(^_^;)・・・それって、先生の教え方の方に問題があるんじゃ??とも思いましたが、本人の努力が足りていないのも明らかでしたので、期末テストに向けて今から勉強をさせているところです。

そうそう、勉強といえば急ですが息子、今月いっぱいで塾を辞めることにしました。受験生じゃなくなった途端、塾の先生の指導が適当になったように感じたのと、塾でずっと教えてもらっているはずの数学の成績が全く上がらないことに対する不信感からですね。今回息子が赤点を取った教科も数学なんです。ということで、塾を辞めると決めた日から毎日、夜1時間~1時間半ぐらい主人が息子に数学を教えるようになりました。都合の良いことに、主人は数学が大の得意でして。今までは塾に通っているからと任せていたのですが、「俺が教えた方が早そうだ」と言い出して、仕事で疲れているだろうに頑張って教えています。

そして、主人が息子に教えるようになってわかったこと。それは、息子が基本的なところでつまずいていたということ。息子、おそらく小学生の時から数学の授業にほとんどついていけてなかったと思われます。それは私も中学まで息子の勉強を見ていて気付いていたのですが、主人はそのことにとてもショックを受けていました。息子は、表やグラフが苦手なんですね。縦の線、横の線が何を表しているのかが読めない。そもそも座標の意味がわからないとか序の口で。あと、基本的に分数とか割り算がよくわかってない。他には公式を使う計算があってもなぜその数字がそこに入るのかと考え込んでそこから前に進まないとか。なのでこの公式を使う理由とか成り立ちに納得しないと前へ進めないみたいなことになっていて、いちいちつまずいてしまう。

「とりあえず」というのが苦手みたいですね。必要以上に難しく考えてしまう。そして最悪なことに、一度覚えたことや教えられたことを翌日には殆ど忘れているという事実。ワーキングメモリが弱いですからね。。。それを目の当たりにした主人がショックを覚えるのもよくわかります。たぶん、息子の学習障害の症状に初めてまともに直面したんじゃないかと思います。こんな息子でも、好きな科目だけはテストで高得点を取ってくるので、「本当は出来るはず。」って思っちゃうんですよね。実際、今回の中間テストでも社会科(世界史)は高得点ゲットしてますし。その気持ちは良くわかるけど。そういうのって”好きなこと限定”で発揮されますから(^_^;) とはいえ高校を卒業するためには赤点を取らない方が良いに決まっているので、主人の気力体力が続く限り、パパ塾は開講してもらいたいと思っています。

それから10月といえば、文化祭がありました。テスト期間が終わってからたった10日ほどしか準備期間がなかったようですが、各クラスで企画の展示とかイベントがあったり、各部活動の発表があったり、雨続きの中で行われた文化祭でしたがそこそこ盛り上がっていたように思います。息子は自分が所属している部活で自分の作品を数点展示していました。なかなか良い作品でしたよ^^クラスの出し物では、あまり人数を必要としない出し物だったので、クラスの大半の子が暇そうに教室で雑談したりしていたのですが、その雑談組の中に息子もいました(笑) 私はPTAの広報委員として撮影のためデジカメで撮影をしながら校内をぐるぐる歩いていたのですが、息子のクラスにもそれとなく入りこんで、ただの広報委員の撮影ですよ~という振りをしながら息子の写真を撮ったりしていました。恥ずかしがると思ったのであえて息子には声も掛けず。けれども息子は私に気付いてそれとなくカメラ目線と笑顔で応えてくれたので、良い写真がいっぱい撮れました。

いったん息子の教室から離れてから1時間半後ぐらいにまた教室へ行き、こっそりと廊下から息子の隠し撮りをしたのですが、たまたま友達数人と一緒に大爆笑している息子の姿の撮影に成功し、大満足。しかもその笑い方が、家にいる時と全く同じ笑い方をしていて、高校生活を自然体で過ごせてるんだな、学校生活楽しそうだなというのが伝わってきて、そういう息子の姿を見られたのが今回の文化祭の何よりの収穫でした。

