FC2ブログ

04月≪ 2019年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2019.03.07 (Thu)

「NNNドキュメント」で吃音を取り上げていました

こんにちは。ちょっとご無沙汰しちゃいました。不器用なものですから、あっちに集中してしまうとこっちが疎かに、こっちをやり始めるとあっちが疎かに・・・みたいな状態になっております。息子もとりあえず順調?に高校生活を送っており、何を記事にしていいものやら。有難いことなんですけどね(^_^;) ということで、今回は、先日観たテレビ番組のことを書いてみようかなと思います。

2019年3月3日(日) 24:55放送NNNドキュメント'19「吃音~100人に1人の伝え方~」

吃音【きつおん】・・・どもり。話し言葉が滑らかに出ない。発話障害のひとつ。(出典:国立障害者リハビリテーションセンター研究所)

吃音は100人に一人が悩んでいるといわれ、精神障害に分類されます。症状によっては精神障害者手帳の取得も可能。吃音の人それぞれに言いにくい言葉があり、別の表現で言い換えることも多い。原因は解明されていない。

名古屋には全国でも珍しい「特定非営利活動法人つばさ吃音相談室」があり、吃音で悩む様々な年代の方が全国から通っているとのこと。ここで受けられる訓練方法は、話すときに腹に力を入れ声を出しやすくする、というもの。相談室代表の方のコメント「吃音の完治は難しいが、”見えないようにすることができる障害”ではないかと思う」

番組には主に、二人の吃音者が登場していました。
1人目は、小学生の一人娘を持つお父さん(番組内では名前が出ていましたが、Aさんとします)。Aさんは、娘さんが夜熱を出した時、救急病院へ電話するもうまく伝わらず電話を切られた経験があるとのこと。「話す際の恐怖や恥ずかしさが生きづらさを助長する」と言います。仕事が変わるたびに新しく覚えなくてはならないが、わからないことがあっても聞くことができなかったため、50社以上の職場を転々とした経緯も。現在は、吃音に理解のある職場にたどり着き、落ち着いたとのこと。(良かったですね!)ゆっくりした口調ではありますが喋れていますので、吃音のことはオープンにしようとは思わないけれども、隠そうとも思わないと今は考えているようです。ご自身の経験から、「吃音は、コミュニケーションをとるうえでの障害だが、練習であるレベルまでは克服可能な障害だと思う」と仰っていました。

2人目は、就活中で、営業職に就きたい東京の大学生(ここではBさんとします)。就職活動を始めるにあたり、障害者枠での採用を考え、障害者手帳をと思い病院へも足を向けたことも。しかし、「吃音は障害じゃない、障害者手帳に頼ってほしくない」という母親の意見に耳を傾けた結果、障害者手帳の取得を断念。”吃音があります”と伝えながらの面接。不採用が続き、就職活動は難航。結局、希望していた営業職はあきらめ、別の職種での採用をいただきますが、他に選択肢があるならとその後も就活を継続中とのことでした。

Bさんにとって、吃音はマイナスでしかないとのこと。「特別扱いをしてほしいわけではない。知ってもらうだけで十分」と。こういった番組により、吃音のことがもっともっと世間に認知されるといいですね。当事者たちの生きづらさが少しでも解消されることを願わずにはいられません。このお二方のケースを少し垣間見ただけでも、辛さ、苦しさが伝わってくるようでした。吃音症状は、外見からはわかりません。吃音は目に見えないため、余計に厄介な側面もあるように感じます。


私自身も、このお二人ほどではないかもしれませんが吃音の経験もありますし、身内でも数名の吃音者もいますので、他人事には思えず、番組を拝見していました。偶然ですが、Bさんと同じく吃音者で、就活していた大学生の甥っ子もいたため、ちょっと気持ちがリンクしてしまいました。やはり、面接で言葉が詰まったり出なくなたりすると不採用にされるらしいです。「採用したいんだけど、その喋り方、どうにかならない?」とストレートに言われたこともあったとか。甥っ子の場合、仕事を選んだところでどうせ落とされるからと、やりたい仕事ではなく、あまり話さなくて済む仕事を選び、早々に採用をいただいていましたが。。。

