2017_03
21
(Tue)23:34

中学卒業しました

ブログ更新がちょっと遅れてしまいましたね。先週金曜の卒業式、土日祝日と連日家族が家にいたからというのもありますが、卒業式の疲れと貧血の症状がちょうど重なり少し寝込んだり、回復後は久しぶりに家族で出掛けたりしていて、更新が遅れました。

報告が遅れましたが、3月17日(金)、息子は無事に中学校を卒業することができました。式には主人も出席し、夫婦でそれぞれカメラを構え、たくさん写真や動画を撮ってきました。息子は名前を呼ばれるとしっかり返事をして壇上に上がり、堂々と卒業証書を受け取ることができました。驚いたのは、式辞を読んでいる最中に校長が泣き出したこと。その後に式辞を読んだPTA会長も途中で危うく泣き出しそうになり(こちらは寸前で立ち直りましたが)、息子達の学年はここ数年の中でとても良い学年らしいとは噂で聞いてはいたのですが、噂は本当だったんだと感じられた出来事でした。

校長が泣き出すなんて、きっと来賓の皆様もビックリされたことでしょう。保護者の私もびっくりしたぐらいですから。校長(男の先生です)は、息子たちが入学するのと同じタイミングで赴任してこられ、息子達の学年の宿泊行事、校外学習行事などには3年間常に引率していましたから、きっと担任と同じぐらいこの学年に思い入れがあり、そして卒業生一人ひとりの顔と名前を覚えていてくださっていたんだろうなと感じました。

こういっては失礼ですが、式辞とか祝辞って、ダラダラ話が長くて早く終わらないかなと思ったり、カメラを構える保護者にとっては休憩タイムだったりするじゃないですか。(←本当に失礼ですが(^_^;))校長が泣き出すとは思っていなかったので、慌てて途中からカメラで撮影したりしました。校長の式辞の内容も、実際にその時にその場にいなければ分からない卒業生の今までの姿を織り込んだ内容で、ああそんなこともあったねと聞いていた保護者席からクスクスと笑い声が漏れたりするような内容で、校長の式辞を最初から撮影しなかったことをとても後悔させられました。こんなことってあるんですね。PTA会長の式辞も、手元の堅苦しい式辞を読む前に、卒業生に対する個人的な思いを最初に語るなど、一緒に3年間過ごしてきたという思いの伝わるものでした。(PTA会長は卒業生の保護者(父)でもあります)

在校生からの送る言葉も卒業生からの別れの言葉も聞き入ってしまう内容でした。そして在校生、卒業生、全校生徒、それぞれの合唱。式の最後、卒業生が退場する直前には、卒業生が全員立ち上がって担任の先生方の方を向き、「ありがとうございました!!」と大きな声で感謝を述べるというサプライズまであり、最初から最後まで感動の卒業式でした。3学年の先生方、今にも泣き出しそうになっていました。

息子のクラスの最後のホームルームも見ることがでたのですが、担任の先生、男泣きしてました。最初で最後の学級通信だと言って配られたプリントには、担任の本音として「良い学年にあたって手放したくないくらいだ」との一文も書かれていました。3年間、同じ学年の担任を受け持ち、卒業まで見守ることができたのは今回が3度目、これが最後かもとも書かれていました。担任の先生も様々な思いを抱えて卒業生を送り出しているんですね。

個人的に、担任には親子で本当にお世話になりました。中2、中3と息子を見ていただき、中2の時の約1年間は、週平均2~3回は朝、電話をしていました。「吐き気があるようで・・・」「今日は頭痛が・・・」「朝から腹痛があるようで・・・」だんだん回復の兆しが見えてきた頃には「どこが悪いというわけではないようなのですが、なんとなくモヤモヤするらしくて・・・」朝の忙しい時間帯にそんな内容の電話をかけても、担任は「大丈夫ですよ、お母さん!」「ゴンのタイミングで構わないので、来られそうな時だけ送り出してやってください」といつも言って下さって。いつでも息子の気持ちを最優先して対応してくださった担任の先生には、ただただ感謝しかありません。