文化祭2日目には、中学卒業以来会っていなかった友達が一人、わざわざ事前に息子に連絡してまで来てくれて、小1時間ほど一緒に校内を回った後、帰ったそうです(過去のブログに何度か登場しているSくんです)。Sくんは息子の中学の友達の中で唯一、携帯をもっていなかったので連絡が取りにくい状態だったのですが、高校生になった今でもスマホをもっていないらしく、ライン交換しようと思っていた息子は「アイツらしい」と言って笑っていました。そうそう、ちょうど良い機会だったので、夏休みに出掛けた際に買っていたお土産を渡したそうです。せっかく買ったお土産、渡す機会が無さそうだと半ば諦めていましたが、先走って食べてしまわなくて良かったです(^_^;) 2日目は私は文化祭へ行かなかったのでSくんには会えませんでしたが、中学を卒業した今でも息子のことを友達として思ってくれていることがとても嬉しかったです。中学は3年間のうち半分ぐらいしか学校へ通えなかった息子ですが、こうして長く付き合える友達に恵まれたことは本当にありがたく感じました。

とりあえず息子の近況はこんな感じでしょうか。
2学期も無遅刻無欠席で過ごせると良いのですが。

近頃は、台風や秋雨前線のせいで雨の日が多くてほんとイヤになりますね。皆さんのところは台風被害の方は大丈夫でしょうか。急に寒くなって風邪など引かぬよう、お気をつけ下さいね。それから更新のない期間、訪問してくださった方々ありがとうございます。今後もマイペースで更新していきますのでよろしくお願いします。





テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

夏休み中の息子
前々回の記事に書いたように、今年の夏休みは(ある意味勉強そっちのけで)、意識して外へ出る(息子を外へ出す)ことを心掛けました。出不精の我が家にしては珍しく活発に行動したと思います。

高校へは自転車通学をしている息子。電車やバスに乗る機会が少ないため、都内の移動は電車やバスを意識して利用して出掛けました。息子と2人、都バスに乗って息子の趣味のモノを売っているお店へ初めて行ったり。電車に乗り、息子をカット専門店へ連れて行き、散髪させてみたり(生まれてからずっと家で散髪なので初体験)。電車に乗り、息子と2人で義母のお墓参りへ行ったり(2人だけで行くのは初)。

家族揃ってでは、息子の希望で電車で靖国神社へ。それから、これは車でしたが、息子の希望で神奈川県横須賀市にあります「記念艦 三笠」へも行きました。どちらも家族全員初めての場所でしたので、息子に限らず家族全員良い刺激になったように思います。

続きを読む

テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

期末考査、終わりました
ご無沙汰です。久しぶりの更新です。この間、ちょっと夏バテしてしまい、頭痛で倒れてたり、家の中の普段やらない物置部屋の掃除に目覚めたりしていました。前回の記事の最後の方に、「やりたいことを後回しにせず、やってみる」と書いたのですが、まさに物置部屋の掃除がそれ。粗大ゴミが結構出ましたし、思い切って捨てたものも多数。それから、ずっと見ないようにしていた、レシートの山にも着手。家計簿をサボっていた約3年半分のレシートが溜まりまくっていたものですから、今週に入ってからそれを片付けたりしておりました。滅多にしないことをしたものですから、昨夜は卵を抱えたゴキブリが登場し、大騒ぎとなりました(物置部屋の窓を数ヶ月ぶりに開けたのが原因かと、、、)。物置部屋の掃除と家計簿の整理。当分、格闘しそうです。

ということで、息子の近況を。先週、期末考査がありました。家では勉強をしている姿を殆ど見かけないものですから心配していたのですが、息子なりに意識はしていたようで、期末考査の直前に放課後に自由参加の補習が行われたようで、そこに自主的に参加する姿が見られました。テストの2日前になって、ようやく家の中でも少しだけ勉強する姿が見られるように。前回赤点ぎりぎりだった教科のテスト前日には、たまたま家にいた主人が付きっきりで夜遅くまで教えていましたが、ギリギリでの勉強ですから、どうなのかな~と思っていましたら。

