FC2ブログ

03月≪ 2021年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2019.01.30 (Wed)

知らなかった、息子の過呼吸。

我が家では、普段から気になるテレビ番組は録画予約しまくりまして、リアルタイムというよりは断然、録画した番組を後から観ることが多いです。それはCMや興味ない場面をスキップできて、時間を有効に使えるっていうのが一番の大きな理由かなと思います。夜遅い番組や朝早い番組なんかは、録画していた方が時間に振り回されずに済むので断然楽ですしね。

先日録画しておいた「ザ!世界仰天ニュース」を観ました。1月22日放送の回です。緊張した場面になると笑いが止まらない恐怖症、食べるのが遅いことを気にする恐怖症、おならが止まらないことで苦しむ女性などを放送していました。結果から言いますと、笑いが止まらない恐怖は、「失笑恐怖症」、食べるスピードを気にしすぎるのは「会食恐怖症」、おならが止まらない苦しみは「過敏性腸症候群」を発症しているとのことでした。

同じ症状ではないにしろ恐怖症は私も経験ありますので、テレビとはいえ苦しそうな様子を観るのはちょっと辛いものがありました。私も誰かと会食する時は、慣れない場所での食事で緊張してるのか食べるスピードが遅くなる傾向があるので、相手のお皿の上の残りをチェックしながら食べる癖があります。その辺は会食恐怖症の方と同じでしょうか。相手を待たせたら悪いなって思うんですよね。ただ私の場合、相手にもよりますが「もうちょっとゆっくり食べてよ~」とか「食べるの遅いけど気にしないで~」とか言ってしまう人なので、重症化せずに済んでいるんだと思います。

おならが止まらなくて苦しんだ経験はないのですが・・・思い返せば高校生の頃、一時期、授業中とかテスト中の静かな時間帯に限って、減ってもいないのにお腹が鳴って困った時期はありましたね。あれは何だったのかな?便秘や下痢だった記憶はないので、ストレスが原因の過敏性腸症候群だったのかな。番組で紹介されていた方は、過敏性腸症候群に加え、呑気症も合わせて発症していたようです。いずれにしても、ストレスが絡んでいる症状には違いはなさそうです。ストレスは万病のもとですね。

上記の番組を私が観ていた時に、同じ部屋に息子もいたのですが、「あ~!観てるとこっちまで苦しくなってくる」と言い、耳を塞ぎ、目を反らしたりしだしました。感覚過敏持ちで感受性の強い息子、テレビを観ている時に時々やってます。感情が大きく揺さぶられそうな時、耐えられない音や光に遭遇した時など、目と耳をシャットダウンして防御の姿勢ですね。こういう姿、小さいころから変わりません。息子に言わせると、小さい頃は掃除機の音が道路工事現場でアスファルトを壊している時のすぐ脇を通った時のような爆音に聞こえていたらしく、今はその時よりは耐えられるレベルになったと言っていますので、症状としては多少は軽減されているようです(小さい頃は掃除機を使い始めると、隣の部屋へ走って逃げて行ってました。今は逃げません(笑))。

前置きが長くなりました。この番組を見て息子が思い出したことがあったようで、今まで知らなかったことを話し出しました。「そういえば小学校へ行ってた頃、学校にいると息が苦しくなった時があったなあ。今思えば、過呼吸かも。」と。びっくりして詳しく聞いてみました。症状があったのは、小学校入学してすぐぐらいから、小6の半ばぐらいまでで、学校の中にいる間だけ。家では起こらない。どういうタイミングかわからないけれど、急に息が苦しくなり、息を吸わなきゃ、吸わなきゃ、と焦って胸をさすったりしてしばらくすると治ってという感じだったらしい。それが小学校時代の日常でほぼ毎日あった、とのこと。幼稚園の時や不登校だった中学の時には無かったらしい。

症状が無くなったのが小6半ばとのこと。振り返ればそうか、たぶんあの時がきっかけになって徐々に落ち着いたんだねって思い当たる。そう、それはたぶん「ストーカー問題」かなと。詳しく知りたい方は、下記のリンク先をご覧ください。

2013.05.10 昨日の友は、今日の敵・・・

2013.05.13 「体重の減らない不調は、体の不調じゃない」

2013.06.13 元友達のストーカー問題、完結。

上記の出来事を経て、自分の気持ちを相手に伝えることの重要性を身に染みて学んだ息子。自分の気持ちを少しずつ外へ出せるようになっていったと同時に、過呼吸の症状は無くなっていったんじゃないかなと思われます。改めて、この時の経験が息子に与えた影響の大きさを感じたのでした。つらい経験と引き換えに、得たものは大きかったと思います。

息子に執着していたIくんですが、結構早い段階で息子たちに対してやっていたことが学年内に周知され孤立し、小学校の卒業時には友達はいませんでしたし、中学からは別々でしたので現在の状況はわかりません。Iくんもまた、この経験からなにかを得て成長してくれていることを祈るばかりです。

応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

09:58  |  息子の小学時代  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.06.13 (Thu)

元友達のストーカー問題、完結。

さて・・・久しぶりの更新です。前回の記事から1ヶ月が経ってしまいましたが、前回の記事の続きを書きたいと思います。元友達からのストーカー被害を受けている息子のその後の話です。