この番組では扱っていませんでしたが、私の甥っ子は、自分が吃音者で、うまく話せない時に便利だからということで、どこかで知ったらしく、「ヘルプマーク」を利用しているようです。ヘルプマークとは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう作成されたマークのこと。私も甥っ子が利用するまで知らなかったのですが、電車利用時や病院へ行った時などに意識してみると、すぐにヘルプマークをバッグにぶら下げている人を何人か見つけることが出来ました。駅や病院などで無料配布されているからでしょうか。

東京発の「ヘルプマーク」は、平成31年3月1日時点で 京都府・和歌山県・徳島県・青森県・奈良県・神奈川県・滋賀県・大阪府・岐阜県・栃木県・広島県・北海道・秋田県・愛媛県・島根県・兵庫県・鳥取県・静岡県・山梨県・三重県・香川県・長崎県・宮崎県・佐賀県・富山県・長野県・高知県・愛知県・埼玉県・岩手県・山形県・沖縄県・福島県・宮城県・山口県で導入されているようです。もっともっと広まってくれるといいですね。

この番組を見逃した方。再放送がありますよ^^

再放送
3月10日(日)11:00~ BS日テレ
3月10日(日)5:00~/24:00~ CS「日テレNEWS24」


特定非営利活動法人つばさ吃音相談室」のホームページを見ましたら、なにやら本が出版されたばかりとのことなので、ご紹介しておきますね。


吃音: 伝えられないもどかしさ

応援ありがとうございますp(*^-^*)q


スポンサーサイト

テーマ : 思うことをつれづれに - ジャンル : 心と身体

14:32  |  いろんな情報  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.13 (Wed)

9年間学校で一言も話さなかった人

テレビ朝日で放送されている2月11日放送の「激レアさんを連れてきた。」を観ました。この番組は、いろんな激レア体験をした方が出てきて、貴重な体験を話してくれます。私の好きな番組のひとつなのでいつも観ているのですが、先日は「少し意地をはったら引っ込みがつかなくなり、9年間学校で一言も話さなかった人」が出演されていました。体験者は、山下さんという男性。え?緘黙症とは違うの??という視点で最初から観ていました。

以下、私のうろ覚えですが、山下さんの体験はどんな感じだったか書いてみたいと思います。

きっかけは4歳の時の幼稚園への入園。幼稚園へ連れてこられた山下さんは、「知らない人ばっかりだ!!」と思ったとのこと。一人ずつ自己紹介をすることとなり、クラスの中で誕生日が早かった山下さんが、なんとトップバッターに指名されてしまいました。ここで緊張マックスを経験した山下さん。先生に促されるも固まってしまい、「何も言わない」という選択をします。これを機に、家以外では何も言わない時代がスタート。

小学校へ入学するも、変わらず話しません。意思表示は、首を縦や横に振る動作やジェスチャーがメイン。元々の性格は明るく、ひょうきんもの、悪戯もしたりしていたようで、声は出しませんが笑顔が出せていたこともあり、友達はたくさんいたようです。ただ、担任の先生(女性)はなんとか山下さんから言葉を引き出そうと、放課後、「話してくれるまで学校から帰しません」とかやってみたり(早く終わらないかな~と思っていたらしい)、心理学を勉強したことのある担任(女性)からは、山下さんが描いた絵(遠足か何かで楽しそうな様子の絵)を勝手に分析し、「みんな!山下くんの描いた絵はみんなが口を開けているんや!山下くんは本当はみんなと話がしたいんや!」と言ったとか。(本人は、違うんだけどな~と思っていたらしい)

担任の先生発案で、山下さんと先生だけの秘密の交換日記をやっていたこともあったとか。最初は日常の出来事を書いていたらしいんですが、だんだん日記に飽きてきた山下さん。なんと勝手にオリジナル小説を日記に書くようになります。その内容が、変な名前の主人公が、自分が自己紹介をしても笑われない国を探して旅に出るストーリーだったこともあり、「山下くんはこの小説でみんなに何か伝えたいことがあるに違いない」と分析した担任は、この小説が書いてある日記を勝手にコピーし、クラスに配ったらしい(勝手に配られたけれども、本人的には結構嬉しかったとか)。