返されたテスト結果は、前回赤点ギリギリだった教科が、まさかの90点越えでビックリΣ(゚□゚(゚□゚*)今回のテスト結果の中では最高点となりました。中間時より下がったのが2教科、横ばいが2教科、その他の教科の点が上がったため、全体的には中間考査を70点以上上回る結果に。息子は、「ちょっと本気出した」と言っていましたが、2,3日勉強しただけでこれだけ点が取れるんだったら、ちゃんと勉強したらもうちょっと点取れるのにもったいない!と言ってしまいました。競争心がないんですよね。一人っ子あるあるでしょうか?そういうところだけ、「ま、いっか」になってしまう傾向が。今まで、周りの子より成績が悪過ぎたので、諦めてたのもあるのかもしれません。けれども、高校生になってからは周りの子同士、友達同士でテストの点を教えあうみたいで。その中では、なぜか息子の点が他の子より2~5点ぐらい上みたいで、回りの子が「なんでお前(息子)を越せないんだよ~!!」と悔しがるのが面白いらしく、最近になって(他の子より点をとってやろう)という気が少しずつ芽生えてきたらしい。

テスト前に友達が「ここが苦手なんだよな」と言っていたら、その教科を教えてあげたり(!)、「ここは、これさえ分かってれば解けるやつだから、諦めんじゃねーぞ!」とか「一緒に卒業したいから頑張れよっ!」って言ったんだよ、なんていう話を聞き、主人と2人、耳を疑いました。息子が友達に勉強を教えてるとか、励ますとか、初めて聞きました。そんなところからも息子の成長が感じられ、嬉しく思いました。もうすでに1学期の成績を受けて、学年で3人ほど高校を退くハメになる子がいるようです。高校は義務教育じゃないですからね。息子の高校では留年制はとってないので、「評定1」を規定の数、取ってしまうと即刻アウトですΣ(゚д゚|||)

もうすぐ夏休み。この調子だと欠席ゼロで1学期は終えられそうです^^
猛暑続きですが、みなさん夏バテしないように気をつけて下さいね。


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児
ジャンル : 育児

三者面談ウィーク
「三者面談ウィーク」という言葉があるかどうかは別にして。たまたま先週、高校の三者面談と塾の三者面談があり、面談してきました。

まずは、高校の三者面談。私が体調を崩すことが予想されたため、主人に会社を早退して面談へ行ってもらうつもりでいたのですが、思ったより体調が良かったため私も行くことになり・・・ちょっと大げさですが四者面談となりました(^_^;)息子には、「は?パパだけの予定じゃなかったの?」と後から言われましたが、親としては入学式の日にチラ見しただけの担任がどんなヤツか知りたいじゃないですか。

で、どんな先生だったのかというと、30代男性、体育教師、この高校では初のクラス担任を任され、まだ初々しさが残っている感じ。話の流れでつい自分の高校時代の駄目っぷり(赤点を取りまくったとか)をベラベラと話し、保護者によっては(この担任で大丈夫かしら)と思われることもあるだろうに、そんなことは考えずに話してしまうあたりはとてもバカ正直な印象も受けましたが、そこはやっぱり体育教師、言葉の端々や態度から熱血で真っ直ぐな気持ち、真面目に生徒と向き合っている様子が感じられました。トータルで「なかなか癖があって面白そうな担任」(主人曰く)。

息子の学校での様子も、今のところ順調のようです。クラスの雰囲気もこれと言っていじめのようなトラブルも無く、最初はビックリするぐらい静かだったクラスでしたが、今はだいぶクラスの雰囲気も変わり、和んできているようです。そうそう、中間考査の成績表が渡されました。クラス順位、学年順位がはっきりしました。どちらも真ん中ぐらいですね。中学の授業を半分しか受けていないにしては健闘したのではないかと思っています。一番良かった順位だけ言うと、高得点だった世界史は、クラス順位1位になってて、思わず二度見しました。こういうのってテンション上がりますね。2週間後には期末考査が控えてますから、学年全体順位を真ん中から這い上がれるように頑張って欲しいものです。(相変わらず、家では勉強せず。。。)

