FC2ブログ

03月≪ 2021年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017.03.30 (Thu)

中学最後の撮り鉄の旅

「高校の入学説明会」に書いていた息子の発熱ですが、病院へ行った所、心配していたインフルではなく、ただの風邪だったようです。急に症状が出てきたあたり、インフルにそっくりだったのですが。2日間で解熱した後は、大量の鼻水、痰、咳と戦いながら、だいぶ回復しているところです。

そして、息子とは逆に体調を崩しているのが私σ(・∀・) 実はおとといの夕飯後から微妙に喉が痛くなり、「いつもは残すのに、エビチリの海老の尻尾を食べちゃったからかな?」なんて思っていましたら、昨日の朝、喉が激痛。そして37度台の微熱。完全に息子から風邪を移されました(^_^;)昨日はだるくて1日寝ていたのですが、今日は喉の痛みも軽減し、まだ微熱はありますが薬が効いて頭痛も治まってますので、買い物へ出たり少しずつ動けてます。っていうか、動かざるを得なかったのですが。

というのも、今日は息子が友達と出掛ける計画を立てていまして、朝早くに最寄り駅に集合とのことで、息子も私も朝4時起き。簡単に朝食を食べさせ、偏食で出先の食事に困る可能性があるので保険としておにぎりを持たせて。息子は5時過ぎに出掛けて行きました。ちなみに、風邪は完治してません。「そんな体調で大丈夫なの?」と何度も確認しましたが、「大丈夫!」と。病は気からですね。自分の体調は自分で管理してもらうことにしました。まだ微妙に鼻水と痰が出るので、リュックにポケットティッシュをこれでもか!!というほど詰め込んでいきました。友達5人と電車とバスを乗り継いで群馬県の某所へ行くんだそうです。鉄道好きが行くところですね(笑)今頃、楽しく過ごしているといいのですが。

今回もそうですが、息子は中学生になってから鉄道好きな友達の影響で随分といろんなところへ出掛ける機会がありました。いわゆる撮り鉄の旅?自転車で隣の区の方まであちこち走り回ったり、今回のように事前に計画を立てて朝から電車で出掛けることも数回。ほとんど親としか出掛けたことがなかった息子にとっては、親と離れて行動する良い機会になったなと思います。

というのも息子は、私に対して「分離不安障害」の傾向が強く、低学年の頃は特に1人で留守番を任せるのも難しかったり、歩いて3分ほどの近所の公共施設へ1人で行くこともできなかったり、親から離れて行動することに異常なまでに不安のある子でした。高学年になるにつれ少しずつ軽減はされてきてはいましたが、自転車で10分の習い事の場所まで初めて1人で行けたのが小6になってからだったり、とにかく不安の強い子でした。きっと、周りの状況を把握することが苦手で、不安が強かったのかなと今になっては思います。小学校への入学時は、先生方も手取り足取り丁寧に様子をみてくれますが、中学ともなるとそうもいきませんし、不安だらけだったのも不登校の要因になったのかもしれません。

話は反れましたが。上記の撮り鉄の旅は、息子にとってはきっと新しいことだらけで不安の連続だったとは思いますが、友達の存在のおかげで「親がいなくてもなんとかなる」の経験をたくさん積むことができ、息子の成長に大きな影響を与えてくれたように思います。実は、息子が初めて自動販売機でジュースを購入したのも、中1の時、撮り鉄で出掛けた先でのことでした。それまでは、親としか出掛けていなかったので、水筒を持参していたり、親がまとめて購入してしまったりで自分で購入する機会が無かったみたいなんです。(息子に言われて”そういえばそうかも”と気付きました) その日、息子が帰宅して「1人で自販機でジュース買った!!初めて買った!!」と興奮して教えてくれたことを未だに覚えています。私にとっても衝撃的でしたので。

この「初の自販機」の経験が、(そういえば、身近なことで息子にやらせたことのないものが他にもありそうだな)と見直すきっかけとなりました。家の中では、電子レンジで温める、ガスに火をつける、野菜を切る・炒める、インスタントラーメンを作る、ゴミを集積所に出す、掃除機を使って掃除など。キッチンでの作業は、まだまだおっかなびっくりでやってますが。家の外では、1人でバスに乗る、1人で病院へ行く、1人で歯医者へ行く、1人でメガネ屋へ行く、1人でコンビニで買い物をする、電子マネーで買い物をする、1人で電車に乗る(短い区間)、ファミレスで注文など。息子が一人で出来ることが増え、以前に比べて私も楽になりました。この中でも料理はできるようになって欲しいと思っていて、自分の好物ぐらいは自分で作れるようにと思っているのですが、息子は先端恐怖症でして、包丁が苦手。向かい合って勉強を教えていても、私の持っているペンの先が自分の方に向いてるとわざわざ横向きに直してくるぐらい苦手。そんな息子が成人するまでに、どれだけ経験させて教えてやれるでしょうか。。。(; ̄ー ̄A