初めて、クラスのみんなに声を聞かれたのは小5の時。授業参観日に一人ずつ作文を発表することになっていたのだけど、山下さんは声を出す気がないだろうと推測した担任(男性)は、その前日、山下さんにカセットテープを渡します。家で作文を読んで録音してきなさいと。授業参観日当日、山下さんは原稿用紙でカセットデッキを隠すようにして、作文を録音したテープを再生してやり過ごしたようです。カセットテープではあるものの、初めて山下さんの声を聞いたクラスメイトは、歓喜の声をあげて、授業後、山下さんの周りに集まってきたのだとか。しかし、これも学校で話し始めるきっかけにはならなかったようです。そしてなんと、小6の時には彼女までできちゃいます。聞き役専門だったようですが。

学校で喋れないという状態では、地元のちょっと荒れている公立の中学校は無理だろうと考え、私立中学の受験に挑みます。受験では、集団面接?があったのですが、山下さんの後方に知っている子が一人いたため、面接で一言も話さずに不合格となり、公立中学への進学が決定となりました。(知っている子さえいなければ、面接でベラベラ喋っていたと思うと本人談)

こうして、幼稚園入園から小学校卒業までの9年間、一切しゃべらなかった山下さん。ですが、ちょっと荒れてるという噂の中学へ進学するにあたり、「中学は、このままの状態では通用しないだろう」と感じ、ついに!卒業式で名前を呼ばれて「はい」と返事をします!自分の中では、「ゲームセット!!」という感覚だったとか。しかし、9年間学校で声を出していなかったため、声のチューニングが合わず、スカスカの声だったため、誰にも気付いてもらえず。卒業証書をもらう際、校長先生に「本当に一言もしゃべらなかったね」と言われ、「聞こえてなかったのか~」と思ったらしい。

中学入学後は、これまでが嘘のようにベラベラと話したそうです。先生に、「山下は喋るな!」と注意されるほど。山下さんの喋らない時代を知っている子から、「なんで今まで喋らなかったの?」と聞かれた際には、「喋るきっかけが無かった」と説明していたようです。


あるきっかけで話せなくなり、あるきっかけで話せるようになった山下さん。私的には、それって場面緘黙なのでは?とやっぱり感じてしまいます。私の体験した場面緘黙の症状とだいぶ一致しているんですけど。この番組を観た視聴者が、身近にいる緘黙症の子に対して、「あれって、意地を張っているだけらしいよ」と全ての子がそうであるような解釈をしてしまう可能性があるなあ、とちょっと心配になりました。山下さんの最初のきっかけは意地だったかもしれませんが、そのあとの経過は、やっぱり緘黙症のような気がします。

なんと山下さん。自分のこの体験を絵本にして出版しています。


こんな子きらいかな? (3) やましたくんはしゃべらない (こんな子きらいかな? 3)


こちらの著書にも、喋らなかった時代の話が出てくるようです。

ガケ書房の頃

応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 緘黙症 - ジャンル : 心と身体

10:48  |  いろんな情報  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.08 (Fri)

手術から半年が経ちました

そういえば、昨日でちょうど「腹腔鏡下膣式子宮全摘術」の手術から半年となりました。早いですね。半年前は真夏でした。今は真冬ですからね。

術後の経過は、至って順調。傷口は痛くも痒くもありませんし、不安だった排尿障害も気になりません。あ、たまにおへその傷痕だけが引きつったような感覚で気になることはありますが、痛みはありません。なんなんでしょうね。術後の体調で気になると言えば、以前に比べて便秘になりやすくなったぐらいでしょうか。そのうち元通りになるかなと思っていたのですが、未だ戻らず。1か月に1回程度、病院から処方されて残っている「酸化マグネシウム錠」を飲んでいる感じです。お通じ自体は毎日あることはあるのですが、少しずつ腸に蓄積されているのかわかりませんが、お腹が出てきたな~なんか痛いな~って時に酸化マグネシウム錠を飲むと、まとまった量が出てきてびっくりさせられます。これって術後の後遺症?腸の動きが以前に比べて悪くなったってことなんでしょうかね?