在校生の花道を通り、見送られながら校舎から校門外へ出た卒業生たち、その後は自然発生的に校門前で記念撮影大会!!Σ【◎】ω ̄*)パシャッ 息子も、担任、副担任、3学年の先生達と一緒に写真を撮ることができました。あとは、いつものメンバーの友達とのショットも。折角だから同級生の子たちとも一緒に撮れたらいいなと思っていたら、どこからともなくやってきた同じクラスの男子集団が「お!ゴン!ゴンと写真撮るぞ~!!」とお願いしていないにも関わらず集まってくれたので、集団で肩を組んだ写真も撮ることができて感動(*ノ∀`*) なんで”感動”かというと、今までは友達と一緒に撮ったとしても大人しく整列して並んだ写真しか撮れなかったので、密かに肩組んで写真っていうのに憧れてたんですよね、私がσ(・ω・*) なんか、”ザ・青春!”って感じじゃないですか~(笑)やっとそういう写真が撮れたか~と感動していたら、その後も息子はとっかえひっかえ別の男子に捕まって、肩を組んだ集合写真を何枚も撮ることができました。え?これ、うちの子ですよね?小学校の卒業時の印象しか無かったので、目の前に起きている状況に親がビックリ。ありがたいことに一部の女子からも「ゴンくん、写真撮ろう~!」と声を掛けてもらい、息子は友達の男子と一緒に女子のスマホに写りこんでいました。(その様子を横からこっそり私も撮っちゃいました)つい1年前までほとんど学校に来られなかった息子と写真を撮りたいという子がこんなにいるなんて!変な先入観や差別することなく息子を受け入れてくれたクラスメイト達に、この学年の子達にとても感動しました。

そしてこの日をもって、ずっと付き合ってきた友達Kくんと同じ学校へ通うのは終わり。高校は別々になってしまうから。幼稚園の年中さんの時からのお付き合いなので、かれこれ11年の長きに渡って親子でお付き合いさせてもらいました。ママ友の少ない私にとっては、気軽に声を掛けておしゃべりできる貴重な相手でもありました。同じ地域に住んではいるものの、まだ手のかかるお子さんを抱えているので、当然ながら今は下の子のママ友との付き合いが濃いみたいで、ここ数年は顔を合わせる機会もほとんど無く、年に数回メールでやりとりするぐらいだったのだけれど、卒業式の前日にはKくんのママから久しぶりにメールが来て「一緒に写真撮ろうね」「今までありがとね」なんてやり取りをして、ああ、これで学校で顔を合わせることもなくなるんだなと寂しくなったりしました。子供同士が友達なので、卒業と同時に縁が切れることはないでしょうけれども、息子の中学卒業がいろんなことの1つの区切りになった気がします。

卒業式前日に配られた、卒業アルバム。息子は配られた時に学校で少しパラパラと見たらしく、その日、家に帰ってくるなり「チラッと見たけど、なかなか面白いんだよね~」と言いながらページをめくっては笑ったり、これはこういう状況の時の写真だと私に説明したりしながら、何度も見てました。小学校の卒業アルバムの扱いと雲泥の差です。(どんな扱いかは、「こちら」をどうぞ)

そして卒業式が終わった後の、息子の忘れられない発言。「○○中(息子の中学校)は、ほんとに良い学校だった。こんなに良い学校、滅多にないよ。ほんとに不登校から復活して良かった。みんなと一緒に卒業出来て良かった。○○中じゃなかったら不登校から復活できなかったかもしれない。」

不登校だった時期は、息子にとってとても辛い時期でした。けれどもその辛い時期があったから自分は少しずつ強い自分に変わることができた。そのことを実感しているからこそのそういう発言だと思います。苦しく辛い時期さえも”良かった”と言えるほどに息子が成長できたこと。不登校の時期が必要な時間だったと息子自身が前向きに受け取れる子に育ってくれたこと。それが私にとっては一番の喜びです。

ゴン、中学卒業おめでとう。キミは中学という場で大きく成長することができました。その自信を胸にこれからも前を向いて一緒に進んでいこう。父と母は共にいつも見守っていますp(^ ^)q



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


2017_03
16
(Thu)10:08

卒業記念のDVD

今日の東京は久しぶりに晴れ。朝から洗濯機が大活躍(/・ω・)/∞ ┣bd━凹━▽┫オセンタク♪ 明日はいよいよ息子の卒業式です。明日も晴れ予報なので、とりあえずホッとしてます。思い起こせば、中学の入学式の日は気持ちの良いほどの快晴でした。式が終わっての帰り道、息子が暑い暑いと連呼するものですから、自販機でジュースを買い、息子はそれを飲みながら歩いて帰りました。入学して早々、買い食いです(笑)まさかその1ヵ月後に不登校になるとは思ってもいませんでしたが(^_^;)

どうして急にそんなことを思い出しているかと言いますと、昨日、息子がDVDを持ち帰りまして。実は息子、もう1人の友達と推薦入試で早々に高校合格を決めたものですから、先生から「卒業記念のDVDの製作を手伝ってくれ」と言われていたようなんですね。ただ、言われてはいたものの、編集作業といったことはできないので、そういう作業が得意な友達と先生がDVDを作ったようで、それを学年全員に配るためにコピーする必要があるため、その作業を手伝ってくれということになったらしく、マスターDVD1枚と空ディスクを数十枚持ち帰ってきました。