息子が久しぶりに撮り鉄の旅に出掛けた今日、いろんなことを思い出して、いろんなことを思ったのでした。。。

そういえば明日で3月が終わりますので、「息子の中学時代」のカテゴリ更新も、たぶん今回で最後です。新しくカテゴリを作らないとですね。



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 不登校 - ジャンル : 学校・教育

16:11  |  息子の中学時代  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.27 (Mon)

私と主人の宝物

先日、「中学卒業しました」 という息子が中学を卒業したという記事の中で、卒業生から先生に対してサプライズがあったということを書きました。実は、卒業生からのサプライズは、保護者にもありました。それは何かというと、子供からの手紙。

卒業式に参加する際に受付に寄るのですが、その時に受付の担当者から息子が書いた手紙を渡されました。綺麗な封筒に入った手紙。とっさに(これはヤバイやつだな)と察してその場では読まなかったんですよね。その場で読んだら、十中八九泣いてしまうと思ったので。

卒業式の2日後かな、部屋を片付けている時に(そういえば息子から手紙を貰ってたな)と思い出しまして、息子がいない時に読んでみたんですね。さらっと読むつもりで開いたのですが、油断してました。ヤバイ。本当にヤバイ手紙でした。読み終えてすぐ、近くに主人がいたので、「ちょっとこれ、ゴンからの手紙!」と渡し、私はその場から逃げるように片付けの続きをやりだしました。主人もさっと読んで「へえ~」と手紙を投げるように私に返してきて、すぐに別の作業をしだしたのでした。

・・・これは完全に息子にやられました。たぶん主人も泣かされましたね。(/_<) ナケルネェ 作文やちょっとしたコメントなど、とにかく自分の気持ちを言葉や文字に置き換えて文章にすることがものすごく苦手な息子。過去の息子の作文の9割は私の助言や手伝いがあって無理やり書き上げていたといっても過言ではありません。そんな息子が、1人でこの手紙を書き上げたというのがまた、嬉しくて。

息子の作文や文章を今まで何度も読んできましたが、その中で一番息子らしさが詰まっている文章でした。こういう飾らない、息子の素のままの文章を初めて読みました。「ゴンもこういう文章を書けるんだ~。」主人がポロッと漏らした言葉。ほんとにそう。私だって知らなかったよ。今後、息子からこういう手紙をまた貰えるかどうかわからないので(笑)、この手紙は、私と主人の宝物となりました。

両親へ

ほとんどのことは家で話しているけれど手紙を書けということなので一応書きます。

中学に入ってすぐ、学校に行けなくなったときの心配してる気持ちとあせっている気持ちはよーく伝わってきたけれど、その気持ちに答えることができず、とてもくやしくてしょうがなかった。顔に表情が出にくいので何も考えてねーなと思ったかもしれないけど自分の中ではよく考えていました。

今では、一年間欠席なしで学校に行っているのでだいぶ気が楽になったのかなと思います。

文の流れがおかしい、いいまわしが違うだろと思うかもしれないけれどごりょうしょうください。(漢字も書けないけれど)

今日は忙しい中、卒業式に来てくれてありがとう。そしてこれからもお願いします。

(原文のまま)





☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 不登校 - ジャンル : 学校・教育

11:41  |  息子の中学時代  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.23 (Thu)

高校の入学説明会

本日は、高校の入学説明会に参加してきました。保護者も必ず出席するようにとのことでしたので、息子と2人で参加。初めて新入生全員集合することになりますので、どんな感じかなと思ったら、体育館の3分の2ぐらいが新入生と保護者で埋まるぐらいの人数でした。受付の横には、クラスの名簿が張り出されていて、そこで初めてクラスメイトを知ることになりました。なんかドキドキしますね。新入生の数は、息子が中学の時の学年全体の約2倍になります。息子の学生生活史上、最多の人数。この中に息子と気の合う子が一人でもいるといいな、と思いながら眺めてました。