それ以外で気になることといえば、昨日の朝、右手人差し指の付け根が、なんか痛いなと思ったら少し赤くなって腫れていて、気付いたらその日の夕方には、指の付け根から第二関節にかけて、内出血になっていたんですよ。ぶつけた記憶は無し。こんなことは初めてでビビってます(゚Д゚;)手術とは関係ないですよね??単純に加齢による現象??普通に手指は動かせているので問題はないんですが、ビジュアルがちょっとグロい。旦那に見せたら、「止めろよ~、まるでオレがDVしたみたいじゃないかよぉ」だって。はぁ?特殊メイクじゃないし。好きでやってるわけじゃないし。

そんな感じの今日この頃です。明日は関東でもがっつりと雪予報ですね。あまり積もりませんように。


応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 婦人病 - ジャンル : 心と身体

09:20  |  私の子宮筋腫のこと  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.02.04 (Mon)

パワーショベルのブルくん

実は私、ここ2週間ほど、急に思い立って家の中を片付けております。家具を動かして埃を取ったり、部屋のレイアウトを変えたり。本棚も片付けていました。久しぶりに本棚の中に絵本を見つけた息子。急にこんなことを言い出しました。

「そういえば、ショベルカーの絵本って無かった?山の中で作業してて、動けなくなるやつ。」

小さい頃から乗り物が大好きだった息子のために、乗り物が出てくる絵本は片っ端から図書館で借りてきたり購入したりして読み聞かせていました。もしかして、この絵本かな?と思い出してネットで検索して見せたところ、「あーそうそう。これ、面白かった記憶があるんだよな~。」だって。その絵本がこちら。山の鉄道線路で働いている、小型のパワーショベルのブルくんのお話。



ある日、ブルくんは台風の影響で線路上に流れ込んだ土砂の作業にあたります。作業が終了し、向きを変えようとしたその時、ブルくんの足元の土が崩れ・・・・ブルくんにとって寒くて辛い、長い冬が訪れます。一体どうなるブルくん!ブル君の転落事故にハラハラドキドキさせられます。ブルくんは、無事でいてくれるでしょうか?

小さなブルくんを主役に、修理のおじさん達の大変な仕事ぶりも伺えます。裏表紙に”パワーショベルのいろいろなうごきかた”の解説図付き。これに限らず、横溝英一さんの手掛ける絵本、好きでしたね~。描写が細かいところが乗り物好きの子も満足させていたに違いない。

そうか、高校生になった今でもふと思い出すぐらい、この絵本が好きだったんだね。なんでもっと早く言ってくれないかな~きっと図書館で借りたんだね。我が家の蔵書には無し!今更ながら、購入するかどうか検討中。私自身、絵本は大好きなんですけど、ここ数年は絵本からずいぶん離れてたな~久しぶりに読んでみようかな~と思った出来事でした。

ちなみに、息子は読書好き。2歳ごろから暇さえあれば図書館へ連れまわしていたからかな。カウンターのお姉さんに顔を覚えられるぐらい行ってましたね。今は図書館へ本を借りに行くのが面倒みたいで、私が借りてくると勝手に読んでますね。しかも私より先に読み終わってネタバレしてくるという。。。それはさておき、読書好きにするかどうかは親が子に与えられる一生の財産だってどこかで聞きましたが、そういった意味では息子にちょっとだけ財産を与えられたかなと思っています。

応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

10:33  |  いろんな情報  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2019.01.30 (Wed)

知らなかった、息子の過呼吸。

我が家では、普段から気になるテレビ番組は録画予約しまくりまして、リアルタイムというよりは断然、録画した番組を後から観ることが多いです。それはCMや興味ない場面をスキップできて、時間を有効に使えるっていうのが一番の大きな理由かなと思います。夜遅い番組や朝早い番組なんかは、録画していた方が時間に振り回されずに済むので断然楽ですしね。

先日録画しておいた「ザ!世界仰天ニュース」を観ました。1月22日放送の回です。緊張した場面になると笑いが止まらない恐怖症、食べるのが遅いことを気にする恐怖症、おならが止まらないことで苦しむ女性などを放送していました。結果から言いますと、笑いが止まらない恐怖は、「失笑恐怖症」、食べるスピードを気にしすぎるのは「会食恐怖症」、おならが止まらない苦しみは「過敏性腸症候群」を発症しているとのことでした。