次は、塾の三者面談。こちらは、主人と息子の2人で行ってもらいました。息子が中3へ進級する直前の中2の3月からお世話になっている塾。入塾してから1年3ヶ月が経つんですね。息子が休まずに高校へ通えてること、実習の授業を楽しみにしていることを伝えると、塾長からは「高校が合ってるみたいで良かったですね~」としみじみ言われたらしい。それから、息子が高校生になってからちょっと変わったとのこと。「明るくなった」とも言われたらしい。講師と楽しそうに雑談したりやり取りする様子が頻繁に見られるようになったとか。息子が塾へ通っている時間帯は生徒が少ないらしく、通常2~3人に対して講師が1人担当するのですが、4月ごろから1対1で教えてもらっているとのこと。なんかお得な感じになっていたようです(笑)実は、塾を辞めさせるという話も家でチラッと出ていたのですが、息子も塾では楽しそうに勉強しているみたいだし、1対1でお得だし、勉強の習慣もこのまま定着させたいしというところで、塾は続けることにしました。

そうそう。塾長も言っていた様に、息子は高校に入ってから随分と変わりました。それは、私も主人も感じていて、「ゴンは変わったよね。」と先日も会話したぐらい。どんなふうに変わったかというと、一言で言うと、すごくしっかりしてきました。よく気が回るようになりました。無駄な動きも減ってきたように思います。それは息子自身も実感として感じているらしく、「最近、頭の回転が良くなった気がする」「パッと思いつくんだよね」とか言っているぐらい。気のせいか、記憶力も良くなったような!?先日、学校で原子記号の記号と原子名を書くという小テストがあったらしいですが、中学の時は何度覚えようとしても数えるほどしか覚えられなかったのに、小テスト前にさらっと表を見ただけで37問中36問正解だったとか。びっくりです。息子の変化に伴い、顔つきも変わってきて、先日家族で出掛けた際、遠目で息子を見たら、いつの間にかどこからどう見ても高校生っていう雰囲気になっていてびっくりしました。主人も「いつの間にか高校生って感じになったなぁ」と言っていたので確かです。

ついこの間までは、わからないことは自分で調べもせず、とりあえず親に聞くというスタンスだった息子。自分で調べ物をすると手間取って必要以上に時間がかかることを知っているからこその行動だったのだと思うのだけれど、そのスタイルすら変わってきました。先日は、CDの音源をスマホに入れたいと思った息子。私に聞いてくるのかと思ったら、自分でネット検索して調べて、四苦八苦して1時間半ぐらいかかりましたがちゃんとCDの音源をスマホに入れることに成功。(今までだったら途中で諦めて「後でパパに聞けばいいいや」とか言い出していたと思われます) この間も、主人の実家へ行った時に、義父から古い振り子式の掛け時計を譲り受け、壊れてるから直すといってネット検索で振り子時計の構造を調べて、時計として使えるところまで直してましたし。っていうか、不器用だったはずなのに少し器用にもなってきてる??

といった風に、息子が変わりました。いや、今も変わっている途中なのかも。学校の雰囲気が、授業の内容が、出会ったクラスメイトが、息子に新しい刺激を与え、それが良い方向へ動いてくれたのではと思っています。きっと、進学した高校が息子に向いていたんでしょう。好きなことを学校で学べるって大事なんですね。「学校楽しいか?」って聞かれて「楽しいよぉ!」って本気で答えている息子を見られる日が来るとは思いませんでした。悩みまくって大変だったけれど、しっかり高校を選んで良かった、と思います。偏差値だけで高校を決めちゃ駄目ですよ、受験生の皆さん。