説明会では、いろんな書類や学校の資料の入った封筒を渡され、校則やらなにやら細かな説明などがありました。時間にして1時間程度で終わりました。が、その間、息子は鼻水が止まらず、持参した箱のティッシュを抱えてずっと鼻をかんでました(^_^;)実はおとといの夜ぐらいから、「なんだか微妙に喉が痛い・・・」と言っていて。それで昨日、午前中は塾があったのですが、その後から「喉が激痛、鼻水MAX」の状態に。熱はないし、天気予報で花粉の量がすごいって言ってたからアレルギーなんじゃないの?なんて言っていて。今日はアレルギーの薬と痛み止めの薬を飲んで説明会に参加していたわけです。

それにしても、やけに鼻水が凄いな~と思ってはいたんですよね。高校から帰宅して1時間後ぐらいから急にだるそうな様子になり、緊張で疲れたのかもと思い、お昼寝させていたんですが・・・どうにも寝顔がやけに赤いなと思ったら、発熱してました。38度越え(//・_・//)熱ある .... 明日、病院へ連れて行きますが、この急な発熱、たぶんインフルですよね・・・。

まあ、熱が出たのが中学卒業後で良かったです。学校を休まなくて済みますから。卒業式が終わってからの2日間、友達と一緒にカラオケ行ったりして遊んでたんですよね。発病から逆算するに・・・ちょうど”その時”に感染したかなと思われます∑(゚Д゚; )アラマッ  息子曰く「そういえばアイツら、鼻をぐずぐずさせて『ちょっと喉痛い』って言いながら歌いまくってたなあ」だって。そんな空間に約5時間も一緒にいたら移りますよね、そりゃ(^_^;)今頃、みんな熱出してるかも?

本日、高校から「春休み中の課題」も出されましたし、塾の春期講習はありますし、やることいっぱい。息子よ、早く治ってくれ~( ̄人 ̄)



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

23:21  |  息子の中学時代  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.21 (Tue)

中学卒業しました

ブログ更新がちょっと遅れてしまいましたね。先週金曜の卒業式、土日祝日と連日家族が家にいたからというのもありますが、卒業式の疲れと貧血の症状がちょうど重なり少し寝込んだり、回復後は久しぶりに家族で出掛けたりしていて、更新が遅れました。

報告が遅れましたが、3月17日(金)、息子は無事に中学校を卒業することができました。式には主人も出席し、夫婦でそれぞれカメラを構え、たくさん写真や動画を撮ってきました。息子は名前を呼ばれるとしっかり返事をして壇上に上がり、堂々と卒業証書を受け取ることができました。驚いたのは、式辞を読んでいる最中に校長が泣き出したこと。その後に式辞を読んだPTA会長も途中で危うく泣き出しそうになり(こちらは寸前で立ち直りましたが)、息子達の学年はここ数年の中でとても良い学年らしいとは噂で聞いてはいたのですが、噂は本当だったんだと感じられた出来事でした。

校長が泣き出すなんて、きっと来賓の皆様もビックリされたことでしょう。保護者の私もびっくりしたぐらいですから。校長(男の先生です)は、息子たちが入学するのと同じタイミングで赴任してこられ、息子達の学年の宿泊行事、校外学習行事などには3年間常に引率していましたから、きっと担任と同じぐらいこの学年に思い入れがあり、そして卒業生一人ひとりの顔と名前を覚えていてくださっていたんだろうなと感じました。

こういっては失礼ですが、式辞とか祝辞って、ダラダラ話が長くて早く終わらないかなと思ったり、カメラを構える保護者にとっては休憩タイムだったりするじゃないですか。(←本当に失礼ですが(^_^;))校長が泣き出すとは思っていなかったので、慌てて途中からカメラで撮影したりしました。校長の式辞の内容も、実際にその時にその場にいなければ分からない卒業生の今までの姿を織り込んだ内容で、ああそんなこともあったねと聞いていた保護者席からクスクスと笑い声が漏れたりするような内容で、校長の式辞を最初から撮影しなかったことをとても後悔させられました。こんなことってあるんですね。PTA会長の式辞も、手元の堅苦しい式辞を読む前に、卒業生に対する個人的な思いを最初に語るなど、一緒に3年間過ごしてきたという思いの伝わるものでした。(PTA会長は卒業生の保護者(父)でもあります)