前回の記事の後も、息子の「なんとなく体調が悪い」という状態は続いていました。特に、朝の登校時間帯ですね。でも、今までよりは症状も軽く、週に1回(主に月曜日)の遅刻で済んでいます。

実は、約3週間ほど前から、朝、お友達が家に寄ってくれるようになりました。最初は、先生がお友達にお願いしたのかと思っていたのですが、息子が聞いてみたらそうではなくて、「そういえば、ゴンと一緒に登校したことなかったな、と思って。」という理由だったとか。でも、そのおかげで朝、息子がちょっと体調が優れないな・・・と言いつつも友達が来てくれたからと、気分を切り替えて登校することができ、私も息子も、お友達には感謝の気持ちでいっぱいです。(3週間経った今でも、週に3~4回は朝、寄ってくれてます)

テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

14:06  |  息子の小学時代  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.13 (Mon)

「体重の減らない不調は、体の不調じゃない」

前回の記事「昨日の友は、今日の敵・・・」の続きになります。

息子がIくんとケンカしたことがきっかけで、息子から改めてIくんとの関係を聞き出し、Iくんが異常なまでのストーカーになっていたことを知った私。びっくりしましたが、息子は以前の息子と違って、やられっ放しのままではなくて随所でやり返したり、言い返せてるし、さすがにずっと「来るな」などと言われ続けてたらIくんも息子のことを諦めるのでは?もう少し様子を見てもいいかなと私は思っていました。

前回の記事で書き忘れていましたが、Iくんと息子がケンカした際、学校で先生は息子からケンカの経緯など、Iくんとのことをいろいろ聞いたようで、息子は思いつくまま、すべて話したそうです。嘘を付かれた話、意地悪された話などなど。先生がその話をIくんの母親に伝えたところ、そういう事実を全く把握してなかったようで、びっくりしていたようです。

そんな中で迎えた、ゴールデン・ウィーク。前回の記事「息子が倒れてます。。。」で書いたように、息子は体調を崩してしまいました。4月に入ってひどい風邪を引いていたので、それがまだ完治してなくて尾を引いていたのかも?新学期で疲れ気味だったから?外食でちょっと食べ過ぎたから?などと思っていました。

激しい胃痛に吐き気。歩くことも出来ないほどの症状。でもそれは、朝の数時間がピークで、お昼過ぎごろにはほぼ回復していることが多く、食欲もあり、体が大きく揺られるような動きさえしなければ、至って普通の様子だったので、G・W中にしっかりと休めば、治るだろうと思っていました。

テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

10:31  |  息子の小学時代  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2013.05.10 (Fri)

昨日の友は、今日の敵・・・

ちょっとまた息子のことでいろいろあり、落ち着かない感じですが、以前の記事「息子が、だんだん強くなる・・・」で前振りをしていたこととも関係ありますので、記事の続きを書きたいと思います。

-----------------------------------------

それは、4月24日のこと。

下校してきた息子が開口一番、「ママ、メガネ屋に行かなくちゃ。」と。「なんで~?」と振り返ると、自分のメガネを私に差し出す息子。息子のメガネは、鼻あて部分が両方ともぺちゃんこに潰れており、息子の顔にはメガネを強く顔に押し付けられた時に傷がついたらしく、目の近くに血が出た跡と、殴られて唇が切れた跡。そして、メガネのフレームに沿って、軽く目の周りにアザが付いていました。

びっくりして、「どうしたの、これ!?」というと、Iくんと遊んでいたら、途中からケンカみたいになった、とのこと。詳しく話を聞いたら、こういうことでした。

学校の休み時間、Iくんがしつこく「戦いごっこをやろう」と息子にまとわりついてくるので、やりたくはなかったけれど、付き合ってやることに。何度かお互いに軽いパンチなどをやり合っていたらしいのですが、息子のパンチに対してIくんが突然、「いてぇ!お前、本気でやってんじゃねえよ!」と怒り出し、息子が後ろにひっくり返るほど強く突き飛ばしてきたとのこと。息子は軽くパンチしていただけだったので、「別に本気じゃないし。」と言い返したところ、Iくんは「痛かったから、1回叩かせろ」と言いだし、息子は仕方なくそれに同意したのですが、Iくんはここぞとばかりに約束の1回ではなく3回も、しかも息子の顔をめがけて、メガネの鼻あてが潰れるほどの力で攻撃してきたらしい。

1回という約束を破った上に、大事にしていたメガネを壊された息子はさすがにキレて、「やりすぎなんだよ!!」とIくんを押し倒し、殴ったり蹴ったりとケンカに発展、誰も止めに入れないぐらいの大騒ぎになってしまったようです。(息子のほうが強かったらしく、Iくんは廊下に転がったまま起き上がれず、ケンカの経緯を知らない周りには息子が一方的に攻撃しているように見えたようです)

これを教室前の廊下でやったらしいのですが、廊下を通りかかった子は避けながら逃げるように小走りで通り、教室から出ようと思っていた子は、また教室に引き返すほどすごかったらしい。たまたまこの気配に気付いた図書室の先生が慌てて担任の先生を呼びに教室へ飛び込んできたらしいのですが・・・

テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

16:04  |  息子の小学時代  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |