Welcome to my blog

RA・SHI・KU

”中間族”な私の、緘黙症・恐怖症などの体験談・過去の思い出、自己分析を兼ねて自分なりに調べた情報、子宮筋腫の通院の話、中学で不登校を経験した息子の幼少期から現在の近況など。自分らしく生きていくことを目指しています。

Category: 息子の未就学時代

No image

 この一年間で得たもの

前回書いたように、息子の幼稚園生活も無事に修了することが出来ました。振り返れば、入園当初は緊張のあまり動くことも出来ず、場面緘黙症を発症したのではないかと心配だったり、毎日のように幼稚園でお友達に叩かれたと報告されて心配したり、「幼稚園へ行きたくない」と言い出すゴンを前に、私も必死だったりしました。次第にお友達と遊ぶ姿も見られるようになり、徐々にホッとすることができた年少さん時代。年長さんに進級し...

No image

 ゴン、幼稚園を修了しました

幼稚園へ通っていた息子ですが、今月18日、2年間通いつづけた幼稚園を無事、卒園することが出来ました。親も子もいろんな経験をさせてもらった2年間でした。卒園式自体は淡々ととり行われ、なんだかあっという間でしたね。担任の先生から1人ずつ名前を呼ばれ、呼ばれた子は「はい」と返事をしてから壇の前へ移動し、これからの抱負を述べてから修了証書を受け取るのですが、恥ずかしがりやでモジモジ君のゴンは、ちゃんとでき...

No image

 「どうして僕を産んだの?」

またまた少し間があいてしまいました。のんびりマイペースに更新です。さて、ここ数ヶ月にあった息子とのことを書きたいと思います。最近、タイトルのようなことをたびたび質問してくる息子。子供のことなので、どういう真意で質問しているかが読めず、親としてはちょっと困惑していました。初めて「どうして僕を産んだの?」と質問された時には、ドキッとしながらも、「ゴン(息子の名前)と一緒に遊んだりしたいからだよ」と答え...

No image

 息子と私の共通点(感覚過敏)

少し間があいてしまいましたが、息子と私の共通点の続きを書きたいと思います。前回は、「音に敏感」ということで、いろいろ書かせていただいたのですが、先日たまたまテレビを見ていたら自閉症のことをやっていて、”ある言葉”に目が釘付けになってしまいました。その言葉とは・・・「 聴 覚 過 敏 」最近、さほど珍しい症名ではなくなってきた自閉症ですが、私的には直接関わっていないせいか知識としてはほとんど無に近いの...

No image

 息子と私の共通点(音に敏感)

こんにちは。ここのところ、「息子の話」ということで、緘黙傾向のある私の息子のことについて色々と書いてきました。前回の記事でとりあえず息子の話は一段落、ということにしたのですが、息子の行動を見たり、私の両親から話を聞いたりした中で、息子と私の間に幾つか共通点があることに気が付きましたので、こちらで少し書いてみようかなと思います。●音に敏感息子が生後3ヶ月ぐらいのことだったと思います。朝起きて、息子を...