在校生からの送る言葉も卒業生からの別れの言葉も聞き入ってしまう内容でした。そして在校生、卒業生、全校生徒、それぞれの合唱。式の最後、卒業生が退場する直前には、卒業生が全員立ち上がって担任の先生方の方を向き、「ありがとうございました!!」と大きな声で感謝を述べるというサプライズまであり、最初から最後まで感動の卒業式でした。3学年の先生方、今にも泣き出しそうになっていました。

息子のクラスの最後のホームルームも見ることがでたのですが、担任の先生、男泣きしてました。最初で最後の学級通信だと言って配られたプリントには、担任の本音として「良い学年にあたって手放したくないくらいだ」との一文も書かれていました。3年間、同じ学年の担任を受け持ち、卒業まで見守ることができたのは今回が3度目、これが最後かもとも書かれていました。担任の先生も様々な思いを抱えて卒業生を送り出しているんですね。

個人的に、担任には親子で本当にお世話になりました。中2、中3と息子を見ていただき、中2の時の約1年間は、週平均2~3回は朝、電話をしていました。「吐き気があるようで・・・」「今日は頭痛が・・・」「朝から腹痛があるようで・・・」だんだん回復の兆しが見えてきた頃には「どこが悪いというわけではないようなのですが、なんとなくモヤモヤするらしくて・・・」朝の忙しい時間帯にそんな内容の電話をかけても、担任は「大丈夫ですよ、お母さん!」「ゴンのタイミングで構わないので、来られそうな時だけ送り出してやってください」といつも言って下さって。いつでも息子の気持ちを最優先して対応してくださった担任の先生には、ただただ感謝しかありません。

在校生の花道を通り、見送られながら校舎から校門外へ出た卒業生たち、その後は自然発生的に校門前で記念撮影大会!!Σ【◎】ω ̄*)パシャッ 息子も、担任、副担任、3学年の先生達と一緒に写真を撮ることができました。あとは、いつものメンバーの友達とのショットも。折角だから同級生の子たちとも一緒に撮れたらいいなと思っていたら、どこからともなくやってきた同じクラスの男子集団が「お!ゴン!ゴンと写真撮るぞ~!!」とお願いしていないにも関わらず集まってくれたので、集団で肩を組んだ写真も撮ることができて感動(*ノ∀`*) なんで”感動”かというと、今までは友達と一緒に撮ったとしても大人しく整列して並んだ写真しか撮れなかったので、密かに肩組んで写真っていうのに憧れてたんですよね、私がσ(・ω・*) なんか、”ザ・青春!”って感じじゃないですか~(笑)やっとそういう写真が撮れたか~と感動していたら、その後も息子はとっかえひっかえ別の男子に捕まって、肩を組んだ集合写真を何枚も撮ることができました。え?これ、うちの子ですよね?小学校の卒業時の印象しか無かったので、目の前に起きている状況に親がビックリ。ありがたいことに一部の女子からも「ゴンくん、写真撮ろう~!」と声を掛けてもらい、息子は友達の男子と一緒に女子のスマホに写りこんでいました。(その様子を横からこっそり私も撮っちゃいました)つい1年前までほとんど学校に来られなかった息子と写真を撮りたいという子がこんなにいるなんて!変な先入観や差別することなく息子を受け入れてくれたクラスメイト達に、この学年の子達にとても感動しました。

そしてこの日をもって、ずっと付き合ってきた友達Kくんと同じ学校へ通うのは終わり。高校は別々になってしまうから。幼稚園の年中さんの時からのお付き合いなので、かれこれ11年の長きに渡って親子でお付き合いさせてもらいました。ママ友の少ない私にとっては、気軽に声を掛けておしゃべりできる貴重な相手でもありました。同じ地域に住んではいるものの、まだ手のかかるお子さんを抱えているので、当然ながら今は下の子のママ友との付き合いが濃いみたいで、ここ数年は顔を合わせる機会もほとんど無く、年に数回メールでやりとりするぐらいだったのだけれど、卒業式の前日にはKくんのママから久しぶりにメールが来て「一緒に写真撮ろうね」「今までありがとね」なんてやり取りをして、ああ、これで学校で顔を合わせることもなくなるんだなと寂しくなったりしました。子供同士が友達なので、卒業と同時に縁が切れることはないでしょうけれども、息子の中学卒業がいろんなことの1つの区切りになった気がします。