同じ症状ではないにしろ恐怖症は私も経験ありますので、テレビとはいえ苦しそうな様子を観るのはちょっと辛いものがありました。私も誰かと会食する時は、慣れない場所での食事で緊張してるのか食べるスピードが遅くなる傾向があるので、相手のお皿の上の残りをチェックしながら食べる癖があります。その辺は会食恐怖症の方と同じでしょうか。相手を待たせたら悪いなって思うんですよね。ただ私の場合、相手にもよりますが「もうちょっとゆっくり食べてよ~」とか「食べるの遅いけど気にしないで~」とか言ってしまう人なので、重症化せずに済んでいるんだと思います。

おならが止まらなくて苦しんだ経験はないのですが・・・思い返せば高校生の頃、一時期、授業中とかテスト中の静かな時間帯に限って、減ってもいないのにお腹が鳴って困った時期はありましたね。あれは何だったのかな?便秘や下痢だった記憶はないので、ストレスが原因の過敏性腸症候群だったのかな。番組で紹介されていた方は、過敏性腸症候群に加え、呑気症も合わせて発症していたようです。いずれにしても、ストレスが絡んでいる症状には違いはなさそうです。ストレスは万病のもとですね。

上記の番組を私が観ていた時に、同じ部屋に息子もいたのですが、「あ~!観てるとこっちまで苦しくなってくる」と言い、耳を塞ぎ、目を反らしたりしだしました。感覚過敏持ちで感受性の強い息子、テレビを観ている時に時々やってます。感情が大きく揺さぶられそうな時、耐えられない音や光に遭遇した時など、目と耳をシャットダウンして防御の姿勢ですね。こういう姿、小さいころから変わりません。息子に言わせると、小さい頃は掃除機の音が道路工事現場でアスファルトを壊している時のすぐ脇を通った時のような爆音に聞こえていたらしく、今はその時よりは耐えられるレベルになったと言っていますので、症状としては多少は軽減されているようです(小さい頃は掃除機を使い始めると、隣の部屋へ走って逃げて行ってました。今は逃げません(笑))。

前置きが長くなりました。この番組を見て息子が思い出したことがあったようで、今まで知らなかったことを話し出しました。「そういえば小学校へ行ってた頃、学校にいると息が苦しくなった時があったなあ。今思えば、過呼吸かも。」と。びっくりして詳しく聞いてみました。症状があったのは、小学校入学してすぐぐらいから、小6の半ばぐらいまでで、学校の中にいる間だけ。家では起こらない。どういうタイミングかわからないけれど、急に息が苦しくなり、息を吸わなきゃ、吸わなきゃ、と焦って胸をさすったりしてしばらくすると治ってという感じだったらしい。それが小学校時代の日常でほぼ毎日あった、とのこと。幼稚園の時や不登校だった中学の時には無かったらしい。

症状が無くなったのが小6半ばとのこと。振り返ればそうか、たぶんあの時がきっかけになって徐々に落ち着いたんだねって思い当たる。そう、それはたぶん「ストーカー問題」かなと。詳しく知りたい方は、下記のリンク先をご覧ください。

2013.05.10 昨日の友は、今日の敵・・・

2013.05.13 「体重の減らない不調は、体の不調じゃない」

2013.06.13 元友達のストーカー問題、完結。

上記の出来事を経て、自分の気持ちを相手に伝えることの重要性を身に染みて学んだ息子。自分の気持ちを少しずつ外へ出せるようになっていったと同時に、過呼吸の症状は無くなっていったんじゃないかなと思われます。改めて、この時の経験が息子に与えた影響の大きさを感じたのでした。つらい経験と引き換えに、得たものは大きかったと思います。

息子に執着していたIくんですが、結構早い段階で息子たちに対してやっていたことが学年内に周知され孤立し、小学校の卒業時には友達はいませんでしたし、中学からは別々でしたので現在の状況はわかりません。Iくんもまた、この経験からなにかを得て成長してくれていることを祈るばかりです。

応援ありがとうございますp(*^-^*)q


テーマ : 繊細な子の育児 - ジャンル : 育児

09:58  |  息子の小学時代  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。