ということで、思いがけず卒業記念DVDを一足先に見られることになり、どれどれと見てみたのですが、3年前の入学式の動画なんかも使われていて、懐かしい~!!と思い出したわけです。数ヶ月前にとった普段の学校の様子から、各学年であった行事の写真、動画などが盛り込まれていました。中1から不登校だった息子、ほとんど映っていないのでは?と思っていたのですが、中1の一番最後の行事以降の全ての行事には参加できていたし、主な写真や動画が3年になってからのものがメインだったこともあって、ちょこちょこ映っており、不登校を感じさせない仕上がりになってました~!編集したのが息子の友達だったんで、もしかしたら意識して入れてくれたのかもしれません。(*。>Д<)o゚アリガトウ!

で結局、PCでの作業を得意としない息子は、DVDのコピー作業も出来るはずも無く、時間が無いので主人が夕飯後にひたすらコピー作業を行ったのでした。お友達みたいに画像の編集作業とかできるようになりたい!とか思ってはいるみたいなのですが、PCを開くとついゲームに夢中になってしまう息子なのでした。。。(最近、特にオンラインゲームにはまってます)

今日は朝から歌の練習があるとのことで、いつもの時間に登校して行った息子。DVDもちゃんと持っていきました。明日、あのDVDを見たらみんな喜ぶだろうな。仕上がりのクオリティがとても高かったので。そういえば、卒業アルバムは今日、配られるそうです。こちらはどんなふうに仕上がっているのか?楽しみです。

明日、本当に息子は中学卒業なの?全く実感のない私です。(実質1年半しか通ってないからね^^;; )


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


2017_03
15
(Wed)09:28

卒業を前に、インフルエンザの脅威が!

息子の中学卒業まで残すところ今週のみとなり、最後の1週間、みんな元気に学校生活を送って欲しいと思っていたのですが、なぜか急に流行りだしたインフルエンザA型。しかも、3学年だけ。先週1人、3学年でインフルエンザで休んだ子が出たとは聞いていたのですが、週明けの月曜日、インフルエンザでの欠席者が10人以上いたらしくて、学校から緊急メールが入りました。

ということで、息子の中学校では緊急措置として、月曜は3学年だけ給食後に下校となりました。火曜から木曜日までは、他の学年より1時間遅れで登校、給食後に下校、という特別スケジュールで過ごすという事のようです。ということで、息子は昨日から9時ごろに登校という感じになっています。みんなと過ごせる最後の1週間だったのに、ちょっと寂しい感じではありますが、卒業式に過半数がインフルエンザで欠席となったら、それは一大事ですものね。

学校では昨日も追加で感染者が出たらしいですが、うちの息子は今のところ体調は大丈夫そうです。今朝も元気に登校して行きました。中3になって不登校解消して、ここまで欠席ゼロで頑張ってきたのに、最後の最後でインフルエンザで欠席なんてイヤだな~。ちなみに、昨年度はインフルエンザに感染したまま中2を終えたという悲惨な実績があります。そんなことにならないように祈っているところです。

ところで、昨日は都立高校の招集日でした。息子の進学予定の高校では、合格発表時に渡されていた校内書類の作成したものを提出するだけでしたので、息子だけで行ってもらいました。書類を一式持って登校していましたから、学校から高校へ直行して提出しているはず。方向音痴だから大丈夫かなと思っていたら、15時ごろに汗だくで帰宅。

行きは、中学校の近くのバス停からバスに乗れたので楽チンで完璧だったようです。書類を無事に提出して、帰りもバスの時間が良かったのでバスに乗れたらしい。けれども、乗り継ぎが悪かったのでそこから徒歩で帰宅しようと思ったら道に迷い、うろうろしながら帰ってきたということでした。だから汗だくだったのね(゚_゚i)タラー

なんどか歩いたりバスで通った道なんですけどね。どこかで1本道を間違えて入ったらしく、思っていたのと違う大通りに出たらしい。たまたま先週末に家族3人でうろついていた自転車屋さんのある大通りに出たので、そこからは真っ直ぐ帰宅できたらしいですが、そこから家まで、なぜ迷うかな~。確かに、大通り以外は迷路みたいな道が多いですけどo(-_-;*) ウゥム

息子が、私に負けず劣らずの「方向音痴」だということが証明されました。ちゃんと高校へ通えるかしら?(^_^;)



☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。


2017_03
14
(Tue)14:00

最近歩いてます。自転車が壊れたので(笑)

ちょっと間が空いてしまいましたね。無理せずに更新してまいります。先週末は、久しぶりに家族3人で買い物に出掛けたり、近所の自転車やさんをハシゴしてウロウロしたり、卒業式に向けてスーツを出したりとか準備などをしておりました。