卒業式前日に配られた、卒業アルバム。息子は配られた時に学校で少しパラパラと見たらしく、その日、家に帰ってくるなり「チラッと見たけど、なかなか面白いんだよね~」と言いながらページをめくっては笑ったり、これはこういう状況の時の写真だと私に説明したりしながら、何度も見てました。小学校の卒業アルバムの扱いと雲泥の差です。(どんな扱いかは、「こちら」をどうぞ)

そして卒業式が終わった後の、息子の忘れられない発言。「○○中(息子の中学校)は、ほんとに良い学校だった。こんなに良い学校、滅多にないよ。ほんとに不登校から復活して良かった。みんなと一緒に卒業出来て良かった。○○中じゃなかったら不登校から復活できなかったかもしれない。」

不登校だった時期は、息子にとってとても辛い時期でした。けれどもその辛い時期があったから自分は少しずつ強い自分に変わることができた。そのことを実感しているからこそのそういう発言だと思います。苦しく辛い時期さえも”良かった”と言えるほどに息子が成長できたこと。不登校の時期が必要な時間だったと息子自身が前向きに受け取れる子に育ってくれたこと。それが私にとっては一番の喜びです。

ゴン、中学卒業おめでとう。キミは中学という場で大きく成長することができました。その自信を胸にこれからも前を向いて一緒に進んでいこう。父と母は共にいつも見守っていますp(^ ^)q



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 不登校 - ジャンル : 学校・教育

23:34  |  息子の中学時代  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017.03.16 (Thu)

卒業記念のDVD

今日の東京は久しぶりに晴れ。朝から洗濯機が大活躍(/・ω・)/∞ ┣bd━凹━▽┫オセンタク♪ 明日はいよいよ息子の卒業式です。明日も晴れ予報なので、とりあえずホッとしてます。思い起こせば、中学の入学式の日は気持ちの良いほどの快晴でした。式が終わっての帰り道、息子が暑い暑いと連呼するものですから、自販機でジュースを買い、息子はそれを飲みながら歩いて帰りました。入学して早々、買い食いです(笑)まさかその1ヵ月後に不登校になるとは思ってもいませんでしたが(^_^;)

どうして急にそんなことを思い出しているかと言いますと、昨日、息子がDVDを持ち帰りまして。実は息子、もう1人の友達と推薦入試で早々に高校合格を決めたものですから、先生から「卒業記念のDVDの製作を手伝ってくれ」と言われていたようなんですね。ただ、言われてはいたものの、編集作業といったことはできないので、そういう作業が得意な友達と先生がDVDを作ったようで、それを学年全員に配るためにコピーする必要があるため、その作業を手伝ってくれということになったらしく、マスターDVD1枚と空ディスクを数十枚持ち帰ってきました。

ということで、思いがけず卒業記念DVDを一足先に見られることになり、どれどれと見てみたのですが、3年前の入学式の動画なんかも使われていて、懐かしい~!!と思い出したわけです。数ヶ月前にとった普段の学校の様子から、各学年であった行事の写真、動画などが盛り込まれていました。中1から不登校だった息子、ほとんど映っていないのでは?と思っていたのですが、中1の一番最後の行事以降の全ての行事には参加できていたし、主な写真や動画が3年になってからのものがメインだったこともあって、ちょこちょこ映っており、不登校を感じさせない仕上がりになってました~!編集したのが息子の友達だったんで、もしかしたら意識して入れてくれたのかもしれません。(*。>Д<)o゚アリガトウ!

で結局、PCでの作業を得意としない息子は、DVDのコピー作業も出来るはずも無く、時間が無いので主人が夕飯後にひたすらコピー作業を行ったのでした。お友達みたいに画像の編集作業とかできるようになりたい!とか思ってはいるみたいなのですが、PCを開くとついゲームに夢中になってしまう息子なのでした。。。(最近、特にオンラインゲームにはまってます)

今日は朝から歌の練習があるとのことで、いつもの時間に登校して行った息子。DVDもちゃんと持っていきました。明日、あのDVDを見たらみんな喜ぶだろうな。仕上がりのクオリティがとても高かったので。そういえば、卒業アルバムは今日、配られるそうです。こちらはどんなふうに仕上がっているのか?楽しみです。

明日、本当に息子は中学卒業なの?全く実感のない私です。(実質1年半しか通ってないからね^^;; )


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


テーマ : 不登校 - ジャンル : 学校・教育

10:08  |  息子の中学時代  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>