とはいえ、授業が難しくなってきたら息子の様子もまた変わるかもしれませんが(^_^;)とりあえず、現状では順調という事でこの記事は〆させてもらいます。



テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

息子の近況(中間テスト・体育祭)
今日は、息子の近況を書いてみようかと思います。今になって思うのですが、息子にとってラインはとっても重要なツールだったようです。ラインをやり始めて2週間ほどは、親友の2人としか繋がっていなかった息子ですが、前回の記事をUPした直後ぐらいに、同じ中学出身の同じクラスの子とライン交換しまして、それをキッカケにクラスのグループに招待されたりと少しずつ進展が。以前よりは話すようになったとはいえ、自分から積極的に話しかけるタイプではない息子なので、高校で新たな友達はどうなのよ?と密かに思っていたんですが、ある日、同じクラスの子(Yくんとします)に話しかけられてちょっと会話する機会があったらしく、また別の日になりますが、今度は息子の方からYくんに話しかけて話をしたことがキッカケで、Yくんとはちょこちょこ会話するようになったらしい。その後「ついにYくんとライン交換した!」と息子から嬉しそうに報告がありました。Yくんと息子がライン交換しているところに通りかかった同じクラスの子にも、「オレとも交換してよ」と言われたりして、ちょっとしたきっかけでライン上の友達は短期間で結構増えたようです。

続きを読む

テーマ : 不登校
ジャンル : 学校・教育

訪問ありがとうございます☆
online☆
現在の閲覧者数:
最新の記事☆
最近のコメント☆
  • 10/27:るい

  • 10/26:小林 一弘

  • 10/13:るい

  • 10/06:小林 一弘

  • 10/06:るい

ブログ・ランキング☆
いつもありがとうございます♪





プロフィール☆

るい

Author:るい
場面緘黙・複数の恐怖症・吃音などの経験を持つ主婦。タイトル下の文にある「中間族」とは、自己診断で場面緘黙・恐怖症と知りつつも治療を受けるほどではなく、かといって世の中を上手く渡れない、そんな中間の立場で生活している自分を例えた言葉。知らない場所・空間の中にいるのが苦手。人や環境に慣れるまでに時間が掛かり、その間は会話がなかなか成立しない為、第一印象で「大人しい・根暗・変な人」と思われがち。基本的に面白いこと大好きな明るい性格。慣れればよく喋りますが、文字の方が自分を出せてる気がします。喋るより書く方が好き。

★息子(ゴン)の紹介・・・今春から高1の15歳。運動苦手・勉強苦手・生真面目・大人しいという性格上、未就学児の頃から小学卒業まで嫌がらせなどのトラブル多数。小5、小6の2年間、学級・学年崩壊を経験。嫌がらせ・いじめ・暴力による怪我やトラブルが日常的に。クラスが落ち着き始めた頃、元友達からのストーカー行為により、ストレス性胃炎での遅刻、欠席が頻繁に。区域外の中学で心機一転、すぐに友達も出来、順調に思えた中1の5月、左足不随をきっかけに不登校に(後に心身症と判明)。同7月、WISC-IVでLDと判明。発達性協調運動障害の傾向も。約1年間の通院・カウンセリングを経て徐々に登校日数が増え、中3は欠席ゼロで中学を卒業。推薦入試で第一志望の高校合格をゲット。現在は元気に通学中。

☆来訪された皆様へ☆
当ブログはリンクフリーです。報告していただけると大変喜びます。★家族に内緒で開設しているため、家族が家にいる日は基本的に記事更新・コメントへの返信がほとんど出来ませんのでご理解ください。★当ブログ内の文章・画像などは無断で使用されないようお願いします。★宣伝やネットマナーに反するもの、私の嫌いな言葉遣いのコメントは管理人の権限で予告なく削除となりますのでご理解ください。
カテゴリー☆
緘黙仲間&お友達☆
月別アーカイブ☆
ブログ内検索できます☆
amazon