実は我が家では、ここ数ヶ月で自転車の寿命が一気に来てしまいまして。5年ほど前に買った息子の自転車は、後輪のベアリングが壊れ、修理するとなると同じ自転車をもう一台買えるぐらいの金額がかかると言われ、3週間ほど前にやっと買い替えました。高校通学にも使う予定ですから、最優先です。

私の自転車は、かれこれ13年ほど乗っている年季モノ。いろいろ交換しながら大事に乗ってきました。ライト、後輪、鍵、スタンド、前カゴのネジ。騙し騙し乗っていたのですが、1ヶ月ほど前に前輪がパンク。この時は、パンク修理剤で復活。そして2週間ほど前、後輪がパンク。後輪に関しては、1年ほど前からタイヤから繊維?の毛がふわふわ出ていて、明らかに様子がおかしかったのですが、それでも旦那が「まだイケる!!」というので乗っていたんです。こちらもパンク修理剤でなんとかなるかと主人が直そうとしたところ、タイヤに縦に亀裂が入っていてアウト。そもそも、ブレーキも調子が悪かったりしていたので、これ以上直すのは辞めようということでお陀仏となりました。。。

息子が2歳半ぐらいの時に購入したこの自転車。幼稚園の送迎でも大活躍、後ろに息子を乗せてあちこち行きました。未だにその時のチャイルドシートを付けてるし(後ろカゴに変形させてます)、思い出がたくさん詰まってますが、しょうがないですね。
噂のチャイルドシート→OGK 籐風うしろ子供のせ RBC-006N Bグレー

主人の自転車は、時々しか使わないのでホコリまみれで置きっぱなし状態だったのですが、先日主人が私の自転車の様子を見るついでに久しぶりに触ってみたら、タイヤが前後輪とも死んでいたそうです。ハンドルのグリップも溶けてるし。(こちらは購入してから20年ぐらい経ちます Σ(゚Д゚))

一気に買い替える予算と気力がないため、息子の自転車以外は、今のところ買えずにいます。一応、物色してはいますが(ノД`)トホホ・・ でもその代わり、片道20分ほどの距離であれば、さらっと歩いて買い物とか出掛けるようになったので、良い運動にはなっているような気がします。歩くことがだいぶ苦にならなくなりました。とはいえ、自転車が壊れる前から(今年は意識して歩くぞ)と決めていて、ちょこちょこ歩いてはいたのですが。自転車が壊れて尚更歩くようになりました。「もっと運動しろ!」というお告げなんですかね(笑)


☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。



2017_03
11
(Sat)08:44

スクールカウンセラーさんと最後の面談

昨日は、スクールカウンセラーさんと最後の面談をしてきました。初めてお会いしたのが息子が中1の6月頃だったと思います。息子の方は教育センターの心理相談員が担当しており、スクールカウンセラーさんは親の方の担当という感じだったので、私がとてもお世話になりました。結局、最後まで息子とスクールカウンセラーさんが面談することはありませんでした。変な感じですが(^_^;)

最初はいつも通り、近況報告した後、「約3年間、お世話になりました」と挨拶してきました。もうスクールカウンセラーさんのお世話にはなりたくない!と思いながら。このスクールカウンセラーさんは、来年度も異動せずにこの学校へいらっしゃるとのことで、「何かありましたら、連絡していただいて大丈夫ですよ」と仰っていただけて嬉しかったです。息子の担当だった心理相談員の先生にも挨拶したかった旨、スクールカウンセラーさんにチラッと話したところ、「⭕⭕先生は、昨日でこちらの学校の担当が終わりましたよ」と聞き、え~!ととても驚きました。区の教育センターからも異動されるらしく、とても後悔しました。けれど、スクールカウンセラーさんが月に一度参加されている会議?に、その心理相談の先生も参加されているらしいので、「見掛けたらお伝えしておきますよ」と仰って頂けたので、お願いしておきました。

スクールカウンセラーさんと面談のため毎月学校へ足を運んでいた他に、保護者会やら学校行事やら三者面談やら、欠席が多かった時期は、1週間から10日ごとに配布物を取りに学校へ出向いていましたし、おそらく他の保護者さんの数倍は、学校へ足を運んでいたと思います。残すはあと1回。卒業式のみ。


スクールカウンセラーさんとお話ししていて、途中で少しだけウルウルしてしまいました。毎月の面談、面倒だったけれど、振り返れば、私の精神安定の場でもあったように思います。子供の不登校の話を包み隠さず話せる場所があったことは、絶対にプラスだったはず。

息子よりひと足早く、私がこの中学から卒業した気分でした(*´ー`*)





☆ブログランキングに参加しています。 ポチッと応援よろしくお願いします。